あんこの地球滞在記

     東京&湘南で活動中の占い師夏瀬杏子のブログ  算命学・易・タロット     

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ Information *・゜゚・*:.。..。.:*・゜

ウラナイ・トナカイ(東京メトロ丸の内線 南阿佐ヶ谷駅から徒歩1分)毎週火曜日
8月22日 11:00~16:30
8月29日 11:00~21:00 この日は一日トナカイにいます
9月5日 11:00~16:30

こはぜ珈琲店での鑑定(下北沢駅 北口から徒歩5分) 毎週金曜日
8月25日(金)12:30~16:00

カフェ鑑定(ご希望の前日までにご連絡ください)
お問い合わせください

スカイプ鑑定(ご希望の前日までご都合のいい日時をお知らせください
8月25日(金)①9:30~ ②22:00~
9月1日(金)①9:30~ ②22:00~

カテゴリ: 子育て談義

明日は新宿でカフェ鑑定です。
12:30まではご予約を頂いておりますがその後は空いております。15:00くらいまではそのまま居るつもりなのでもし鑑定ご希望の方がいらっしゃったら気軽にお立ち寄りください。私のTwitterのDMまたは問い合わせフォームでお知らせくだされば確実です。
こちらのカフェにおります→
   image
小学校高学年~中学生くらいのお子さんのお母さんと話すと当たり前のように出てくる悩みが
「勉強をしない」件です。
特に男の子はかなりの確率です。お話を伺うと、しない子は「テスト前だろうとどんな成績が悪かろうと」全然しないようです。徹底しています。
中学生になったくらいだと自分が受験するということはどうやら「5億年くらいあとのこと」と思っているフシがあるし、実際「勉強しなきゃ」って本気で思うのは中学3年の夏休み前くらいのようです(9月に入ってからという強者もいる)。
お母さんたちからしたらそりゃあ気が気じゃないーーー!!!

というのはおいといて。

うちの妹が今日電話してきて「中1の息子があまりにも勉強しなくてテストが悪かったから塾を増やしたいから見て」と電話をしてきました。
聞くと確かに勉強してないんですけど、中学入ってすぐの試験はかなり良かったようなんです。今回もやはりほとんど勉強しなかったら社会の点がすごく悪かった、ということで夫婦そろって「勉強する習慣をつけろ!」と怒って塾を増やすという話になったらしい(本人は嫌々ながら承知したとのこと)。

うーーーーーーん・・・・

何しろ本人は何のやる気も危機感もないのです。そして「本気出せばこんなじゃない」とも思ってると思う。
塾増やしたって何の意味があるかどうか。
塾を今行っているところで増やすか、別の安い所を追加するか、と聞かれて易を立てたのですが、当然どちらとも悪い。機が熟してない、と出る。
行かせてもお金と時間と心配の無駄遣いであることは予想できます。

「もう放っておいて、本人が信じたくないような成績をとって『まずい、やらなきゃ』とならないと意味がないよ」といったのですが・・・

成績が一回落ちると受験が大変、内申書が心配、とりかえしがつかないし、とかで子供の歩く道の先をなんとかして整備したくてしょうがないのです。先回りしてつまずきそうな石は排除しておきたい。
子供があとで苦労しないように、という親心であることは私にもすごくわかります。
が、が、が~~~~!!!(彼女の心配はとまらない・・・)

夕方たまき先生の書いたトナカイのお店日記がシンクロしていてビックリ
「じぶんがいない」

「子供のことは何から何まで管理したいんです」とハッキリ言う人は少ない。
でもこの気持ちを「あとで苦労しないように」「心配だから」という綺麗な包装紙でくるんで実際に行っていることはありますね(対象は子供だけでは限らないです)。
強い言葉や暴力的な支配はもちろん困りますが、こういうふうに真綿のように囲ってきたり繊毛のような触手でからめられているのも問題が起きやすいと思います。。


ずっと管理していて、いつになったらそれを本人に明け渡すの?って思います。高校生?大学生?社会人?結婚したら?自分が死んだら?急に管理を明け渡されてそれができると思うの?自分が明日死ぬって考えたことはないの?おめでたいねって。


まあ妹の所ももう少し息子が大きくなって、本格的な反抗期になるとまた違うと思います。そうであることを願う。転んで立ち上がる力がないとあとでもっと困る。
(だいいちねーそんなアンタ勉強めいっぱいしなかったじゃん!って毎回妹に思うわ・・・)

次男が家を出てしばらく経ちました。
寮なので食事などの心配は全くないのですが、4人部屋でみっちり暮らすのでどうしているかな、と多少は気にかけていたのですが音沙汰無し。一回だけお金のことでメールした時どう?と聞いたら「とくにきになることなし」という電報のような返事がきました。きっとなんとかやれているのだろう。

こちらは洗濯物が急激に減って「3人ってこんだけなのか・・昔一人目が生まれた時はどうしてこんなに洗濯物が増えるの?なんて思ったのに・・・」などと思ったり、食品を買うのも「昔は大量パックのお肉を探したのに今はこんな少量・・・」みたいになって「調子狂う~~~!!」となりました。二人出るとさすがに違う。
が、慣れれば慣れて楽になってきました。

まあでも人口密度がだいぶ減ってちょっとさみしいのは事実ですね。我が家は衰退している。

私が大学生のときに、妹も高校卒業して進学で2人で暮らすことになりました。
私達は学校やバイトやら忙しく、それでも元気に暮らしていたのですが、しばらくして突然母から怒りの電話が来ました。
「あんたたちはどうして何の連絡もよこさないのっ!!!」
私と妹は何を怒っているかさっぱりわからず困惑。「今度からもう少し連絡入れるから・・・」と言って電話を切りました。
   image
あの頃はもう何がなんだか、といった母の電話ですが、今なら理解はできる。
働いて家に帰っても姑と舅しかいない(父はいないことも多かった)。娘たちは自分の生活に夢中で連絡をよこさない。
おまけに誰かの世話をしないと死んでしまう性格。
↑こういうのを自覚している人はやはり何か世話するものを作った方がいいです(ペットでも何でも)

今の時期は同じように怒ったり、やる気がなくなったり、心にぽっかり穴が空いたひとがいるんだろうな~
(都市圏だとお子さんが進学でも家から出ないことも多いけど、地方にはよくあるかも)
日々の生活が今まで通りじゃなくなる、って意外とガクッとくるから、ゆっくり、ゆっくり体を慣らして行くしかないですね。
なんたって私みたいな人でもちょっとガクッとくるんだから・・・(笑)
あわててはいけないね。
 

大阪に行ってきましたぞ!
   image
まずはUSJへ。 
エクスプレスパスで最初にハリー・ポッターのアトラクションに行ったのが間違いでした。3Dメガネをかけて椅子みたいなのに座ってブンブン振られながら移動する、みたいなのでしたが開始早々「ぐは!これは吐きそう・・・」となり、ここで吐いたら損害賠償がとの想いより目をほとんど閉じてました。
   
ああいう浮遊感あるものがダメらしい・・・
なんとか吐かずに済みましたがダメージをくらい回復に時間がかかりました。私のバカ。
   image
それでも時間はあったのでそれなりに色々楽しんできました。
 
最後にUSJに来たのは7~8年前だったのでかなり変わってました。何より当時よりものすごく混んでいる気が・・・友人に話を聞くとハリー・ポッターのアトラクションが出来た時に混んで、さらにフライング・ダイナソーという恐ろしいジェットコースターが最近出来てまた混んでいるとのこと。
あとハロウィンだしなあ・・・世の中の人はどうしてあんなに仮装が好きなのでしょうか。スライムの被り物をつけたりしている私が言うことではないのですけど。

あとホテルが意外と良かったです。適当にツインをとったのですがハロウィンの飾りをした結構広い部屋で、普段ケチケチでとまるビジネスホテルの2倍くらいの広さ。お風呂とトイレは別でお風呂もすごく広かった・・・
日々ベッドを熱望している小夏が大喜びしたのは言うまでもなく、「もう私ここに住み込みたい」と最低10回くらい聞かされました。住み込んで働いてもらいましょう。

そして今日は梅田で友人に会いました。
阪急百貨店で待ち合わせて蜷川実花の写真展を見たあとお昼を食べながら近況報告。

友人のところは長男よりひとつ上のタクちゃんという男の子がいてよく遊んでいたのですが、当時は本当に取り扱いが難しい子でした。うまく回りとコミュニケーションが取れない子で、それでいて感情の赴くまま即行動するのでこちらから全く読めないのです。
うちに一人で遊びに来ていて急に「帰る」と言い出しドアからばっと出ていってしまうので、「タクちゃん待って~~!」と追うものの既に姿が見えないと言うこともしばしば。幼稚園バスから降りてうっかりすると回りも見ずにダッシュで道路の向こう側に行こうとするので「この子は途中で事故にあって死んじゃうんじゃ・・・」とか私こっそり思ってた。
 
そのタクちゃんがもう大学4年で就職活動しているとはオバチャン涙が出てしまいます・・・(やはり車にははねられたそうです) 人づきあいを上手くテキトーに、というのが無理なのは変わらないみたいだけど公務員を目指して頑張っているそうです(なかなか上手くいかないみたい)

えっ、公務員??意外だ・・・あとで誕生日を聞いてこっそり命式をみたら司禄星中心でした。でも東が調舒星、しかも中殺。なんたって就職活動の面接で面接官に説教して帰ってきたこともあるとのことで調舒星中殺の薫りはプンプンします。
でも中心は司禄できちんと固い仕事がしたいのね。この自分内マッチングは上手くいくのだろうか。

そもそも占いをやっていることも言ってないのでその時は全然占い抜きの話でしたが、頑張ってうまくいくならそれでいいけど、ダメならダメで自分で痛い目にあって就職浪人するor違う道に行くしかない。親が何か言ってその時どこかに就職できても、多分少しして辞めてしまうよね、という話になりました。自分が納得した上で折り合いをつけないと進めない。

「勉強とか、親がいくら言っても無駄で、本人がやる気を出さないとダメだよね。それは大人になってからでも全然遅くない」という言葉が会話で何度か出ました←半分子育てが終わりかけたくらいじゃないと本気で言えないのかも。
よく「うちの子のやる気スイッチはどこにあるんだ」って話が出るけど、親にも学校の先生にも塾の先生にも他人には誰にも押せないのかもしれないなあ。 

まあお互いもう少し頑張って、また会おうな、と言って別れました。

会いたい人に会うミッションは多分エンドレス・・・
 

梅雨も明けてすっかり夏らしい天気でした@湘南
その辺を買い物に行くと海に行く人やサーファーの人がいっぱいです。
この暑いのにどうして海に行くんだ!こういう日は家の中にいないと危ない(`Д´) ということで色々作業してた。

まずは来週になりました!
「新人ちゃん祭り☆2016夏」予定空けてます?ねえねえ?

謎の占い師X先生の「インド占星術」ですが、予約枠半分埋まりました→
こちらのご予約の期限は8月5日(金)22:00までにさせていただきます。ご検討中の方はお急ぎください。

他にもチョコチョコ情報アップデートしているかも??是非もう一読を→「新人ちゃん祭り☆2016夏」

○●○●○●○●○  ○●○●○●○●○

今日、長男は留学先に旅立っていきました。半年後まで帰ってきません。
全く寂しくはないのですが正直心配です。行く寸前になって本人も「成田から先が不安だ・・・急に緊張してきた」と言っていました。
ちゃんと着くのか、生活は大丈夫かなどももちろん、ヨーロッパなのでテロなどが今本当に心配です。

ただヨーロッパだろうが日本だろうが突然身に何か危険がふりかかって来るかもしれないのは一緒。もう手を離れた子供のことを心配してもしょうがないですね。祈るだけです。
   image
手の大きさを比べてみた。とっくに私の方が小さい。
生まれた時手足が大きい赤ちゃんでびっくりしました。指がすごく長かった。犬は子犬の時足が大きいと大きな成犬になるというので「大きい子になる??」と思ったがそんなでもなかった。人間と犬は違うらしい(アタリマエか) 。
よく「子供は3歳までにすべての親孝行をする」というけど、まあ間違いではない気が。
美味しいデザート部分は先にもらっちゃったかな。あとは食べた分ダイエットに励む的な感じ・・・

自分でほとんどの資金を貯めて出発していく彼を見送り「あ~~だいぶ手が離れちゃったな」と思いました。
まあ手が離れないと困るんですけどね・・・
20年は長かったようなあっという間だったような。
3人全員子離れ、なんてなったら意外とシュンとしちゃっているのかもしれません、私。
親離れは自動的だけど子離れは手動ですね。意識的じゃないとできないのかも。
 

唐突ですが、スカイプ鑑定をやってみたいなーと思ったりする。
 
リマーナすず先生は日々スカイプをバリバリに使いこなして鑑定しているので色々ご教授いただいたのですが、必要なのは「時間」と「場所」のようでした。自宅でやるので上手に時間を確保してそれに慣れること、あとは集中できる場所を確保すること。

どちらも今はなかなか手に入らない。特に場所。
だって家には自分の部屋はおろか自分のスペースと呼べるところはないのだ~(T△T)
   image
うちは2軒の家がくっついたようなテラスハウスですが、1階はリビングやキッチン、2階は一番広い部屋は息子たちの部屋、2番目に広い部屋は今は娘の机などを置いてあるのですが、5年前引っ越した時は私達夫婦+娘の寝室にして布団2枚ひいて3人で寝てました。
が、娘が大きくなってどんどん窮屈になって、布団と布団の隙間に落ちて寝て体が痛くなったりしたので、去年一念発起してもう一つある小さめの部屋(半分タンス部屋)を片付けてそこでギリギリ布団を一枚引いて夫はそこで寝るようにしました。
やっぱりね、1人1枚の布団で寝ると違うの!快適さが(アタリマエ?)。

まあそれでも私のスペースは無く、今ブログはリビングで書いてます。私の後ろでみんなテレビ見たり何か食べたりしてます。
ずっとそれに関して考えたことなんて全くなかったのですが、最近は占いの本や資料を置くところもないからなんとかしたいとか、スカイプやりたいと思っても全然そんな環境じゃないとか思う。スカイプでカメラも付けたら散らかっている部屋にパンツ一丁の息子が映るよこれ。

息子たちの部屋は今次男一人しかいないし広いけど私が居候していいと言うとは思えないし、娘は「ここは小夏の部屋だから一人で寝たい」と常々言っているし、夫が寝ている部屋は面積的にいろいろ厳しい。
娘なんて「ママは台所にいるのがいい」 何て言ったりする・・・


と言う話をしたら「家族が仲良く暮らせる間取り」という話を教えてもらいました。 私は知りませんでしたがネットで炎上していたらしいので知っている方も多いかもしれません。まとめ記事のひとつですがコチラ→ 

大学生が「家族が仲良く暮らせる間取り」と言うものを考えた時、お母さんの部屋は敢えて作らずにお母さんはリビングで寝る時も過ごしてもらう、というもので、「まあ、そりゃ炎上を呼ぶよね」って感じです。
この間取りを考えたのが男子学生なのか女子学生なのかがちょっとわからなかったのですが、私は「ある意味大変子供らしいな」と思いました。 小学生くらいの子供ですね。ある程度の年までお母さんは子供の世界のすべてなのでこういう案は考えそうです。
実際に子供が小さいうちはヘビ女のように お母さんの後を追ってくるのでお母さんの部屋はあってなきが如し。


子供がいる家庭の最盛期というのは子供が小学校中学年くらいまでじゃないでしょうか。 いつも家族一緒で一体感があるけれど、そこから先は子供たちは子供たちの世界ができてどんどんばらけていく衰退期になる。
ただ衰退期って仲が悪いわけじゃないと思うんですけどね・・・

色々突っ込みたいところはあるんですけど、
まず「家族が仲良く」じゃなくてもいいんじゃね?! 
 って言うのは思いました。
それよりも「家族が仲が悪くても平和に暮らせる間取り(笑)」とか。そっちのほうが必要じゃないか・・・

(この話を甘夏さんにしたら、その学生って蠍座冥王星世代じゃない?っていう話になりました。絆を血?でむりやり作ろうとしているというか・・・。多分ビンゴですね)

まあそれは置いといて私は私のスペースが欲しいぞ!って今は思います。
今まではそんなものがなくても全然苦じゃなかったのです。少し前にアカシックレコードを読んでもらったことがあるんですけど「家にあんこさんが安らげる場所が全然無いみたいに見えます」と言われても「えっ?そう??」と思ったくらいの私だったのに最近妙に家とか居場所に目が向くのであります。
今度のソーラーリターンはICに金星合、月は4ハウス。先取りかしらん。スカイプができるくらいのスペースづくりに燃えようかな。
   

↑このページのトップヘ