~お家と占い行ったり来たり~ あんこの占い*虹架けるLOG

     東京&湘南で活動中の占い師夏瀬杏子のブログ  算命学・易・タロット     

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ Information *・゜゚・*:.。..。.:*・゜

7月26日(木)10:30~13:00 三河の八雲あかね先生のオフィス
「陽占の読み方講座~自分を楽しく知ろう~」
http://annco.blog.jp/archives/1071661195.html(残席1 7/6)

7月28日(土)新宿 11:00~14:00
「十二支同士の関係(位相法)講座」
http://annco.blog.jp/archives/1071628781.html (残席3 6/18)

7月7日 21日 8月4日(土)トナカイノニカイ
叶乃香先生によるマルセイユタロット講座 満席

ウラナイ・トナカイ(東京メトロ丸の内線 南阿佐ヶ谷駅から徒歩1分)毎週火曜日
7月17日11:00~15:00(15:00~16:30予約済)
7月24日11:00~16:30
7月31日11:00~16:30

こはぜ珈琲店での鑑定(下北沢駅 北口から徒歩5分) 毎週金曜日
7月13日12:30~16:00
7月20日12:30~16:00
7月28日は申し訳ありませんがお休みします

カフェ鑑定(ご希望の前日までにご連絡ください)
coming soon

スカイプ鑑定(ご希望の前日までにご連絡ください)毎週金曜日&日曜日
7月15日(日)①22:00~
7月20日(金)①9:30~ ②22:00~
7月22日(日)①22:00~

カテゴリ: 算命学

今日は十大主星講座でした。
十大主星は「自分で自分がやっていることが腑に落ちる」という点が一番面白いです。どうしていつもこういう行動をついとってしまうんだろう、どうしていつも同じ葛藤を繰り返すのだろう、というのが外から説明がつくのは気持ちがいいものです。ああそうか!とスッキリします。
初心者の人はやっぱりこの道から算命学の山を登るのがいいんじゃないかな~
   Fotor_152855464411718
話の中で「西の星」の話がでました。
西の星はその人の配偶者の姿や、その人自身のプライベートでの姿とかでみます。実際にどうか、ではなくてその人の「心象風景」みたいなものだと思っています。

例えば私の西の星は「車騎星」なので、私の中では「行動的でバリバリ一途に働く人=夫」という心の中でのイメージがあるってこと。
あくまでも自分の脳内イメージなので、実際にそういう人と結婚するかとか、当然ですが車騎星の人と結婚するかどうかは全く別です(もちろんそういう人を好んで結婚するという可能性は高いとは思いますが)。

ちなみにうちの夫は車騎星を持っていないのでした。でもバリバリ働く人というのはあってるかな?

ということ「西の星別 あなたの脳内配偶者イメージ」を書いてみた。
女の人から見たバージョンですが・・・

貫索星・・・結婚してもひたすらマイペース(安定感はある)ちょっと「オレ様」な傾向あり
石門星・・・友人が多い社交家 お付き合いがいそがしくてあまり家にはいないかも
鳳閣星・・・のんびりゆったり、遊びや趣味などで人生をエンジョイするタイプ
調舒星・・・一人で過ごす時間が絶対必要な人。お互いの時間とスペースをそれぞれ確保だ!
禄存星・・・マメで面倒見がよく、頼られるとNOが言えない(色々な役とか引き受けそうだ・・・)
司禄星・・・マイホーム第一主義でお家大好き 記念日も忘れないよ(細かいともいう)
車騎星・・・思い込んだら一直線!(ちょっと単純・・・)朝から晩までせっせと働く人
牽牛星・・・どこから見てもきちんとした「出来る男」「ステータスのある男」
龍高星・・・亭主元気で留守がいいが最高 たまに会うくらいが丁度いい距離感の夫
玉堂星・・・物静かで理知的なインテリタイプ たまに繰り出す皮肉がけっこう鋭い

どうでしょう?イメージは近いですか?


あとで修正があり弟さんは中心星龍高星だったとのこと。そりゃ玉堂と似ますね。納得! ツイッターでのコメントを追記させてもらいました。

せっかくなので夫から見た西の星の話も。

司禄星中心の夫はシャイでわりとおとなしいタイプ(外ではね・・・)。大昔は、なんとなくおとなしくて可愛い、みたいなのがタイプなのかと「(そういう感じのタレント)好み?」と尋ねたこともあるのですが「好みじゃない」という。でも「こんなのが好み」とも言わないんです。司禄だよね。
その後二十数年かけて観察して(結婚してても話を聞いてるとわかるようなあ・笑)好みのタイプはわかった。
わりと華やかで、皆の中心にいるような明るいタイプが好きらしい。
彼の西の星は「禄存星」です。女王様タイプが好きなんですね!納得しました。

ちなみに私もやはり禄存は持っていません。まあでもおとなしいタイプではないですね。

明日は「十大主星講座」1回目行きまーす!
南阿佐ヶ谷で11時からですのでもしドタ参ご希望の方がいらっしゃったら(ギリギリ崖っぷちまで待つのが人生の基本です)気軽にご連絡下さい→場所の詳細をお伝えします。
いつもしつこくてすみません・・・
   Fotor_152846121398380
(写真は無関係ですが、この前家でちょっとめでたいことがあったので買って食べた堂島ロール)

今日はどうでもいい話。

うちの娘さんは中心星は鳳閣星なのですが、最近ず~~~~っと歌ってます。結構な朝から晩まで具合です。私も鳳閣星濃度が高いので全く別の歌を歌ってサラウンド効果をかもしていることもありますが、
「けっこううるさい・・・」と思う今日この頃です。
今まで私もうるさかったのかもしれないと過去を振り返ってしまうくらいうるさい。
奴の歌っている歌はボカロの曲がほとんどなので「文字数」が多いのが原因かもしれない。聴いていると頭の中が文字で塗り続されそうなんです。

鳳閣星と調舒星は日干から生じる干が他に存在すると出ます。
よく「自分の中から外へ出したい(勝手に湧き出る)ものがある」と説明します。
話したい、書きたい、描きたい、創りだしたい、歌いたい、踊りたい、人に何かしてあげたい(見返りはいらないよ)などの行動を無意識のうちにしていたりします。
例え学校や会社ではそれをしなくても、家ではみんな歌ったりくるくる踊っているものかと私はずーっと思ってたよ?どうも違うらしいよパトラッシュ。。。

もちろん出方は色々です!こういうわかりやすい行動に出ない人もおりますよ。
でも「好き」「楽しい」が生活のどこかに無いとしおれて来ちゃうのが鳳閣星調舒星の人達なんです。
(そう、好きは大事!それは私にもよーくわかるから、もうちょっと必要なことも先にやらない?宿題とか。と娘につい言ってしまう今日この頃です・・・youtubeとかボカロとかエンエン見てます・・・)

なんて話をきっと明日も講座でしています。

今日は雨でした。関東地方は梅雨入りしたそうで。

まずはお詫びを一つ。
今週金曜日8日の下北沢のこはぜ珈琲店さまでの鑑定はこちらの都合の関係でお休みします。
来週は行きます!(が、やはり金曜は用事があり前日木曜14日に行きます。不規則で申し訳ないです)

あと今週土曜日から「十大主星講座(全2回)」を行います。場所は南阿佐ヶ谷です。詳細は参加の皆さまにお伝えします。鳳閣星、車騎星などの十大主星は自分を知るのにとても便利なツールです。「自分らしさってナニ?」というのがわかりやすいです。
初心者様向けです。少人数ですので気軽にお問い合わせください→ この日はカフェ鑑定も可能!
    Fotor_152829635743127
このところ車騎星牽牛星を中心にお持ちの方に沢山お会いした気がします。鑑定でも講座でもプライベートでも続くので気持ちいい(?)です。

以前、やはり牽牛星中心のまつい先生が「責任を果たすのが好きな性分だから」というのを読んだか聞いたかしたことがあります。
私からすると「責任果たす」と「好き」という日本語は構造上くっつかないのでは?(笑)と思うくらいのありえなさなのですが・・・(-_-;) 
責任ってのは必要だったら「しょうがねえとるか」というのが残念ながら私です。

今回車騎星牽牛星の人達といろいろお話して「あ~~、本当に責任を取るってことが『好き』なのね」と再確認しました。

お子さんのいる方はお子さんに対してその姿勢がよく出ているなあと思います。
子供に自分の理想の道を行かせようとか、自分が昔やりたかった道に誘導する、なんてことはしませんが、
「なるべく子供にあうレールを早めに少しでも引いてやらねば」
「子供の夢を叶えるためにできるだけ協力してやらねば」
のように、子供に少しでもなんとかしてやらねば(親の責任!!)と思っている方が何て多いことか(それは子供が大人になって孫ができようが変わらないようです)。

子供が小さい時はある程度は必要ですが大きくなってもその責任はいらなくね???と思うこともしばしばあるのですが、「しなきゃ」じゃなく「したい」のね!好きなのね!と今回つくづく感じました。したいことはなかなか止められないねえ~(本人も周りも)。

重い荷物を持って、それが手がしびれるほど重くてもそのしびれが快感なのね・・・しびれを感じるくらいじゃないとやった気がしない。生きている実感がない。
そりゃ車騎星牽牛星の人にはハードな環境に飛び込むわけだし、合っていますよね。

ただ子供に対しては、子供の責任まで親が背負いたがってはいけない・・・と思います。
なるべく綺麗なレールを、と落ちている石ころまで拾いたがる傾向がある気がします。それは子供の成長を奪うこと。

車騎星牽牛星の皆さん、いくら好きでも「責任」は適正な質と量を見極めて背負いましょう。
(これは仕事でもそう)

明日はトナカイで「六十干支の基礎講座」を行います。
ご参加の皆さまには確認メールをお送りしました。届いていないよ!という方はお知らせください。

そしてあと1席ご用意できます。ドタ参加大歓迎です。明日は資料を多めに持って出ますので開始までにご一報&あとは直接トナカイに来てくださればモウマンタイです。
どうぞよろしくお願いします。
   Fotor_152730766265990
昨日のトナカイのお店日記「▲今年は山の年▲「戊」レディース壮観!」(by天海玉紀先生)は面白かったですね!!

文中にもありますが私は「山」の人です。山ガールとは似て非なるもの。
占いにはその人が生まれた「年干支」、生まれた「月干支」そして生まれた「日干支」が必要です。私は生まれた日干支が「戊寅」の日ですが、この2文字の上「戊」が「日干(にっかん)」といって、その人のパーソナリティーを表す上で大変重要です。よく講座や鑑定で「自分」と私は説明してしまうのですがそれがこの「日干」です。
日干は大事!!です。すべてはここが起点です。

そして「戊」は自然界などにあるもので表すと「山」です。
どっしりと落ち着いて安定感のある存在。おおらかで来るものは拒まず去る者は追わずという懐の広さがあるのが「山」です。

その山がどんな山?というのは季節によって全然違います。
そう、この「季節感」もまた大変重要です。
今まで固く凍っていた土や木の芽が緩んで青葉が茂る「春の山」、「夏の山」は青々として登山のトップシーズンですね。紅葉や木の実、きのこなどで賑やかな「秋の山」、一見雪に覆われて近寄りがたい「冬の山」ですが中身は次の春に向けて滋養をその内に隠し持ちます。

私の生まれた月は「庚申」、9月の始めなのでまだまだ日中の体感は暑いのですが、申は秋です。立秋を過ぎて葉っぱを切り落とす「金」の陽気は確実に来ています。

ということで基本的に私は「秋の山」の人生を展開すべく生きております。
「金」が多い私は土生金となって、色々なものを生み出す山です。紅葉をみせたり、木の実をつけたりで沢山の人に来てもらい楽しませる山。

(ということで目指せ「高尾山!!」)


・・・とまあここまでは行かないと思いますが、この基礎となるようなことを明日は沢山お話しようかと思います。
あと1席。ご興味のある方は気軽にどうぞ→長めですが途中休憩もあります。

明日5月25日は下北沢のこはぜ珈琲店さまで鑑定しています。

12:30~16:00
今の所はご予約はありません。何か気になることがありましたらお気軽にどうぞ。

下北沢駅北口から歩いて約5分。美味しくてリーズナブルなコーヒーを楽しめます。占いと両方楽しんでくださいませ。
もし「内緒の話をしたい」「周りが気になる」という方は遠慮なくご相談ください。移動も可能なのでお任せいただければと思います。

予約・お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!→★  ツイッターDM、リプライでもOK→
またはnatsuse33@@gmail.com(一つ@を抜いて)にお願いします


○●○●○鑑定メニュー○●○●○
◎手相orタロットカード 10分1000円
◎易 1件7~8分 1000円
◎総合鑑定(算命学を中心に手相、タロット、易も必要に応じて) 30分4000円 60分6000円 10分延長につき+1000円
◎イメージ画(質問ありでもなしでもOK!あなたから視えた絵を描きます)15分~20分 3
000円(予約があれば10分程度)
  Fotor_15260100768236
すっかり夏っぽくなりましたね。こはぜさんのコーヒーフロートが美味しい♡
ちょっと前は気候も丁度良くて外席でお客様を待ってましたが、あっという間に何時間もいるのはつらい季節となりました。多分中にいると思いますので、お店に来られたら先に中を確認してお声をかけてください。

このまえ暁さんがこはぜ珈琲店さまに鑑定に来てくださったのを記事にしてくれました。ありがとうございました。
ほしよみ練習帳「こはぜ珈琲に行ってきました!」

暁さんも書いていますが、たまに迷う方がいらっしゃいます。下北沢は何しろあっちもこっちも賑やかで。一回説明をつけようとも思ったのですが下北沢駅と周辺はずっと工事中で変更も多くて延び延びになってます。すみません(><) 辺りがもう少し落ち着いたら写真入りの説明を付けますね。

とりあえず現状ではまず下北沢北口を出て右へ!道なりに歩くと(右側は工事中です)「SHIMOKITAZAWA 一番街」というゲートがあるのでそれをくぐってそのまま歩くと右側にあります。ゲートから2分かからないくらい。
駅から近いのでどうぞ気軽に足をお運びくださると嬉しいです。

* * *

ぼーっとしていましたが来月は午月は午月でも「戊午」月なんですね!
「戊戌」の年、「戊午」の月で大半会です。何かいろいろなことがグンと動くかもしれません。
そして以前も書きましたけど→寅がそろうと「寅ー午ー戌」の三合火局です。この前の記事は寅の方位で吉方位をとる話ですが、命式に「寅」をもともと持っている「寅」関係者の皆さまもこの三合火局の影響を受けるでしょう。
年に「寅」があればお仕事関係や人付き合いなどの面で
月に「寅」があれば自分の今置かれている立場や状況で
日に「寅」があればプライベート面で、物事の結果において
ぐっと拡大したり、一気に歯車が回るようなことがあるかもしれません。

特に「戊寅」を持つ人は全部大半会になります。
大半会は良くも悪くも大きく働きます。
私は日干支が戊寅なのでまさに当事者なのです。
大半会はタロットの運命の輪ではないですが、状況が勝手に回り始めたら止まらない、止められないようなところがあります。
自分の意志と別のところでずんずん動いてしまうので難しいかもしれませんが、戊寅仲間におかれましては「いい時ほど注意する」ことが必要かもしれません。


来月はさてどうでるか。私は自分を研究です♡
どんな結果がでるのかお楽しみに。もちろん何もないかもしれませんが。

↑このページのトップヘ