~お家と占い行ったり来たり~ あんこの占い*虹架けるLOG

     東京&湘南で活動中の占い師夏瀬杏子のブログ  算命学・易・タロット     

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ Information *・゜゚・*:.。..。.:*・゜

ご訪問ありがとうございます

ブログ移転しました

ホームページ「あんこの虹色LOG」のうほうへどうぞ!!
https://natsuseannco.com/

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

カテゴリ: 開運よもやま話

こんばんは、あんこです。

今日のこはぜ珈琲店さまでの鑑定は無事終了しました。お会いできた皆さまありがとうございました。
こはぜ珈琲店さまでの鑑定はふらっと立ち寄ってくる人が結構多いんです。まあカフェだからね~~!だから安心してふらっと来てくださって全然OK!ですよ。
お店の中を探して声をかけてくださって構いません。春や秋の気候のいいときは外席にいたりしますが今はまだ中にいることが多いです。お店の内部との仕切り壁沿いのテーブルになるべくいるようにしてます。
   Fotor_151999072211857
そしてしつこく宣伝中!3月4日は今週の日曜になりました。
「まだ間に合う!山羊座土星期間で失敗しない為の安全必勝法!」
レクチャーは残席4、セッションは残3枠(16時以降空き)です。
お申し込みはビット先生へ petebeat0826@@gmail.com(@一つはずして)まで

今回イメージ画のお申し込みも結構いただいてて有難い限りです。
前日に闇鍋方式(笑)でまとめてやる予定です。何人も見るときはこういう風にした方がどうもやりやすいし精度が高い気がするのです。

たまにリーディングの練習で、質問を幾つか立てて同じように闇鍋方式で見ます(この前のお店日記→はこれで見た)。
その時「今の自分は」みたいな質問で出た絵がこちら。裏紙だし自分がわかればいいという殴り書きなのでわかりにくいですが・・・
   Fotor_151999280136314
2つ荷物が置いてある絵です。「昔手放したものがもどってきてしまった どうしようかしら」と書いてます。
私は昔からどうしようもないことを脳内でグルグル考えちゃう傾向があります。グルグルにはまると抜け出しにくいのですが、はっと気づくことができたら「マズイマズイ・・・」とその問題を脳内の網棚に置くようにします(笑) 
絵から思うと、どうも気づかないうちに余計な荷物を脳内に降ろしてグルグルしてたようです。

算命で言えば精神の星(鳳閣星調舒星龍高星玉堂星)を多く持つ人、あと司禄星禄存星もありかな)の強い人なんかは同じように脳内グルグル傾向仲間じゃないかなとにらんでます。
今考えてもどうしようもないことをエンエンと考えてしまう人、です。

いいですか、悩んだり心配しても今結論が出ないことや、自分の力ではどうにもならないことは、とりあえず網棚に上げるのです!そして用もないのに降ろしちゃダメですよ!

と自分に言い聞かせました。
大昔、自分の結婚式が無事に済むのか非常に心配してストレス満載で肌が吹き出物だらけだった(私の育った家庭が荒れており不安でいっぱいだった)のですが無事に終わった。その時「どうしようもない心配はムダだ!」と甚く思ったのに・・・。多分これ一生私やってる。
(ちなみに結婚式こそ荒れなかったものの、終わった後父に色々暴言を吐かれブチ切れた)

脳内グルグル仲間の皆さんも、ぜひご注意を。余計なものはひとまず上へ。

2月27日(火)ウラナイ・トナカイに座っています
   Fotor_151961770150284
11:00~16:30 今の所ご予約は入っておりません。
写真は沈丁花。春ももうすぐですね。目に見えなくても新しいことは色々始まっているのかもしれません。気になることがありましたら相談にお越しくださいね。

夜の部はヨシノ・エリカ先生がいらっしゃいます。3月いっぱいでご卒業のエリカ先生。阿佐ヶ谷が便利な方は今のうちにトナカイへどうぞ。

予約・お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!→★ 
またはnatsuse33@@gmail.com(一つ@を抜いて)にお願いします

当日の予約はお店に直接お電話ください 03-3220-9477

鑑定メニュー
◎総合鑑定(算命学を中心に手相、タロット、易も必要に応じて) 30分4000円 60分6000円 10分延長につき+1000円
◎算命学家族鑑定(要予約)家族5人まで60分10000円 一人増えるごとに+1000円
◎手相orタロットカード 10分1000円
◎易 1件7~8分 1000円
◎イメージ画(質問ありでもなしでもOK!あなたから視えた絵を描きます)15分~20分 

.。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○

3月4日のイベント「まだ間に合う!山羊座土星期間で失敗しない為の安全必勝法!」はちょこちょこお申し込みをいただいております。ありがとうございます!!
レクチャーは残5席、セッションは16時以降が空いております(25日深夜時点)

土星はその人の苦手意識だったり課題だったりしますが、きちんとそこを乗り越えると「成果」が得られるよ、というポイントでもあります。山羊座にいる期間は特に意識がそこに向く時。
今回のレクチャーとセッションを、「自分が何ができるか」「実際に何をやっていくか」ということを考える作戦会議として役立てていただけたらと思っております。

くわしくはこちら レクチャーセッション

* * *

それは久しぶりにやってきました。それは私の背後でずっと張り付いているのですが気づくのはいつも突然です。
何かと言うと・・・


老化

です。

しょっちゅう私は言ってますが老化は一次関数ではやってこない。二次関数でもない。
階段状にやってくるのです(個人の感想です)。
こういう感じ。ある日ドスン!と落ちて、しばらくはプラトー状態が続き、またドスンと落ちる。
 ↓
 →→→→→↓
      ↓
      ↓
      →→→→→
今回何で思ったかというと「チチの位置が下がった」です。分かりやすく言うと「バストトップが下がった」です。当然急に下がるわけじゃなく前から徐々に来てたはずなんですけど(ブツブツブツブツ・・・)

まあでもしょうがないしどうでもいいことです。私達は重力の奴隷なのです。

昨日の夕方は子供の習い事の用事で横浜に行ってきました。
何で行かなきゃいけなかったのかよくわからなかったような用事でわりとすぐ帰ることになったのですが、帰り路、駅の近くの商業施設の中を通ったとき、ふと鏡に映った自分をみてショック。
すっごく疲れてるんですけど(><)

ああ、口角が下がっているのかとすぐ思って、両手でほっぺを挟んでぎゅーーっと上げてみました。で、「にっこり」とマンガの夜廻り猫の遠藤さんみたいに笑ってみた。
(ちなみにこれ遠藤さん↓↓)
   Fotor_151962885854934
わーいかんいかん。チチは垂れても(?)不機嫌そうに口角垂らしていたらもっと老ける!!と実感・・・「よし!」とスーパーで花を買って帰ってあちこち掃除して玄関に花を飾りました(ここ2週間くらいお花を切らしてました)。花があるとやっぱり気持ちも明るい。にっこり。

「まずは形から」でもいいのでしょうね。
形があるからそこに人がはまっていけるのということで。
下がっていくものをなるべく引っ張り上げていくぞ!気持ちも肉も。

そういえば今日次男が卒検合格したようです・・・という話をこの前の記事に追記しました。→

火曜日のウラナイ・トナカイ無事終了しました。お越しくださった皆様ありがとうございました。
サビアン展もニカイで開催中ですよ~!今月いっぱいの展示なのでまだご覧になっていない方はこの機会を逃してはいけません。サビアンの絵が入ったTシャツがちょっと気になる私。お気に入りのサビアンがある人にはオーダー推奨したい。
   img1504625012106
なかむらかえる先生がサビアン展を見に来て、そのついでにイメージ画を受けて行って下さいました。
(このコースを皆様にぜひおすすめしたい・・・)
    Fotor_150462593245037
メガネを取ったかえるさん↑
色々ぶっちゃけた話を交わしつつイメージ画の説明。楽しんでいただけたようで何よりです。
かえるさんは本当に面白い(いや私に言われたら迷惑でしょうが・・・)。やっぱり獅子座の女。しし様だ。山羊座に様をつい付けたくなる私ですが獅子座にも様を条件反射でつけてしまう。

あ、カフェ鑑定の日程アップしました。あちこち彷徨う時間を利用してやっております。
ご都合があう方は気軽にお問い合わせください→

.。o○.。o○.。o○.。o○  .。o○.。o○.。o○.。o○

♪おまけばなし
このところ身の回りで&鑑定で
「人って、何か面倒だったり、あーだこーだと思い煩うことがある方がいいよね!」って話がくるくると現れます。
よく聞く話ですがストレスはないとだめなんですね(もちろん加減が大大大問題なのですが・・・)。

ちょっと前に母が体調をちょっとくずしたのですが、その時に娘を少しだけ預けたのですよ。
大丈夫かな、とも思いましたがもうそんな手がかかるわけではないし。
そうしたら娘がいたほうがちゃんと生活するようで調子がよくなったようなのです。一緒にご飯を食べることで食欲がアップしたのが大きい様子。

ふーん、やはり人ってちょっと面倒があるくらいの方がいいのね、と夫に話しましたが、そのあと見た目は違うけど同じような話をいくつもしました。ふしぎじゃ。

生活していると面倒なことや人間関係でもやもやすることはもれなくセットで付いてくることで、これがなかったらどんなに心安らかに暮らせるだろう!!と心底思うのですが、そんなことは無いのでしょうか。
隔離されて一人で住んでご飯とか自動で出てきてのんきに過ごす生活とかそのうち嫌になるのでしょうか・・・飽きるかな・・・やっぱり何か思い煩うことが積極的に必要でしょうか。


(最たるものは恋愛かもしれない。恋愛から離れてから思うけど、あれは不安になったりどーなのかしらこーなのかしらと思い煩うためにしていた気がする。うまくいってる中の不安をほじくり出すこともあるしね・・・その時はぎゅうぎゅう絞られるように苦しいかもしれないけど、それが今思うと醍醐味。エンターテイメント。ショートケーキのイチゴ。)

この話が出るのは私の回りは禄存星司禄星率が高いのでそのせいもあるかもしれない。
(テーマソングは「愛し愛されて生きるのさ」、「すったもんだ」すら人生の喜びという人々です)
それを抜きにしても、いやだいやだと文句を言いつつ生活してても結構いいんだなと思った次第です。

今日は最近考えたくだらないよもやまばなし(′∀`)
   Fotor_150379745725049
この前スカイプ鑑定で家族鑑定をやったときの話です。
私より年上の女性のお客様でしたが「夫は私にとって子供を産ませてくれた恩人」と言ってました。「当時そんなに好きだとか盛り上がった訳じゃないけど、子供がすごく欲しい時に結婚しようと言ってくれたので渡りに舟で・・・(大体こんな感じの発言)」

ちょっと申し訳なさそうにおっしゃっていましたが、いやー、大変よくわかります。
私も打算ありまくりの結婚だったなと今は思います。
生殖目的の結婚(笑)。
目的に沿った打算まみれの相手選出だったので(今のところは)成功したと言えるのかも。私の本来の男性の好みはけっこうだめんずタイプなのでそれに沿っていると多分失敗してたわ。

愛とか恋とかは数年しか持たないという説もありますが、私的にはよくわかる気がします。
(きっと長く維持できる人はできるのではとも思うのですが・・・)
「情」にはなるんですけどね。付き合い長いから見捨てておけない感じの情。

なので結婚に限って言えば、「人としてまあちゃんとしている」というのがベースにあれば、打算メインで決めたほうが意外とうまくいくのかもしれませんね。
結婚すれば得るものもあるけど失うものも確実にあるので、その損得勘定をきちんとして「私はこの結婚でこれをゲットする」というのを意識する。子供でも、経済的安定でも、社会的地位でもその人がOKできるもの。
それに一応愛情というラッピングをふんわりかける!ってことですね。打算はむき出しではいかんね・・・

これは相手側からみてもそうなので「私は相手に何を提供できるか?」というのも大事になります。フィフティフィフティです。思わず自分は何をあげられたかって考えてしまう。


書いていてちょっと殺伐とした気分になりますが結婚は社会制度でありますな。純粋な恋愛とは完全にマッチするものではありませんね。

明日、明後日は「2DAYS☆算命学基礎講座」です!
ご参加の皆さまには確認のメールをお送りしました。2日という短い時間ですがしっかりした基礎ができるように努めてまいります。どうぞよろしくお願いします。

8/5(土)の「働き方講座」はまだまだ参加者さん募集中です。
こちらは少人数なので場所をトナカイノニカイから場所を変えて行うことにしました(場所は参加者さまに直接お伝えします。新宿です)。ネッチリとセミプライベートレッスンのような趣きになるかも?
どうぞお気軽にご参加くださいませ~~→
   image
火曜日のウラナイ・トナカイは無事終了しました。お会いできた皆さまありがとうございました!
最初から最後まで忙しく過ごさせていただきました。
この日来てくださった方は全員「生月中殺」または「生年中殺」をお持ちの方だったという、「宿命中殺の日」でした。不思議なシンクロ。

宿命中殺の人に限った話ではありませんけど、生きていると「どうして私はこのパターンが多いのかしら?」と思うことがありますね。若い時は比べる対象(経験)が少ないし「みんなこういうものだよね」と思っていたけど、ちょっと長くなってくると「なぜかこういう経過をたどることが多い」というmy事例が増えてきます。

こういう個人のシステム(?)は占いでみるとよくわかることが多いと思います。
「なんでなんで私はいつもそうなるの!」と嘆くよりは「そういうもんか」と一旦呑みこんでじゃあどうするかと考えたり発想を切り替えたりすると、現象は同じでも気持ちが変わる。


私は派遣の仕事をする前は一つの会社にパートで働いていましたが、5つくらいある支店に日替わりで働いていました。正社員さんがお休みのときに入るのです。
日替わりは全然苦じゃなかったし、どこの会社でもこうなるので自分に合ってるのだなとも思いましたが、ずっと一か所に居る正社員さんが良く見えて「やってみたい」とも思いました。
(たぶん「きちんと」にすごい憧れがあった・・・)

でも実際正社員になると何故かもめるし、何より自分が「狭い中」にいることができない。自分から来たくせに逃げたい。
それで結局辞めるので「なんて自分だめなんだ・・・」と一時期もだえていました。笑
今は「自分のシステム」みたいなのがちょっとわかったので諦めがつきました。諦めがつくってことは明らかにするってことですね、

今思えばそんなに「きちんと、長く」働くことに力入れんでも良かったと思いますが、その時はその時でそうだったのだからしょうがない。
あがいたからこそ呑みこめることも多く、自分のシステムをうけいれることができたのかもしれません。

そんなことを考えていたトナカイDAYでした。

↑このページのトップヘ