~お家と占い行ったり来たり~ あんこの占い*虹架けるLOG

     東京&湘南で活動中の占い師夏瀬杏子のブログ  算命学・易・タロット     

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ Information *・゜゚・*:.。..。.:*・゜

ウラナイ・トナカイ(東京メトロ丸の内線 南阿佐ヶ谷駅から徒歩1分)毎週火曜日
11月21日11:00~12:00(12:00~13:00予約済)13:00~16:30
11月28日(11:00~12:30予約済)12:30~16:30
12月5日11:00~16:30

こはぜ珈琲店での鑑定(下北沢駅 北口から徒歩5分) 毎週金曜日
11月17日(金)11:30~15:00(都合により1h繰り上げます)
11月24日(金)12:30~16:00

カフェ鑑定(ご希望の前日までにご連絡ください)
11月22日(水)17:30~19:30 大船駅近辺

スカイプ鑑定(ご希望の前日までにご連絡ください)毎週金曜日&日曜日
11月19日(日)①22:00~
11月24日(金)①9:30~ ②22:00~

2DAYS算命学基礎講座
12月7日(木)8日(金)東京駅そば 11:00~16:00
http://annco.blog.jp/archives/1068587238.html (満席・ありがとうございます)

陽占の読み方講座
12月14日(木)トナカイノニカイ 11:00~13:00
http://annco.blog.jp/archives/1068616247.html(残席5 11/15)

カテゴリ: 算命学

職場で色々な人と働いているけれど調舒星中殺のMさんと過ごす時間が長いです。

第一印象こそビックリだったものの、時間をかけて接しているとhotな部分がぽろぽろ見えてきて本当に興味深い。
辛の生まれの調舒星らしく、ちょっとピリッとした感じで結構美人。まだ30才くらいで一番若いのに細かい所に気がついて仕事はできる。
多少機嫌のいい時と悪い時があるかな?と思うけど、まだアタフタしている私を何も言わずさりげなく助けてくれるし、どうやらとても親御さんを大事にしている様子。北に司禄があるのがこういう感じで出るのかしら?更に龍高があるせいかcoolさとhotさのミックスが魅力的。


いやもう何このツンデレ~~!!
私ってツンデレなキャラに弱かったのね。。。
私が男ならこのギャップに惚れてしまうかもしれません。調舒星の魅力はツンデレな所にあるのかも。

人は見た目が8割だの9割だのという話ですが、第一印象がイマイチで時間が経つにつれギャップ萌えってほうがいいんじゃないかな~~なんて考えたりしてます。よく男女問わず「好みはギャップがある人」なんて話も聞きますし。ただ最初よくてあとてな~~んだってギャップはダメでしょうが。
あ~~~でも会社の面接などでは第一印象が強いですね。。。

私もこれからはツンデレで攻めてみようかしら♪(無理!って答えが即帰ってきそう)

昨日は中野トナカイでたまき先生の「宿命中殺の研究」→に行ってきました。
不肖わたくしめがサンプルになってきました!
色々と変人ぶりを晒してきましたが皆さんにじっくりと色々読んでもらえて幸せでしたわん。中殺は世の中のスパイスという表現があって素晴らしいと思いました。
他の方とあーだこーだと言い合う勉強はとっても楽しい。来月の講座も行こうっと。私に会いたい人も是非どうぞ(笑)


さて、長男が家をでて3か月。
「どう?連絡ある?」と他の方に聞かれることがちょくちょくあります。私からは用があるときたま~~に連絡します。向こうからもたま~~に連絡が来ます。基本金のことしかないです。
長男は鳳閣星中心で私譲り(?)、顔も私に似ているし、マイペースというか傍若無人なところもよく似ている。
そのせいかそんなに心配することもないし気にならないんですよね。。
でも今度次男も家を出たらすごく気になると思います。ああ、こんな差があっていいのだろうか。やっぱり次男は玉堂×3だし。

この前も大したことない話なんですが長男と意見の食い違いがあったのですが、ああ、この人はもう自分で決めて自分でやりたいんだっけ、子丑天中殺だしと細かいのをあれこれいうのはや~~めよっと思いました。どうせ子供のことはわからないんだし。
うちの家族は次男以外全員生日中殺があるんですが、生日中殺は「親から見てその子供を理解できない」という話を聞いて最初ちょっとびっくりしました。親っていうのは子供のことを理解できないのが普通じゃないのか・・・
自分の普通は世間の普通じゃないというのはつくづく思います。

*** *** *** ***
仕事は最初大変でしたが峠を越えた気がします。一日中立ちっぱなしで最初は腰が痛かったけど平気になってきました。
私の頭はキャパが少ないので1つ入れると1つ出てなかなか失敗は減りませんが・・・(ところてんとも言う)
なんだか色々な意味で流れがちょっと変わったような気がします。私はここ数年某ブランドの洋服が好きで色々着ていたんですが最近急に似合わなくなっちゃったんです。やっぱり年かな~と(T△T)残念だけどこの前実家に行って妹やいとこに着れそうなものは譲って、残りはリサイクルショップにごっそり送ってしまいました。そして仕事用に新しい服を少し買いました。
ほんの少しずつなんだけど何かが変わっているような??今日この頃です。

今回の職場は私史上一番人がたくさんいます。ちなみに全員女性。
そして私と同じ職種の人は生年月日がばっちりわかる・・・もうこれは占い好きの血が騒ぐね!
さっそくこそこそメモして家で調べました。

するとなんと・・・

正社員準社員くらいの人が8人いて、宿命中殺を持つ人が3人、日座中殺が2人。
これは結構な確率だと思うのですが。
私にとっては居心地は悪くない、です。
やっぱり縁があるところには「神の見えざる手」を感じますね(経済じゃないですけど)!

そしてその中に一人、調舒星中心で生月中殺のMさん。
一番最初にあって挨拶した時の印象は「変わってるかも・・・」でした。他の方は「○○です、こちらこそよろしく」みたいなやりとりになるのにMさんはそっぽをむいて「よろしく・・・」だったので。
でも仕事はきっちりやるし、慣れてくると色々ぼそりぼそり話すようになったら、なんだか一番気が合うようです。
人見知りがきついだけなんですね。
最初Mさんを変人と思ったけどそういう私こそ特大の変人だったのを思い出しました。

そういえば高校生のころからずっと続いているような友達の誕生日を調べてみたら調舒と玉堂を持つ子がすごく多かったです。
玉堂はたぶん私の鳳閣と相剋関係+陰陽で惹かれるのかな?と推測。
調舒を持っている友達はやっぱりちょっと繊細で難しいところもあるんだけどそこがひっくり返って面白くて好きだったな~~
調舒星と宿命中殺は複雑さが似ている、みたいなことを以前言われた気がしますが類友で呼ぶのでしょうか・・・

偶然出会ったような気がするけど、実はだれかが仕組んでいるようでこの世はおもしろいです。道を選んできたような気がするけど実は決まっているのでしょうね。

占いは好きなので色々な方に見ていただくのですが、たまに「ものを書くのは向いてますよ!」などとおっしゃっていただくことがあります。

う~~ん(-_-;)そうかな…
私はあまり文を書くのはそんな好きではないし、当然上手ではありません。

占いをやっている方たちのブログをよく拝見しますけど、皆さん本当に素敵な文章を書かれています。ガラス細工のように繊細な表現だったり、ずばり斬新な切り口で物事を見つめていたり…
「こんな文章を書くなら私よりずっと年上の方に違いない」と思い込んでいたら全然年下の可愛らしい方だったり。

占いをやっている方たちの文章能力が高いのは、調舒星を持っている方が多いからじゃないかと思います。

私は同じ伝達の星である鳳閣星はムダに持っていますが調舒星は一つもない。だからあまり文が下手なのでありましょう~(/o\)
百歩譲って何か物の説明文や解説文とかならまだ書けると思うんだけどなあ~~

と、思ったところで気がつきました。
鋭い感受性を持ってピンポイントに伝達するのが調舒星、広く誰にでもわかりやすく伝達するのが鳳閣星なのです。説明文や解説文はとても鳳閣星っぽいものなのですね!

ああ、結局わたしゃムダに鳳閣星だったよ、と確認する結果となっただけの考察でした。ステキなブログまでの道のりは遠い…

占いを勉強してきて、「自分にはどんな仕事が合っているのか、どういう風に働けばうまくいくのか」を考えていました。この年にして…という気もしますが、まあ永遠のテーマですよね。


まずは算命学で。
中心星は勿論ながら大事なのは東の星。ここを生かすことが現実的満足に繋がるのですね。私は中心星は鳳閣星ですが東の星も鳳閣星です。何かを広く伝える仕事、正しく伝える仕事。
そして南の星は精神的満足に繋がります。精神的なので稼げるかどうかは??なのですが私はここも鳳閣星です。

私の場合は「向いていること」イコール「やりたいこと」、おまけに本質もイコールということになります。
どんだけしゃべりたいんだ自分…(-""-;)


そして忘れてはいけない宿命中殺。
宿命中殺がある人は現実社会でうまくまとめることができにくいとのこと。反対に終わりのない世界、たとえば芸術、芸能の世界や精神世界などでは自分を生かしやすい。
まあ現実的にはなにか特殊な技能や資格などで働いたほうがやっていきやすい気がします。

あとは私の命式では月支と日支が冲になります(ついでに言うと年と日で納音もある・・・)
この冲について「最初はうまくいくけど終わりがまとまらない、切られる」と説明を受けた時「そうだったのか!」と膝を打ちました。
私の人生ってなにか物事を始めると途中でぶつっと切れてしまうことの繰り返しだと思っていたからです。自分で切りたくなることもあるけど、多くは外からぶった切られて新しくやり直すの繰り返し(転勤で引っ越しなんかはこのまんまですね)。
だから「途中で終わることがおりこみ済みの仕事にすればいい」と言われ更に目からウロコでした!
たとえばプロジェクトごとに終わる仕事、期間が決まっている仕事などですね。そういえば前回の仕事はオープニングスタッフで店を立ち上げて落ち着いてから辞めたなあ・・・


まとめると
「人に何かを伝えたり、説明したりする(できたら特殊な)仕事を期間限定のようなちょっと変わった形態で働く」かな?

さらに続く・・・

↑このページのトップヘ