~お家と占い行ったり来たり~ あんこの占い*虹架けるLOG

     東京&湘南で活動中の占い師夏瀬杏子のブログ  算命学・易・タロット     

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ Information *・゜゚・*:.。..。.:*・゜

5月3日(木・祝)トナカイノニカイ 11:00~13:00
「はじめてでもわかる東洋相性 方鑑図ワークショップ」
http://annco.blog.jp/archives/1070605682.html (残席3 4/22)

5月27日(日)トナカイノニカイ 10:30~15:30
「六十干支の基礎講座」
http://annco.blog.jp/archives/1070873924.html(残席4 4/19)

ウラナイ・トナカイ(東京メトロ丸の内線 南阿佐ヶ谷駅から徒歩1分)毎週火曜日
4月24日11:00~13:30(13:30~14:00予約済)14:00~16:30
5月1日11:00~12:00(12:00~14:00予約済)14:00~16:30
5月8日11:00~16:30

こはぜ珈琲店での鑑定(下北沢駅 北口から徒歩5分) 毎週金曜日
4月27日12:30~16:00
5月4日はお休みします
5月11日12:30~16:00

カフェ鑑定(ご希望の前日までにご連絡ください)
5月3日(木・祝)14:30~18:00 南阿佐ヶ谷近辺または新宿駅近辺

スカイプ鑑定(ご希望の前日までにご連絡ください)毎週金曜日&日曜日
4月22日(日)①22:00~
4月27日(金)①9:30~ ②22:00~
4月30日(日)①22:00~

カテゴリ: タロット

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

年始めに私の占い活動についてタロットをひいてみました。

今年はあんなことこんなことできるかな?(内容は大それていて内緒💦)




……どうも身の丈に合わない夢のようで待ちぼうけ食らいそう(-_-;)
方向性が間違っているのかも。どんなフィールドに進めばいい?




わお~~FOOL!
何のしがらみもなく自由にあちこちへ。
自分のことでFOOLが出るなんて珍しい。
そして私がすべきことは?




わかりました、コツコツ勉強します。まだまだ修行中ですね。

FOOLを見て「12ハウスの活動」となぜか浮かびました。
もうすぐプログレスの月が12ハウスに入るとプログレスの天体の半分が12ハウスに居ることになります。
多分12ハウス的な世界の中で小鳥のように自由に飛び回りつつ占いをやっていくと思います。

美しい表現をしてみましたが現実は地底人のように暮らしてたりして…既に最近その片鱗がちらほらありますが、my地底、いいとこです。
今年は孤島ではなく地底だな


この地底人生活はどんな感じ?



まさかの女帝!いい暮らししてるよ(笑)

今年もこの地底人ブログをたまにはこっそり覗きにきてみて下さい。

仕事納めは金曜日だったのですが、ちょっとアクシデントがあり土曜日の人手が足りなくなり昨日も仕事に出ていました。
「歳末助け合いですから♪」と言って働き恩を売り込んできたという(笑)

そして今日は伊豆の母の所に来ています。久しぶりに長男を確保して一緒に連れてきたので喜ばれます。禄存星中心の母は張り切って御飯を作り小遣いを孫にやってます。嗚呼正しい禄存星。

こちらに住む私の妹は貴重な占いの練習 相手です。
ただ今まだまだ募集中の2015年の年運鑑定(→)も、まずは妹でデモンストレーションしました。
先月会ったときに占ったのですが、今の彼女の懸案はズバリ「健康運」です。
妹は前にも書きましたが、しばしば貧血に悩まされています。その根源は
「子宮筋腫」
なのです。
昔から筋腫はありましたが最近は不調も多いことがありなんとかする方がいいのか悩んでいるようです。

ホロスコープスプレッドで展開して、健康運の6ハウスには「カップのエース 逆位置」



う~~ん、健康運上々、ではない…ちょっと不安定な感じではある。
でもなんだかしっくり来なくて二人でどうなんだろね~と悩んでいました。

調べるとカップの中の水は「感情、涙、体液、血液」とある。それでカードを見るとなんだか大量出血??と浮かんできて…(>o<")

「…やっぱ病院行ったほうがよくない?」
「そうだね…」

その後妹は田舎の口コミネットワークを駆使し、開腹手術しなくても内視鏡(だったような)を使って筋腫をとれる病院を探して受診したようです。
内視鏡での手術は筋腫の大きさや場所など色々条件があるのですがそれはクリア。今すぐではないですが多分手術をする方向に動きそうです。

まだちょっと本人は悩んでいるのですが、筋腫は大きくなるからね…
私が二十代の終わりに子宮外妊娠で緊急手術緊急入院したとき、同室で親しくなった方は子宮筋腫のため子宮の摘出手術での入院でした。多分今の私くらいの年齢の方だったと思います。
閉経まで待ちたかったけど貧血があまりにもひどく決心したと言っていました(色々聞きましたが筋腫があると本当~~に大量出血なんですね!)
あのころは開腹するしかなかったかもしれないけど今は技術が進んだものです。
やるからにはなんとか無事に済むといいな~~




今日いとこの家に赤ちゃんを見に行った時に撮りました。
伊豆で育った私にとって富士山はどてっぱらに穴があるのがデフォルトです。
地元民の母といとこには「なんで富士山なんて撮るの?」と言われました(笑)

なんだか前の記事で全世界的に自分がらりった人だと表明してしまった気がします・・・笑
私、ぽーっとしていることがあるようで、友人の西洋占星術師の方には
「杏子さんのこの辺(私の前方ななめ45度くらい)に海王星が見える」と言われています。
「ここを見ているようで別のところを見ている」とも。
そんなバカな・・・もうちょっと私はしっかりしてるはず・・・orz

気をとりなおして。

年運のメール鑑定、続々お申込みいただいております(多少誇大してます・笑)ありがとうございます
ほっておくとぽーっとする自分に鞭打ちがんばってます!
タロットはホロスコープスプレッドを使います。
こんな感じ。

ホロスコープスプレッド

あとは現状をチェックするカードもだして見ていますがここには映っていません。
一応自分を見てみました。

自分自身を表す1ハウスには星のカード。こんなところに素っ裸のらりらり娘が!(笑)
理想に向かってこつこつ頑張ります。素っ裸でいろいろなものを目いっぱい受け止める。
何を?というと真向かいの対人関係を示す7ハウスには皇帝。影響力のある人が現れそう。受けまくりんぐです。

気になるのは金運、仕事運でしょうか…
収入の2ハウスにはペンタクルの9の逆位置。悪い訳ではなさそうですが優雅な奥様ではいられなさそう。というかとっくに優雅ではない💢
人から見えない場所の12ハウスにはカップの5がでてます。人様から見えませんが結構厳しいのよ内情はって感じですね。


職場の6ハウスはカップのナイト。気持ちよく働ける職場に恵まれそう。これはしみじみ嬉しい。
肩書きは10ハウス、ソードの2の逆位置。まだあえて肩書きは付けないよ、試行中。

かなりざっとですが、2015年は私にとっては地味にコツコツやる年になりそうな感じですね。プログレスの新月もありますしねー

簡単にですがこんなふうにみていきます。
まだまだ受け付けてます、「2015年の年運」メール鑑定 よかったらどうぞ~(^-^)/

ただいまトナカイのタロット講座に行った帰りです。
今日は参加者が少なめだったのでぐるぐる占いあって実践編でした。私は他の方に「2015年の運勢」をリクエストされてホロスコープスプレッドで占いました。先生の解説を挟むと色々なものが浮き出てきてワクワクします。

私は相性をみてもらいましたが、今ブーム(?)のコートカードで家族それぞれをみてもらいました。コートカードだけなのに当たるのさこれが…
「息子のことは心配してない」といいつつカップのクイーンが出たりしちゃったりするんだ…しかも逆位置で。モロバレです。

面白かったのは小夏との相性で、現在と年内と年明けで時系列でそれぞれ観るのですが、私のカードは全部ペイジでした。小夏のほうがキングだったりするのに。
どうやら私の方が子供らしい。「娘さんには素でいられるんだね」とも言われました(^_^;) 娘は持病があって日々我慢で苦労していて小さいけど結構オトナなのでしょう。

今日は家を出るとき小夏が寂しがっていたので、ちょっと高いけど早く着く電車で帰ります。
な~~んて偉そうなこと言って私が子供だから私が寂しいのかもしれませんね。

風邪を根性で半分ねじ伏せてタロットの講座に行ってきました。
コートカードを読む練習の日でしたが、実戦で参加者それぞれヘキサグラムで好きな質問で自分を占ってみました。
私の質問は「抜け毛がひどいがまた生えてくるか」です(笑)

そのときの展開を再現。

        nukege

未来に死神・・・結果は戦車の逆位置・・・
これはどうなの?と悩むところにまつい先生がバッサリと
「これはダメだね。髪が抜けてもだからどうした、これが私だと受け入れる!戦車の逆位置は悪あがきだね」と解釈。
ぎゃ~~~そうなのね(T0T) 多少生えてももう元には戻らないんだ・・・orz
本人の位置に月のカード。私の不安がてんこ盛りで今日一番の悲しい話題と言う話になりました。

ちなみにコートカードは現在の位置でカップのクイーン。気持ちを共有してくれる人がいる。
おそらく同年代の参加者の皆さんにまさに悲しみを共有してもらって慰めになりましたあ~~

↑このページのトップヘ