~お家と占い行ったり来たり~ あんこの占い*虹架けるLOG

     東京&湘南で活動中の占い師夏瀬杏子のブログ  算命学・易・タロット     

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ Information *・゜゚・*:.。..。.:*・゜

ウラナイ・トナカイ(東京メトロ丸の内線 南阿佐ヶ谷駅から徒歩1分)毎週火曜日
11月21日11:00~12:00(12:00~13:00予約済)13:00~16:30
11月28日(11:00~12:30予約済)12:30~16:30
12月5日11:00~16:30

こはぜ珈琲店での鑑定(下北沢駅 北口から徒歩5分) 毎週金曜日
11月17日(金)11:30~15:00(都合により1h繰り上げます)
11月24日(金)12:30~16:00

カフェ鑑定(ご希望の前日までにご連絡ください)
11月22日(水)17:30~19:30 大船駅近辺

スカイプ鑑定(ご希望の前日までにご連絡ください)毎週金曜日&日曜日
11月19日(日)①22:00~
11月24日(金)①9:30~ ②22:00~

2DAYS算命学基礎講座
12月7日(木)8日(金)東京駅そば 11:00~16:00
http://annco.blog.jp/archives/1068587238.html (満席・ありがとうございます)

陽占の読み方講座
12月14日(木)トナカイノニカイ 11:00~13:00
http://annco.blog.jp/archives/1068616247.html(残席5 11/15)

カテゴリ: 講座・WSのお知らせとレポ

十二大従星ワークショップもとうとうこれで一周!天報星と天将星です。
同じ内容で2日行いますのでご都合のいい方にお越しください。
   DSC_0039
「十二大従星ワークショップ~天報星&天将星~」

      ◎日時 : 2016年7月10日(日)   13:00~15:00 増席しました!(残席1 7/4)
       2016年7月15日(金)   11:00~13:00 (残席2  7/8)
      ◎ファシリテイター : 夏瀬杏子
      ◎場所 : トナカイノニカイ(南阿佐ヶ谷ウラナイトナカイ2F)
      ◎受講料 : 2000円
      ◎定員 : それぞれ6名(10日は+2増席しました)

お申込み、問い合わせはこちらのフォームからどうぞ→

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚

基本的な十二大従星の説明はこちらへどうぞ→

天報星は人の一生になぞらえると生まれる前、母親のお腹の中の胎児の時代。動物占いだとオオカミ。
胎児がお腹の中で日々変化していくように、天報星を持つ人は万華鏡のようにくるくると変化します。これからいかようにも進化していく可能性を秘めています。
気まぐれだけど自由でユニークな感性が大きな魅力。

そして算命学というカテゴリーから導かれるキーワードで必ず上がる「天将星」
人の一生で言えば豊かなキャリアをもつ充実した50代。12ある従星の中で一番高いエネルギーを持ち、「リーダーの星」「王様の星」と言われています。動物占いでは「トラ」。
天将星を持つ人は本当にパワフルで思ったことを現実化する力がありますね。
しかしエネルギーの高さゆえにうまく乗りこなすことがダントツに難しい星です。

今回はこの2つの星について掘り下げていきます。
天将星をお持ちの方、天報星をお持ちの方、両方とも持っている方のご参加をお待ちしております。色々シェアしてもらえると本当に助かります。
もちろん自分は持っていないけど家族や彼氏が持っている方も大歓迎。
さらに言えば天将星天報星が集まったところを観察したい方も大歓迎。


前々から天将星or天報星をお持ちの方が何人も「この会には行きたい!」と声をかけて下さっていたので、試しに休日と平日と両方セッティングしてみました。
いや~~天将星さんのパワーは常々感じていましたが、やはり180度の関係の天報星さんも相当なパワーがある、恐るべしと再認識しました。

今回は初めて平日昼間に開催します。
今まで算命学に興味があったけど時間があわなかったというかた、お値段もリーズナブルですのでよかったらお試しにどうぞ。従星の出し方から説明します。
もちろん私に会いたかったという方も是非遠慮なくどうぞ(そんな人いるのか・・・)

多くの皆様の参加をお待ちしております。


いつものようにFinal Callですが、明日の11:00~13:00は「十二大従星ワークショップ ~天印星&天堂星~」です。参加予定の皆さまどうぞよろしくお願いします。

そしていつものようにまだまだ参加者募集中です!
天印星を持っている、天堂星を持っている、または両方持っている方!!まだ全然間に合いますので参加していただける方は是非ご連絡を→ 直メールでもOK!
もちろん持っていなくても勉強したい、周りの方が持っていて理解を深めたいでも大歓迎です。

当日朝開始時刻までお待ちしています。どうぞお気軽にご連絡ください。
   image
丁度いいので十二大従星の話。

久しぶりに田舎の妹と電話で話しました。
二人姉妹ですが、まあそこそこ仲はいいです。たまにしか会えないけどやはり気楽で何でも話せます。母に小さい頃のことを聞いても喧嘩したことはないと言います。多少こぜり合いくらいはあったと思うけどほぼ「お姉ちゃん、お姉ちゃん」とむこうがくっついて来たようです。

妹の所は子供が二人、小夏の1つ上の男の子と1つ下の女の子。年が近いので本当によく遊びます。
3人で遊んでいるのを見ると、結構十二大従星の初年期の星が出ているのがわかります。

小夏は初年期が天貴星。今小学生だけと小学生の星が来ていているので大変妥当。素直でマジメだけど子供らしい生意気さ幼さがストレートに出る。

1つ上の男の子は初年期天南星(中年期も天南星)。中心が貫索星ということもありとてもガンコだけど、大変観察力が鋭く大人たちの話を凄く聞いていて「その話ってどういうこと?」「今の○○はどういう意味?」ってよく頭を突っ込んでくる(結構うっとおしい・笑)。
「あんたはいーのっ!」と追い出されることもしばしば。

そして下の女の子は初年期天堂星。
一歩引いてなんでもそつなくこなす優等生で可愛がられていますね。周りをよく見て自分に求められていることが分かっているというか。 お兄ちゃんをみて色々学んでいることも多いと思います。
東に牽牛があることも加わり、運動会の前の日には「1番をとれないなら出たくない・・・」みたいなプライドの高さをみせる発言もあり。


小さい時の身の処し方というのは大きくなっても意外とベースにあるんだな、とWSをやってお話を聞いて思います。初年期の星って結構重要なのかもしれんのう・・・
 

今日もくだらないマシンガントークをくりひろげつつ宣伝だ!
   image
まずは6月12日(日)11:00~13:00の「十二大従星ワークショップ~天印星&天堂星~」は今のところ残席2です。
 
動物占いだと天印星は子じか、ピッタリですよね。
愛らしさというか、こっちが手を差し伸べたくなる魅力があります。以前ブログでよく書いてましたが、ひとつ前の職場の所長さん(男性)が天印星持ちで、クマのぬいぐるみのようなホッとする人柄で好かれてました。ぐいぐい引っ張っていくようなタイプではないので立場的には大変だったみたいですが・・・
 
天堂星は動物占いだとタヌキ。もううまいこといいやがって、このー!って感じのネーミングです。
人の一生から見るとトップを降りた辺りで身強ではないのですが、現実的には天南星くらいの若い星だと天堂星にはなかなか勝てないのではないか・・・修羅場をくぐりぬけてきたタヌキおやじに、いくら勢いがあると言えども青二才がかなうわけがない。
現実社会では意外と天堂星が暗躍していそうです。

ぜひ実際に持っている方のお声が聞きたいです。ぜひ名乗りをあげてくださーーい♪

あと6月18日(土)18:00~20:30の茜鳥ジュン先生の「プロ占星術者のためのハイパー相性術」です。
こちらは開催が決定しております。残席5です。サンプルを兼ねてくださる方も募集中。

前にも書きましたが男と女がくっついたり別れたりというのは予想がつかないものでございます・・・
こっそり私の話ですが、私が大学1年生の冬に、バイト先で知り合った当時男子高校生と付き合いだしました。 その後彼は就職し、色々ゴタゴタはしましたが二人とも結婚するつもりでした。
向こうの親御さんにも可愛がってもらいました。お父さんは自動車学校の教官だったのでそれまでとる気のなかった運転免許をえいっと取りました。今の私があるのは彼のおかげだな(笑)

が、大学4年の秋、今の夫とつきあう!と決めてあっさり乗り換えました。 冥王星が私のアセンダントにぴったり乗ったころです。そして1年ちょっとで結婚しました。早い。こんなことになるなんて当時は思いませんでした。

ぜひ私の華麗なる(?)恋愛遍歴をジュン先生に検証してもらいたいところですが、 今まで付き合ってきた人の誕生日を一つも覚えていないという。。。長く付き合った彼も牡牛座と双子座の境だったはず・・・くらいは覚えているのですが。
女って薄情ですね(いや女じゃなく私が)。

私は過去はトカゲのしっぽのように切って生きると決めたので振り返らないんだーー!!

現在に生きる恋に悩める乙女たちは勇気を出して 相性の研究に是非きてほしいです。そしてサンプルになっていただけると本当にありがたいです。


そして最後にミニお知らせ。私のプロフィールを少し書き直しました。
写真も以前プロフィール用に撮った中から選からもれたカジュアルな一枚を使ってみました。ひまがあったら覗いてみて下さい。 

次の十二大従星ワークショップは既にお知らせしているように、6月に「天印星」と「天堂星」を開催します  
   image
「十二大従星ワークショップ~天印星&天堂星~」

      ◎日時 : 2016年6月12日(日)   11:00~13:00
      ◎ファシリテイター : 夏瀬杏子
      ◎場所 : トナカイノニカイ(南阿佐ヶ谷ウラナイトナカイ2F)
      ◎受講料 : 2000円
      ◎定員 : 6名 (残席2 5/19)

お申込み、問い合わせはこちらのフォームからどうぞ→

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚

基本的な十二大従星の説明は前回のこちらへどうぞ→

今回は土性の十二支から導かれる十二大従星第二弾、天印星と天堂星です。
天南星と天庫星に続き意外とたくましい星です。

天印星は人の一生に例えると赤ちゃんの星。
赤ちゃんはただ生きているだけで周りを笑顔にして、誰からも好かれます。それと同様に天印星を持つ人は天性の社交性を持っていて周りを和ませます。
私の印象ですが、天印星を持っている人を見ると大人でも男性でもどこか可愛らしい所があって「ああ、なるほどね!」と思うことが多いです。でもご自分では自覚しにくいかもことが多いかもしれないです。
まあそれは赤ちゃんの星だからかもしれませんね。赤ちゃんは自分が赤ちゃんだと自覚できない。
赤ちゃんが「ほら、私可愛いでちょ?早くおしりふいてほしいな♥ばぶ~~」とか思ってたらぶん殴りますねwww

天堂星は人の一生に例えると定年を過ぎたあたり。家老のようなポジション。
一歩引いた立場から落ち着いた行動をとることができます。
華やかさはないけどいぶし銀の魅力を持つ人が多いです。
天印星とは反対に、この星を持っている人に説明すると「ああ、わかります」と言う人が多い気が。自覚しやすい、使いやすい性質なのかもしれません。

十二大従星の出し方など基本的な部分を説明しつつ2つの星の特徴などを説明していきます。
実際お持ちの方の実感などをシェアしていただけると助かります。天印星、天堂星をお持ちの方のご参加を是非お待ちしております。ご家族や彼氏が持っているよ、こんなだよ、と言うお話も大歓迎!

多くの皆様のご参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願いします。

今日は「天恍星&天極星」のワークショップでした。参加してくださった皆様、ありがとうございました。
天恍星&天極星を持っている人そんなに多くなかったけど、色々参加者の皆様が情報を持ち寄るような形で会を盛り上げて下さって大変ありがたく、私にも勉強になりました。

天恍星に関しては「複雑な、なかなか葛藤のある星だよね」という話になりました。
異物をくるみこんで美しい真珠ができるように、 天恍星を持つ人は葛藤をくるみこんで人を惹きつける輝きを放つのだと思います。

しかしなかなか天恍星を持つ人がモテモテ♥みたいなデータをとるのは大変(笑)
観月ありさ(調舒+天恍)、佐々木希(牽牛+天恍)、桐谷美玲(調舒+天恍)などのラインナップをみると(すべて中年期)さすが天ピカ~~~!って感じはします。
さらに調査は続けたいところ。

天極星はこの人についてふれたい・・・

アンジェリーナ・ジョリー 1975年6月4日

      辛   辛   乙
      巳   巳   卯

( 申酉 )天中殺 


 *** | 禄存星 | 天馳星
_______________


 牽牛星 | 牽牛星 | 禄存星
_______________


 天極星 | 貫索星 | 天極星 


天極星はどうしても「病気、けがに注意」みたいなワードが出てきます。当然天極星に限った話じゃなく、誰もが年をとって行けば何かの不調はつきもので注意なんですが。
アンジェリーナ・ジョリーと言えば、遺伝子検査の結果を受けて乳腺、卵巣、卵管の予防的切除を行ったことでニュースになりましたね。日本ではなじみのない考えや手術なので私もちょっと驚きました。

人によってとらえ方は全く逆のとらえ方もあると思いますが、私はすごく「天極星的な」選択じゃないの??と思いました。 結果に抗わず「じゃあ最善の方法を」みたいな感じなのかなあ・・・前回も書いたけど天極星の強さはこんな風にでるのか?と色々超勝手な推測をしてしまいました。


今日は講座の後は下で少し神谷先生と話して、タロットをやってもらいました。そのあと軽くランチを食べた後、久しぶりに阿佐ヶ谷のジェラート屋さんに行ってきました。
  image
色どりは美しくないが、ココ、ノッチョーラ、キャラメルナッツのトリオ。
解放感溢れるきもちのいい土曜日でした。
 

↑このページのトップヘ