~お家と占い行ったり来たり~ あんこの占い*虹架けるLOG

     東京&湘南で活動中の占い師夏瀬杏子のブログ  算命学・易・タロット     

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ Information *・゜゚・*:.。..。.:*・゜

ウラナイ・トナカイ(東京メトロ丸の内線 南阿佐ヶ谷駅から徒歩1分)毎週火曜日
9月26日 11:00~16:30
10月3日11:00~16:30
10月10日(11:00~11:30予約済)11:30~16:30

こはぜ珈琲店での鑑定(下北沢駅 北口から徒歩5分) 毎週金曜日
9月22日(金)12:30~13:30(13:30~14:30予約済)14:30~16:00
9月29日(金)12:30~16:00

カフェ鑑定(ご希望の前日までにご連絡ください)
9月30日(土)14:30~18:00 南阿佐ヶ谷駅または新宿駅近辺

スカイプ鑑定(ご希望の前日までご都合のいい日時をお知らせください
9月29日(金)①9:30~ ②22:00~


「十二支同士の関係」講座
2017年9月30日(土)11:00~13:00 トナカイノニカイ(残席3 9/16)
http://annco.blog.jp/archives/1067578794.html

算命学 十二大従星講座(全2日)
2017年10月12日(木) 10月19日(木)両日とも10:30~13:30 新宿
http://annco.blog.jp/archives/1067730285.html (残席4 9/16)

カテゴリ: 開運よもやま話

火曜日はウラナイ・トナカイでした。
お越しくださった皆様ありがとうございました~(。・ω・)ノ゙ 

この日に思ったことなのですが。
仕事というのは自分の持っている何かを提供して、その代わりに対価を受け取るもの。
提供する商品は人それぞれですが、目に見えやすいものと見えにくいものがあります。取扱商品が目に見えないものって値段がつけにくい。
占いはその一種。鑑定メニューを最初決める時は悩む!イベントの時も迷う!まあ需要と供給の問題であることは間違いないのだけどそのバランスのアタリをつけるのが難しい。
私は天秤座力が無駄にあるのでそこそこ美味しいバランスを狙ってしまうのが迷いの一因でしょう。

傍から見て素晴らしい知識や能力を持っている人が、他の人から「それを教えてほしい」といわれても「こんなことは大したものではないから」と断ったり、こんなものでいいのかと葛藤があったりすることがあります。ニッチでマニアックな分野なら特に提供するのに躊躇します。
   image
私はヤフオクをかなり利用します。主に出品。売るものは自転車やチャイルドシートなど大物もやりましたが子供服がほとんどです(以前輸入子供服を相当買い漁っていたため・恥)
開始価格は着用回数や汚れなどで決めますが、基本在庫処分なのでかなりお安めです。売れればいいんです。
それでも「これは可愛い、オススメ。絶対高くなる!」という服があったりすると期待して入札状況を見ているんですけど意外と不発で「あれ・・・?おかしい。なんでこんな安いの」ということがあれば、全くノーマークだったものが高値高騰することがあります。あまり自分の想定から離れると怖くなり「そんな本物は凄くないからもう値上がらないでくれ~~」と祈るような時も。
予想は全然当たらないですね。
ホント自分の考える価値って当てにならないし、みんなの物差しは色々なんだな~~~と激しくわかります。

自分が欲しいというものが他の人は欲しくない。
人が欲しいものでも自分は欲しくない。
こう書くとアッタリマエですね(笑) リユースで循環型社会だ。

人から「欲しい」「教えて」と言われたら気軽に応えるといいよ、って思います。ニッチでマニアックだからこそ欲しかった人は喜びますよ。もちろん対価はもらってね。その方がもらう側からすると助かるね。

占いも一緒ですね。どこかのだれか、私が必要な人がいればそこにまわりますように。

2017年1月31日(火)ウラナイ・トナカイに座っています
   image
11:00~14:00 14:00~15:30 15:30~16:30 初めと終わりが空いています。お気軽にどうぞ。
17:00からは芳華美々子先生です

予約・お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!→★ 
またはnatsuse33@@gmail.com(一つ@を抜いて)にお願いします

当日の予約はお店に直接お電話ください 03-3220-9477

鑑定メニューは
◎手相orタロットカード 10分1000円
◎易 5分1件500円 
◎総合鑑定(算命学を中心に手相、タロットも必要に応じて) 30分4000円 60分6000円 10分延長につき+1000円
◎イメージ画(質問ありでもなしでもOK!あなたから視えた絵を描きます) 15分~20分で1500円
(予約があれば10分程度)

○●○●○●○●○ ○●○●○●○●○ ○●○●○●○●○
翡翠先生がこの前私が書いた記事(振り返ってわかること)をブログで取り上げてくださいました。

翡翠輝子の招福日記 「オルタナティブな不運」 

そのなかで「いつもにこにこして、円満そのもののような杏子さんですが、お仕事で大変なこともあったそうです」という一文があってニンマリしてしまいました。
いや~~~円満そうに見えるって素晴らしい!と思って(いやお世辞だとはわかっているんですけどね・・・)

お金は寂しがり屋でお金持ちの所に集まるとよく聞きますが、同様に幸運のような類も寂しがり屋で幸運そうな人の所に集まりたがっている気がどうしてもする私。フリだけでも幸せそう、楽しそうというふうにするのは効果があるのでは?いやあると思う!フリよフリ!

・・・単純に「サービス精神」みたいな話かもしれませんけど。毎日本職で多くの人と接していると「こっちのことはどうでもいいと見なしているんだな」みたいな対応をされることもよくあります。思わずこっちもムッと・・・するほどじゃないけど気持ちよくはないですね。
ほんのちょっとのサービス精神があると違うのに・・・とよく思います。
(意外と20代~40過ぎくらいの若い女性も多くて、ものすごく仏頂面だったり、ひどいとこちら説明しているのにスマホいじっていたりイヤホンで何か聞いている。気持ちがわからないわけではないけど・・・)

反対に簡単な言葉でも交わして普通に気持ちよく接してくれる人はそれだけでこちらもほっとします。
こういうのが積み重なると、受け取る何か、って全然違ってくるのじゃなかろうか。

こんなこと書いといて、わたしもたまに「あ~~もうこの地球を破滅させて宇宙に帰ってやるう~」みたいになるからもちっと円満そうなフリを頑張らねばと思う。

今日は水瓶座の新月。旧正月ですね。いつでも何かは終わり何かは始まる。
   image
私が占いを勉強し始めたのは44才か。その前の年に神奈川に引っ越してきて、正社員で就職して1年ちょっと経った頃でした。従業員は私を含めて3人の新しい小さな店。
 
そのうちの1人、Aさんは1つ歳上の日干己の司禄星中心の人でしたが、初めて一緒に働いた日に
「〇〇さん(私のこと)変わってるよね~~!!」と言いました。
これを言うとみんなビックリするのですが、それまで変わってると言われたことなんてなかったんです。「えっ、なんでそんなこと言うの?」って感じでした。
(それまでも当然変じゃなかった訳でなく、周りの人たちが気を遣ってくれてたんだと思われる・・・汗)

Aさんは手先が器用で細かい気配りもできる有能な人でしたが、ひどくエキセントリックな部分がありました。自分の中で認められる範囲が(私から見ると)狭く、それ以外のことはけちょんけちょんに罵るのです。
私も何度か「どうしてそこまで言えるのか」という風に罵られました。後で涙がぽろぽろ出るくらい腹が立ったのですが言い返したことはありません。勿論最低限の釈明はしますが私が敵うわけないからです。また倍になって返ってくることは目に見えていましたし。
あとAさんはすごく勘が良くて怖かった。盗聴機をしかけてあるんじゃ?と思うくらい。接するのが恐ろしかった。

それでもそこそこうまく働いていましたが、秋ごろになるとAさんがあることないこと騒ぎ立て引っ掻き回し、困って占いに入り込み見てもらいました。そして自分でもちまちま勉強するようになりました。

結局、職場環境はどんどん悪くなり相当悩んだけど辞めることにしました。私が店の責任者だったのにこんな理由で最初に辞めるなんて・・・と思ったけど自分に負けた。最後の方は食べ物が飲み込んでも文字通り喉を通らなくなってしまった。仕組みは全くわからないけど喉につかえて胃に落ちないので戻してしまいました。
そして44才の2月に辞めました。p月が11ハウスに入った頃でした。

そのあとはしばらく仕事をしないで占いを勉強し始めました。

当時は辞めてしまった自分を責めまくっていて、占ってもらった先生方がみな「それは責める必要はあまりないのでは?」と言ってくれても全然耳に入りませんでした。
でも4年たった今になるとそんな気に病むことじゃなかったってつくづく思う。無駄な後悔。

そして今となると、あんなに大嫌いだったAさんが意外と立役者だった気がしてしょうがない。あの初日に「変だ」と言われたことは間違いなく私の意識を変えました。そして結果的に私を占いの世界に突き落としてくれました。
人生を変える人というのは意外と嫌な姿をして目の前にしれっと現れるものかもしれません。

私が占い師に向いているかどうかは今のところわからないというのが本音ですが、低空飛行ながらなんとか続けていられるのはまあ多少やっていてもいいのだろうと思う。その点だけは(←ここ強調!)この世界に突っ込んでくれたAさんに感謝しています。

人生のカーブは運転している間はわからないもの。通りすぎてしばらく経った頃に振り返ってみて、「あれが曲がり角だっのか!」とか「あそこであの人と知り合ったことが大きかった」と気づくものでしょう。
反対にどんな大きい出来事もあとになれば大したことなかった!なんてこともある。
「今、転換期だから」とか「今流れに乗ってる」みたいに言う時はただの自己満足に浸りたい時かも(笑)ふふふ

吉凶は何事も過ぎてみないとわからない。

昔読んだ「エースをねらえ」でも「試合を決める一球がどれかはそのときはわからない」というようなことを宗方コーチが言っていた記憶があるし(例えがある年代以上じゃないとわからないものですみません・・・)

重要人物や重要な出来事は一見不幸の被り物をして現れる可能性があるので注意であります。 

2016年11月29日(火)ウラナイ・トナカイに座っています
  image
11:00~16;30 今の所ご予約はありませんので気軽にメールでも当日お電話でもお待ちしております。
イメージ画モニター価格800円は年内まで☆
17:00からは
芳華美々子先生です

予約・お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!→★ 
またはnatsuse33@@gmail.com(一つ@を抜いて)にお願いします

当日の予約はお店に直接お電話ください 03-3220-9477

鑑定メニューは
◎手相orタロットカード 10分1000円
◎総合鑑定(算命学を中心に手相、タロットも必要に応じて) 30分4000円 60分6000円 10分延長につき+1000円
◎イメージ画(質問ありでもなしでもOK!あなたから視えた絵を描きます) 15分~20分でモニター価格800円
(予約があれば10分程度)

□■□■□■□■□  □■□■□■□■□  □■□■□■□■□
まずはお知らせ~~
  • 年運鑑定やってます(要予約)算命学とイメージ画であなたの2017年を見る!⇒
  • 12月17日の「陽占の読み方講座」は残1席!あと一人お待ちしてま~す♪⇒
  • 12月30日「トナカイ歳末占い市」はHP上に大分ご参加の先生方のメニューが揃ってまいりました。私のメニューはコチラ⇒当日直接でも構いませんが予約も受け付けています。
日々の仕事で色々な人と接していると色々な困ったちゃんがいるものでございます。たまにトラブルの火消しに追われてエネルギーを持っていかれてぐったりします。
向こうは何とも思ってないので元気そのもの。

そんなこんな思うところが多々あるのですけが、私が一番嫌だと思うのは
「少しでも多く得をしたい」というタイプ、です。

具体例を挙げられないのが残念なんだけど、言い換えると「1ミリでも損をしたくない」のです。
ちょっとでも待たされると文句をつけたり、自分の想定通りにならないと本当に細かいことをネチネチと難癖をつけて来たりします。それで時間を食われてしまう。他の人の時間は浸食しても気にしないらしい。
損得が先に立って本来の目的は置いてけぼりだったりします。

上にあげた例はちょっとひどい例なんですけど、やっぱりこういう傾向の人っていますねえ・・・

判断基準が「得するか、損するか」 または「どちらがより得するか」。
もちろんこれは大事な視線なんだけど、これが強すぎるとつまらない人になる。

例えば「何かチャレンジしてみようかしら」というとき「費用が高いor安い」で決める、または「元が取れるor取れないか」で決める。
まあそれくらいなら個人の自由ですが、付き合う人も「この人は役に立つかどうか」みたいな基準で決めていたらもうーーームリ。つまらん。

そんなことを考えるのは私が洩気過多の人だからですかね。
「楽しい」「やってみたい」「この人と話してみたい」というのが一番じゃない?って思うのは。
一番最後まで残るものは実は目に見えないものかもしれません、よね?
 

今日はウラナイトナカイでした。
お会いできた皆さまありがとうございました! 
   image
私はあともう少しで引っ越しするとか、派遣で行った職場があともう少しで終わる、って言う時間があまり好きじゃないです。そこの方が別れを惜しんでくれたりするたり、「派遣やめてここにいればいいのに」と言ってくださるとなんだかもうすぐ死ぬような気分がして落ち着かない(笑)
いや、小さく死ぬのだ、そこでは。間違いなく。

それはリミットがわかっているから嫌でも意識をするのだけど、本当は人生が終わるリミットも意識をしていないだけで、今わからないだけで、もう先には横たわっているのであって。

私が今仮定として平均寿命まで生きるとしても、今と同じパフォーマンスができる日を延べ日数にしてみたらきっと意外と短いのだろうと思います。
体力があるときは時間と切迫感が無かったりするし、時間があるときはお金と体力がなかったりする。

この先いつまであるかわからない時間。
買ってまでした方がいい苦労ならいいが、自分をすり減らすだけの苦労をして消費するのか。
「まだ本気を出していないだけ」「まだ自信がないから」「嫌われたくないから」・・・etc と言い訳して消費するのか。

それはまあ、個人の自由ですね。


↑このページのトップヘ