あんこの地球滞在記

占い師夏瀬杏子がウチュウジン的目線から日々の生活を綴ってます

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ Information *・゜゚・*:.。..。.:*・゜

ウラナイ・トナカイ(毎週火曜日)
3月28日(11:00~11:30予約済)11:30~16:30
4月4日11:00~16:30
4月11日11:00~16:30
4月18日11:00~16:30

カフェ鑑定(ご希望の前日までにご連絡ください)
3月25日(土)静岡県三島市、函南町周辺(場所は相談)13:00~16:00
4月1日(土)(14:15~15:30予約済)15:30~16:15 南阿佐ヶ谷近辺
4月8日(土)(14:15~15:30予約済)15:30~17:30 南阿佐ヶ谷近辺

スカイプ鑑定(ご希望の前日までご都合のいい日時をお知らせください)
3月31日(金)①10:00~ ②13:00~ ③22:00~
4月7日(金)①10:00~ ②13:00~ ③22:00~
4月14日(金)①10:00~ ②13:00~ ③22:00~

リマーナすず先生「エンジェルチャンス占星術」開催決定!!
2017年4月1日(土)13:30~16:00 (残席2 3/3)
http://annco.blog.jp/archives/1064393546.html

「算命学 十二大従星講座(全3回)」
2017年4月1日 8日 22日(土)11:00~13:00
http://annco.blog.jp/archives/1064617405.html(満席になりました 3/17)

「算命学基礎講座(全4回)」
2017年4月27日 5月11日 5月25日 6月8日(木)11:00~13:00
http://annco.blog.jp/archives/1064972667.html(残席7 3/15)

カテゴリ: 算命学

土日で伊豆の母の家に来ています。受験も終わったし長男も帰国したので子供3人連れて来ましたが、こんな大勢で来るのは1年ぶりくらいでしょうか。
夕べ着いたのですが、いつもは箱根を通る所を雪なので東名高速を使いました。 雪は多少舞っていましたが運転が困るほどではなかったのですが、御殿場辺りで吹雪に!道も周りも真っ白だしトラックはバンバン走っているし物凄く怖かったです。「なんとか無事に!!(雪が)やんで!やんで!」と叫びながら運転しました。
裾野くらいになると大分やんできてほっとしましたが、肩や背中が緊張でガチガチでした。
今日は東名・新東名は通行止めになっていました。立ち往生の車も10キロとか。・・・明日帰れるか不安。
   image
さて丁酉年も始まりました。
寅の月になって「木」の季節になっても先ほどの話のように雪がひどかったりでまだまだ寒いですね。
以前も書いたように私は「申」を2つ持っています。

 戊 庚 戊
 寅 申 申

今月は「壬寅」。申と寅は図のように180度正反対→対冲の関係です。
   BlogPaint
棒の両端を持って折るように、対冲は「壊れる」「突然終わる」という意味です。
もとに「申」を2つ持つ私には「寅」が来ると何かが壊れたり終わったりと変化が起きやすくなる、ってことですね。 2月は変化の月。ふーむ。
ということで今回は自分から「変化」を当ててみました。 
今月で本職を一旦辞めることにしました。 しばらくは占い一本でやっていきます。

いつか、と思っていましたが今の占いのお仕事の状況や自分の気持ち、体力などを考えて思い切って決めました。決めた自分でさえ「まさかここで」みたいな感じがあります。
まあでも今やれることをめいっぱいやっていこう!と思います。枠を外してドンドン動ける場所を広げていきたいです。

思えば数年前正社員を辞めた時も2月でしたよ・・・他にもあるなあ・・・対冲わかりやすい。

あと数回で今の仕事も終わり。長年やってきたことでもあるので複雑な想いもあります。
いつも引越す前や職場が変わるときは「何でも終わりが来るものだ。それがあらかじめわかるか知らないまま来るかどうかだけ」 とつぶやきます。
人は毎日小さく死んで毎日小さく生まれ直しているものなのでしょう。
私の対冲の実感です。 

2017年2月7日(火) ウラナイ・トナカイに座っています
   image
11:00~12:30  12:30~16:30 12:30以降はまるまる空いています
17:00からは芳華美々子先生です

予約・お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!→★ 
またはnatsuse33@@gmail.com(一つ@を抜いて)にお願いします

当日の予約はお店に直接お電話ください 03-3220-9477

鑑定メニューは
◎手相orタロットカード 10分1000円
◎易 5分1件500円 
◎総合鑑定(算命学を中心に手相、タロットも必要に応じて) 30分4000円 60分6000円 10分延長につき+1000円
◎イメージ画(質問ありでもなしでもOK!あなたから視えた絵を描きます) 15分~20分で1500円
(予約があれば10分程度)

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ *・゜゚・*:.。..。.:*・゜ *・゜゚・*:.。..。.:*・゜

土曜日は「十大主星講座」でした。
今回お休みの方が複数いたので(+1000円で補講しますぞ!)ちょっとこじんまりでと半分皆さんと話しながら色々説明しました。

玉堂星の話をしたのですが、玉堂星を説明するときは何故かいつもバケツの絵を描いてしまう私。上からぽつりぽつりと降ってくる水滴をじっくり溜めているイメージです。そして溜めたものをそのまま次の人のバケツに移してあげるのですね。
なので玉堂星は「茶道」、「華道」、「書道」など「道」が付く世界をつかさどる。師匠から教わったものを変えることなく今度は弟子にそのまま教えることが大事なのであります。
そこに自分のオリジナリティとか好みなどは一切加えてはいけない。「ここの花はちょん切った方が絶対かっこいい!」とか「濃茶は苦いから砂糖を入れよう」とかやっちゃダメ←龍高星はやりそう(笑)いや貫索石門や調舒だって思いそう・・・

ちなみに私もお茶を習っていたことがありますけど続けたモチベーションは「お菓子とお茶」でした。
これが鳳閣星クオリティだ!
色々面倒だと思うことだらけだったけどお濃茶は「ドロドロのくせにうまいなこれ!」と感動したし、私は和菓子より洋菓子派だけど生菓子は美味しかった(美しさを愛でるという観点はない)。

玉堂星の素晴らしいところは、知識でも、人から言われたことでも「素直に受け取る」というところですね。
(水剋火なので火だらけの私には耳が痛い・・・)
玉堂星をもつ周りの人を思い浮かべてもそれは間違いないと思う。

追記♥
この前トナカイでまつい先生と美々子先生とで話をした時「いけだ笑み先生の初級の本は素晴らしい!」という話になりました。
トナカイにもありますがいけだ笑み先生の「基本のき」というご本があるのですが、それには各星座や惑星の記号(♈や♉など)の書き方から載っています。

実は私はそれを初めて見たときは結構なショックで「あれって書き方とかあるんだ!上からでも下からでも好きに書けばいいと思ってた。いやそんなこと考えることなんて一度もなく今まで書いてたし!」
・・・まつい先生に「そもそもそういう人は勉強しに来ないから(笑)」と言われました。私のこの考えが龍高も玉堂もなく、中殺だらけの人の考えなのだな~と軽く反省。
 

今日は月が水瓶座で月回帰。
一日家でダラダラしていたので(家族もほとんどいなかった)思いっきり素のらりらり娘→が暴れていました。 

脈絡のないおかしな夢をいくつも見たりして(昏睡強盗に会って現金を取られたり、来た警官になぜか目を調べられたり、車をバックさせるのにぶつけたり・・・調べるとあまりいい夢じゃないものが多かった)時間感覚もなくなんだかどこにいるのかわからないような感じでした。

毎日ひたすら真面目に働いて生きているので(笑)たまにはあばずれらりらり娘を放牧させるのはいいと思う・・・
   DSCF0092
この前の「十大主星講座」の1回目の時のこと。

講座が終わった後に一人の参加者さんが
「自分はどうしていつもこういう風にしちゃうのか、っていうのが今日はすごくわかった。西洋占星術だとそれはあまりよくわからないんですよね」ということを話してくれました。

めっちゃわかる~~~!!

私も算命学を知ったころ、全く同じように思いましたですよ。思い出した感じ。
もちろん使う術は違えど、重要なポイントはかなり一致しますね。
でも算命学で見てもらった時、今まで感じていたけど何かわからなかった自分自身に対する違和感が言語化されたのです。そしてその部分は今まで知っていた西洋占星術ではあまりわからなかった部分。
カバーする部分がそれぞれちょっと違うのでしょうね。

ぐはー!算命学ってすっごいおもしろいじゃん?!ってなって勉強したんだっけ・・・

もっと算命語を(←こんな言葉は無いが) 広めててこうやってワクワクする人が増やしたい。
非力な私ですがもうちょっと色々頑張って、 面白そう、とか興味あるかも、って人を増やしていければいいなと思います。

とりあえずはブログを書く!(あ、何も変わっていないか・・・) 

前回中心の星と東の星が比和(同じ、または五行が同じ)の場合を書きましたがその続き。
   画像 244
Twitterでたまき先生がこんなツイートを。 
東の星は社会、わかりやすくいうとお客さんですね。
そのお客さんに「ねえねえ、このやり方はこれが当然だよね?」みたいに言ってしまう(しかもタメ口) イメージ。それで全然おっけー!な業種もあるでしょうが、周囲が凍り付いてしまう業種が日本では多いでしょう。

「剋す」と言うとやっつけられて嫌なもの、みたいなイメージもあるかもしれませんが「気を使う」ということ。なので中心と東の星の関係では相剋の方が有利です。

中心の星が東の星に剋されていると、お客さんにいつも気を使ってヘコヘコしていますが本来はそれが妥当な姿なので社会運がよいとなります。
そりゃいつもやられているのがデフォルトなら打たれ強いであろうよ。

反対に中心が東を剋すタイプはお客さんに強気に出る(なのでダメ出しできる仕事が向いてます)。
相生の場合だと・・・スムーズに相手に与えたり与えられたりできるのはラッキーだけど、なかなか社会運は鍛えられないということになる。そこはざんねん。

パターンは5種類、人それぞれだけどそのパターンに沿った働き方や自分の弱点を考えると仕事が楽になると思います。比和の私だとタメ口こそききませんがお客さんと対等になれる職業でしょうか、うーん。それ考えるとやはり特殊技能を持っていてよかったかも。

こんなふうに陽占の星の関係でも色々読めます。2/25に「陽占の読み方講座」→を開催しますがまだ参加者さん大募集中!
ご興味のある方はぜひどうぞ。自分のことや周りの人のことの理解がぐっと深まると思います。
お申し込み、お問い合わせはこちら→★★

今日はウラナイ・トナカイでした。
お越し下さった皆様ありがとうございました。

ゆうべスペインに留学していた長男が帰ってきました。
この前出掛けていった気がするのにもう帰って来た!半年ってすぐですね。久しぶりに家に5人いて人口密度が高いです。
今、私の横でスペイン人の友達とスカイプで会話しています。若者は覚えが早いのう・・・

スペインの話を昨日からあれこれ聞いているのですが、日本は結構占いが有名で(なんで??)みんな手相や易ができると思われているらしく、持てる限りの手相の知識をフル回転して語学学校の先生の手相を「生命線長いですね」とか言って観たらしいです(笑)
こんど手相を彼に教えてやろう。国際的なコミュニケーションに役立つよね。
   image
陽占の東の位置は現実のスタートの位置です。
人が成長して社会できちんと暮らしていくには東の星をまずはしっかりやること。 
長男は鳳閣星。表現すること、伝えること、楽しむことが大事。それも自由に。
このタイプの子供にプレッシャーを与えて勉強させたり、遊びを禁止したりすることは百害あって一利なし。遊びの中から将来の夢の種を見つけます。
(やきもきするお母さんもいるかもしれませんが・・・)

長男は中心も鳳閣星。中心と東が同じ(比和)のタイプです。
比和だと自分の本質とやるべきことが一致するので本人の中で齟齬が無くて楽な部分はあります。やるべきことを続けやすいです。
ただ、本来は東の星(社会)が中心(自分)を剋す形が正しい。社会は甘くねえんだよっ!!厳しく鍛えられて一人前なんだってことです。←こういう形を持つ人は本人の体感はハードだが社会運がいい
中心と東が同じ、ってことは「社会」=「自分」(同レベル)になりがち。それは間違い。

他人事のように書いたけど私もこの比和のタイプ。ナマイキになりがちなんだよね。気をつけねば・・・(-_-;)  

↑このページのトップヘ