~お家と占い行ったり来たり~ あんこの占い*虹架けるLOG

     東京&湘南で活動中の占い師夏瀬杏子のブログ  算命学・易・タロット     

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ Information *・゜゚・*:.。..。.:*・゜

ウラナイ・トナカイ(東京メトロ丸の内線 南阿佐ヶ谷駅から徒歩1分)毎週火曜日
11月21日11:00~12:00(12:00~13:00予約済)13:00~16:30
11月28日(11:00~12:30予約済)12:30~16:30
12月5日11:00~16:30

こはぜ珈琲店での鑑定(下北沢駅 北口から徒歩5分) 毎週金曜日
11月17日(金)11:30~15:00(都合により1h繰り上げます)
11月24日(金)12:30~16:00

カフェ鑑定(ご希望の前日までにご連絡ください)
11月22日(水)17:30~19:30 大船駅近辺

スカイプ鑑定(ご希望の前日までにご連絡ください)毎週金曜日&日曜日
11月19日(日)①22:00~
11月24日(金)①9:30~ ②22:00~

2DAYS算命学基礎講座
12月7日(木)8日(金)東京駅そば 11:00~16:00
http://annco.blog.jp/archives/1068587238.html (満席・ありがとうございます)

陽占の読み方講座
12月14日(木)トナカイノニカイ 11:00~13:00
http://annco.blog.jp/archives/1068616247.html(残席5 11/15)

カテゴリ: 開運よもやま話

久しぶりに母が家に遊びに来ました。以前は娘の保育園や学校を休ませたいけどどうしても仕事が休めないときに頼んで来てもらったりしましたがここ数年は全くなかったので。
送り迎えやら出かけるやらでバタバタ過ごしました。

遠くは行きたくないというので近場でちょっくらお出かけ。由比ガ浜の鎌倉文学館のバラ園に行ってきました。7割咲いていて見ごろ。よかったです。
   image
母はメチャクチャうちで働いていきました。もう全部お任せ(笑)私は家を何されても気にならん。
何か人の世話をしていないとダメな人なのに、ネコもおじさんも死んでしまいやっぱりがっくりしたようで連れ出して本当によかったです。
そして普段寂しい分しゃべるしゃべる。母と居ると私って本当はかなり無口な部類じゃないかという気がしてきます。「ネコもおじさんも死んで次は私の番だねえ」と母がいうので「順番抜かして私が先死んでもいいけど困るでしょ。順番守ってよね」と私が返すのがすごく中殺的かもしれぬ。

今回、禄存星中殺の母の発言で一番のヒットがこちら。

お金を持っている人は「お金なんて全然無い」という。
お金が本当にない人は一見いい格好をしている。

「本当にお金がなくて貧乏だったときは近所の人にみじめだと思われないように、舐められないように、なるべくいい格好で外に出るようにしていた。今は年を取ったときのために貯めたお金が少しあるけど詐欺やねたみを避けるためになるべく無いと言って地味にしている」

は~、なるほど。
金に苦労してきた人の言葉は面白いね。確かにお金持ちって意外と質素じゃないですか?

これはお金以外でも他に適応がありそうな気がします。実力も人望もある人は「実るほど頭が下がる稲穂かな」で、そうでない人に限ってやることだけオーバーだったりする、ってありますよね。

昨日はウラナイ・トナカイでした。
お会いできたみなさまありがとうございました !

まずは宣伝♪
平日昼間の「算命学基礎講座(全4回)」。初回が4月27日(木)ですが、いまのところお申し込みがお一人。このままだと個人レッスンになります(開講は決めているので、この場合はトナカイ以外の場所で行うつもりです)
個人レッスンももちろんいいのですが、2人~3人くらいいると他の方の質問や実感を聞くことができる利点があります。プラスみっちり個人レッスンなみの濃厚さで学べます。もちろん難しいと思ったところは少人数なので即質問→解決!
ぎりぎりまでお待ちしますのでご興味がある方はぜひご検討をお願いします。
最初は多少覚える必要のある部分もあり面倒~('A`) と思うこともあるかと思いますが、基礎の部分がわかると算命学の楽しみがぐんと広がりますよ。4回の予定ですが参加できない回は、火曜日のトナカイや土日の都内などでのカフェ鑑定で補講が可能ですのでお気軽にどうぞ~~
お申し込み、お問い合わせはコチラ→
   image
私が毎回楽しみにしているブログの一つがアミターユス先生のブログなのです。
「ズバッ☆と答えだしましょう タロット占い師アミターユスのブログ」
 
調舒星中心のアミターユス先生。私の持論は「調舒星を持つ人は文がてんこ盛り☆になりがち」なのですが、アミターユス先生先生の文はわりとシンプル。
なのにタイトル通り「ズバッと」来て、たまに心にずしんと来るんですよね~

最近やられたのはこちら「人生がうまくいかない理由」
よくある話なのかもしれないけど、すごくよくわかるのです。
ああ、わたしは結構こういうことをしているんだろうな、と思いました。

つい最近金星逆行が終わりましたが今思うとかなり影響を受けていろいろ思い出したり考えたりしましたが、この記事の最後のお金に関する話を読んで、ああ、私も似たようなことをしていると何度も読み返してしまった・・・

私が中学生のときに突然家が破産しました(これもうわさのラーフ期ですね・笑)
食べ物に困ったり、電気が使えないとかになるの?と思いましたが意外と生活はそんなことは全然なくご飯も食べられたし高校も行ってたし「意外と普通なんだな・・・」と思っていました(かなり後になって知りましたが、禄存の母が倒産前になんとか銀行さんの目をあざむいて多少のお金はキープしておいたらしい・・・)

ただ、ものすごい金額の借金を抱えていたのは間違いなく、高校生のとき「ウチの借金ていくらなの?」ときくと当時の私には天文学的な金額に思えました(もちろん実際はそんな訳ない)。家は金銭的にも精神的にもギリギリだったはず。

高校とか大学のころの記憶が私はあまりないのですが、母が「あんたは大学のころお金が足りなくて色々工夫していたよ」とか話すのを聞いて思い出しましたが
「なんでこんなお金がなくて苦労しなきゃならないんだ。お金のある人が妬ましい」
と若い私はよく思ってたわ・・・世はバブルだったし・・・


ああ、これは私もお金持ちにならないわ、とアミターユス先生のブログを読んで即思いました(笑)なにしろ「お金持ちが妬ましい」と思っていたんだもの。若い時のは強烈。
そして同じく「お金に困ったらどうしよう」という不安が心にある。
今はご飯が食べられなかったらとか、お金で喧嘩するとか、そういう現実はありがたいことにないのですけどねえ。貧乏性が治らないんだけど!と妹とよく話します。

(もちろんこの「お金は人生にとって大事」という根底が私を支えているという部分もかなりあります。フワフワしがちな私の重りになっているはず。)


私の心の「神の位置」は意外といろいろ拒否しているんだろうな~

と気付かせてくれてありがとう!とアミターユス先生へのお礼を持って今日は終わらせていただきます。 

2017年3月21日(火)ウラナイ・トナカイに座っています
   image
11:00~16:30 予約は無いのでのんびりやっています。お気軽にどうぞ♪
 17:00からは芳華美々子先生です

予約・お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!→★ 
またはnatsuse33@@gmail.com(一つ@を抜いて)にお願いします

当日の予約はお店に直接お電話ください 03-3220-9477

鑑定メニューは
◎手相orタロットカード 10分1000円
◎易 1件7~8分 1000円
◎総合鑑定(算命学を中心に手相、タロット、易も必要に応じて) 30分4000円 60分6000円 10分延長につき+1000円
◎イメージ画(質問ありでもなしでもOK!あなたから視えた絵を描きます) 15分~20分で1500円
(予約があれば10分程度)

。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.

昨日まるごと食洞@吉祥寺にお越しくださった皆様どうもありがとうございました!
安定のmaru先生のカレーのおいしさよ!タロットの「世界」ですね。
マトンのカレー(ローガンジョシュ・・・老眼女子と脳内変換すると一発で覚えられるよ!)も全然癖がなく大変おいしゅうございました(岸朝子風に)
易も沢山の皆さまに体験していただきました。ありがとうございました。
   image

易の本は何冊か持っていてあれこれ読むのですが、最初に翡翠先生に勧められたこの本が面白くというかわかりやすく、一番よく手に取ります。
すぐに役立つ銭流『易経』 [ 銭天牛 ]
   image
それぞれの卦に対する解釈は人それぞれでしょうが、例が具体的で(大分前の本なのでちょっと古いですが)頭に入りやすい。
その中にこういうくだりがあります。

「凶事はたいていのっぴきならない状態の末にあるものです。前もって知ってもどうしようもないことが多い。いかなテレパシーも知るだけで事態の様相を変えることはできない。」 
「知っていたって、どうにもならないことは、占いだけではなくて、人生にはいくらでもある」


もう、本当にそうーーー!!ってここは読んで毎回感動する(笑)
易やタロットのような卜術は自分の希望などはまったく加味されない結果がでます。
自分の努力や行動で自分にとっての凶事を回避できる分野もあるけれど、もうただ指をくわえて眺めているしかできない分野もある(他人がからんでいたりとか)。
「なんとなくいいことあるかな~」みたいな甘い覚悟で占うと不満が残る。

(ちょっと話は変わるかもしれないけど基本的には私は自分や子供の試験の合否は絶対占わない。いい結果が出ても結局信用できないし、悪い結果が出ても「万が一ということが・・・」みたいに諦めきれない。全く意味がない。私にとっては知ってどうにもならないことの代表の一つ。)

知る覚悟。知ったときに行動する覚悟。ちゃんとお持ちですか?

もう6年近く前になりますが、こちらに引っ越してきたときに派遣で働くことを決心しました。
それまで住んでいたところではパートだったのですが、毎日日替わりのように場所を変えて働いていた。昔の知り合いに頼まれて掛け持ちで働いたこともある。どこにいっても結局一か所に居ないで複数の場所で働くことになるんだから、それなら派遣でいいだろう、って思ったのです。

そして引越して少ししてから某所で派遣で働き始めましたが、すぐに後悔しました。
なぜならその職場があまりにも派遣の人をよそ者扱いするからでした。今思っても確かにちょっとそれは?と思うことが多い職場でしたが(派遣の人とあまりしゃべっちゃダメという決まりがあったらしい・・・)今の私だったら全然問題なく働ける。ただその頃は引っ越したばかりで土地にも慣れず知っている人もどこにもいない状況だったので辛かったのです。 

やっぱりよそ者はいやだ! と最初の3か月の契約を延長しないでそこを辞め、ちょうど新しい店の正社員を探していたのでそこに入ることにしました。
それなのに、それなのに・・・Awayはいやだと言って自分がHomeに居られる正社員になったのに、結局ダメで1年半持たずに退職することに。私はバカか。
どうしていつもその中に入ってしまうとうまくいかないんだろう?

しばらく仕事はしないで占いの勉強をしていましたが、次に仕事をするときは今度こそ派遣で!そして派遣先は基本的に運任せ!と決めてから復帰しました。
「こちらはAwayだ」が合言葉。なるべくその職場の人とも仕事でも一定の距離をとる(もちろん関係が悪いわけではないよ)。Homeには遠慮が大事。
でもどうもその方がうまく回る気がしますのよ、はい。
多分この世はよそ者でいる方が自然なのだ。
  image
という話を先日のミズマチ先生のブログを見て思い出しました 
「規格外の人々」

「ずっと異邦人であること」という一文を読んで上のエピソードをがっと思い出しました。
海外に移住するというのはわかりやすい方法ですが、私は生まれた国に住んでいるけど異邦人であることを選択したのだと思います。
Homeの人かAwayの人かは自分の好みでは決められない。「あ~向こうがいいな」と思っても反対側に行くことはやはり難しい。Homeの人はHomeの人でしがらみなどもあって大変だろうけどAwayにはなりきれないでしょうし、Awayの人もしかり。
ただ世間体とか普通という縛りがあるとAwayの人が無理してHomeに住み続けているケースは多いんだろうなあと推測します・・・

Away側の人は、いかに自分が異邦人でありつづけられる環境を作るかが力を抜いて生きられるコツだと思います。
まずはあきらめることから始まるかしら・・・

2017年3月14日(火)ウラナイ・トナカイに座っています
   image
11:00~13:30 13:00~16:30 まだまだ空いておりますのでご連絡ください!
17:00からは芳華美々子先生です

予約・お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!→★ 
またはnatsuse33@@gmail.com(一つ@を抜いて)にお願いします

当日の予約はお店に直接お電話ください 03-3220-9477

鑑定メニューは
◎手相orタロットカード 10分1000円
◎易 5分1件500円 
◎総合鑑定(算命学を中心に手相、タロット、易も必要に応じて) 30分4000円 60分6000円 10分延長につき+1000円
◎イメージ画(質問ありでもなしでもOK!あなたから視えた絵を描きます) 15分~20分で1500円
(予約があれば10分程度)

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

まずは伝達事項。
今週末19日(日)はmaru先生のまるごと食洞@吉祥寺に出演します。易!易!易!で攻めるよ!
トナカイでも易をやっていますが皆さん「おもしろ~~い」と言って帰られます。普段はサイコロで易をしていますが、2つのサイコロの数の組み合わせで自分のこと、相手のこと、なりゆきまでわかります。maru先生のカレーの安定のおいしさを味わった後に一回お試しあれ

もちろん予約も受付中!夜の部のすず先生は満員御礼両国国技館状態ですが、わたしの予約状況はゆったり懐の広さを見せております。15分質問詰め込み放題がオトク!
ご予約はこちらをごらんになってからどうぞ→

*** ***
仕事を辞めたらどうなるのかと思っていましたが、おかげさまで毎日バタバタ過ごしています。
辞めた直後はちょっとアレコレ思うこともありました(あーー・・・なんというか全中殺っぽいことやっちゃうんだなオイ!みたいな一人ツッコミを多少・・・)。
が、翡翠先生がメールで「杏子さんも大きな流れの一環として、今回の選択をしたのでしょう」という一文を下さり、すごくすっきりしました

色々思い返すいい機会ではありました。

過去につらい体験をすると、それが傷になって動くことに臆病になったり、逃げ出したくなったりと現実に影響が出る時があります。一回ついた年を重ねると浅くはなるけどなくなりはしない。あんなことがなかったらよかったのに、と思う。
でも意外とその傷に頼って生きていることがあるのではないかと思う。誰に見せるわけでもないけど、心の中で「これがあるから!」と免罪符のように使っていることがあると思う。
嫌いなものを捨てたい、といいつつ言い訳に使っている矛盾がある。

起きてしまったことは起きてしまったことでただそれだけ。
「桜の木の下には死体が埋まっている」という文を思い出します。起きたことはもう養分になってしまったのだからわざわざ死体を掘り返さなくてもいいんじゃないかな。

もういろいろいいかな、と思った今日この頃です。

↑このページのトップヘ