あんこの地球滞在記

占い師夏瀬杏子がウチュウジン的目線から日々の生活を綴ってます

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ Information *・゜゚・*:.。..。.:*・゜

ウラナイ・トナカイ(毎週火曜日)
2月28日11:00~16:30
3月7日11:00~16:30
3月14日11:00~16:30
3月21日11:00~16:30


カフェ鑑定(ご希望の2日前までにご連絡ください)
coming soon

「まるごと食洞@吉祥寺」
2017年3月19日(日)11:00~16:00に出演します 易をやります♪
http://annco.blog.jp/archives/1064462004.html

リマーナすず先生「エンジェルチャンス占星術」開催決定!!
2017年4月1日(土)13:30~16:00 (残席3 2/22)
http://annco.blog.jp/archives/1064393546.html

カテゴリ: 算命学

2017年2月21日(火)ウラナイ・トナカイに座っています
   image
11:00~16:30 今の所ご予約はありませんのでいつでもどうぞ。
17:00からは芳華美々子先生です

予約・お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!→★ 
またはnatsuse33@@gmail.com(一つ@を抜いて)にお願いします

当日の予約はお店に直接お電話ください 03-3220-9477

鑑定メニューは
◎手相orタロットカード 10分1000円
◎易 5分1件500円 
◎総合鑑定(算命学を中心に手相、タロット、易も必要に応じて) 30分4000円 60分6000円 10分延長につき+1000円
◎イメージ画(質問ありでもなしでもOK!あなたから視えた絵を描きます) 15分~20分で1500円
(予約があれば10分程度)

.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆

まずは業務連絡。
4/1のリマーナすず先生の「エンジェルチャンス占星術」 講座ですが3名様の申し込みをいただきましたので開催決定しました。残席5です。
まだまだ参加者さん大募集中です。申し込み、問い合わせは私にお願いします→

あとは易の料金の改定のお知らせです。
年末のイベントの料金でそのままやっていましたが、1件1000円(7~8分)に春分の日(3月20日)から変更します。吉凶だけでなく色々な面がわかる易をどうぞお試しください。
総合鑑定では算命学を中心に易やタロット、手相などを必要に応じて使いますので 色々知りたい方はこちらをお勧めします。

* * * 
土曜日は十大主星の全三回の講座の三回目でした。
ご参加の皆さまどうもありがとうございました!あとは現場検証がいちばん。ご自分の回りの方を見て10個の星の引き出しの中身を増やしていってください。

講座とは直接関係はないのですが、私は身近な人たちは禄存星・司禄星の人達が多いです。
正直げーーっと思うことも多々あれど(笑)、愛すべきところもてんこ盛りの人達です。

何しろ「愛し愛されて生きるのさ」というのが人生のテーマな人々なので人と関わらずにはいられない。それも濃淡はあれど一度かかわりあうと関係をキープするので(嫌だからあなたはこの先出禁ね!ということはしない。心の中は嫌でも一応あいさつくらいはする)、状況がこんがらがってきてもなんとかうまくまとめられないかと悶々と我慢してたりします。


 

学生の頃の話です。とりあえず、やっぱ悪いし、みたいに約束をOKしたのに最後の最後になってやっぱ無理!とちゃぶ台返しのようなことをしてしまう。傍からみるとおいっ!って感じです。
これは中殺(とくに司禄星中殺)があるとやりがちです。なんとか、なんとかとここまで事態をもってきたのに最後にひっくり返してしまう。気を付けて、といってもしょうがないかもしれませんが・・・

関係者も巻き込んで悩みが複合体となっている、お金が無くて生活も苦しい、もうどうしていいかわからないというのに「みんながそれほど傷つかずにうまくまとまる道が欲しい」とあがいてしまうのは禄存・司禄系の方の悩みだと思います。
ここまで来てそんな道はあるわけねーーーよ!!!この欲張り!と世界の離島で私は叫ぶのです。
事態が煮詰まっていればいるほど傷つかない人が出ないわけないだろ、です。

まずは金、身の安全を確保しろというのが優先順位(これは全く占いの話じゃないですが)。
なぜなら「貧すれば鈍する」なのです。まずは身の危険があれば安全なところへ、お金の面でなんとかできることがあればその手立てを。お金がないというのは間違いなく人の神経を痛める。金のことで殺人なんていうのはざらにある話(あっても無くてもだけど)。 お金があれば必ずしも幸せではないですが、お金がないのは不幸を招くと私は思ってます。
まずはペンタクルの世界を確保、その先に自分の気持ち、さらに他人の気持ちがあるのですが切り捨てるものは必ず出てきます。しょうがないのです。優先順位をつけることが大事。

「人の喜ぶ顔が見たい」という禄存司禄系の人達からするとつらいシチュエーションだと思います。
でも「手は2本しかない」のですよね。持ちきれない。 千手観音じゃないのです。
持ちきれないで最後はちゃぶ台返しをしてしまったということがないように、どうかたまに持っているものをチェックして欲しいと思います。 

立ちっぱなしで仕事をしている私。
もう大分慣れて銅像化(?)しているのか、背中や腰がバッキバキ・・・ひねってもひねられないというか、体が回らないというか。ストレッチをしばらくサボっていたので復活させないと。 
   image
職場は雑多な場所なので本当に色々な人が来て色々なやり取りをするんですが、だいたいのことはあまり気にしない私だけどたまにすごーく腹が立つタイプの人がいます。
それは「自分だけがよければいい人」です。詳細を書けないのが辛い所ですが「自分が得をするなら(金銭的でも時間的でも)自分以外の人が損をしてもまったく気にしない」のです。
例えるとモンスターペアレントみたいなものか・・・いやもっとヒドイのがいるんだけど書けない。
一言で言うと「道徳心がない」のです!!でもお客様は神様なの・・・

こんな大ゲサなことを言うのは私が車騎星を持っているからであろうか。
3つの鳳閣星にこてんぱんにされているけどいるんだ車騎星が。
車騎星・牽牛星を持っている人は「きちんと正しく・ルールや約束を守って」のようなことを本当に大事にします。
古い表現かもしれませんが「お天道様に恥ずかしくない」ということ。そんなもんどうでもよくね?みたいな人は本当に勘弁。まずは自分の心の中の神様(もちろん仏様でもなんでも)に問うてくれ!


ただ人それぞれ判断基準が違うので、それを周りに押し付けてしまうと違う問題が発生しますが・・・
車騎星・牽牛星のこの性質は本当に大事だと思う今日この頃です。 

遠回りして時間はかかりましたがなんとか無事に帰って来られました。
昨日今日と連休だったせいか伊豆は凄く混んでいました。噂によると河津桜祭りが始まったようなのでそのせいもあったかもしれません。げっそり。
   image
それでも今回は母と妹にゆっくり会ってきました。禄存司禄にまみれた2日間。
息子二人が来たのが嬉しくて朝ごはんに旅館の朝ごはんか!というくらい禄存星中心(中殺)の母はあれこれ種類を出して来るので、「もういい!もういい!こんな食べられない」とストップをかけるという。

妹とも色々話したのですが、「あれ?なんか最近この話よく聞くなあ・・・」と思った話題が一つ。
それは「子供が勉強してほしいのに全然しない」です。対象年齢は小6 ~中2くらい。
妹の所にも小6の男の子がいて春から中学なのですが 司禄星中心の妹は心配でしょうがないらしい。特に勉強。塾など色々悩んでいてタロットで見たりしたけど「う~~ん、あんまり本人のやる気が・・・ごにょごにょ」のような状況。

私も育てましたし周りの話もアレコレ聞きましたけど、「多くの子供は基本的に中学3年の2学期まで本気で勉強はしない(もちろん例外はある。環境にもよる。)」です。特に男子。
もちろん「中3の2学期になっても全然変わらない(涙)」という嘆きも聞いたことがあります。 
小学校高学年くらいまでは親の言うことをある程度は素直に聞いていたのが聞かない年頃になるんですね・・・

「やる気スイッチはどこにあるんだ」という話がありますが押せるのはどうやら本人だけで、それも切羽詰まらないと 押さないと思われる。それは陰転していた人が底まで落ちて切羽詰まって、どうしようもなくなってからやる気を出すくらいの崖っぷちレベル。

「もう手取り足取りできない年だから無理だよ。半目で見ておく!成績は本人の責任。」というと「え~~~~」と がっくりしていましたがしょうがない。だいたい甥は貫索星が強く小さいころから超マイペースで言うこと聞かないんだし。

禄存星司禄星のお母さんはつい関わり過ぎちゃう傾向あり。本当に半目で見るくらいで丁度いい。 
そういえば禄存星中心の私の母が「〇〇(長男)は今度は就職活動なのね。どうするの?」と聞くので「さあ、私は関係ないからわからない」と言ったら「あんたは何もしてあげないのね」みたいに言われた(笑)いや大学とかなら学費を出すのはこちらだから多少希望はあるけど、就職はもう全く関係ないから!
母と妹からすると私は超薄情な母です。いや、私から見ると二人が構いすぎだから!! 

土日で伊豆の母の家に来ています。受験も終わったし長男も帰国したので子供3人連れて来ましたが、こんな大勢で来るのは1年ぶりくらいでしょうか。
夕べ着いたのですが、いつもは箱根を通る所を雪なので東名高速を使いました。 雪は多少舞っていましたが運転が困るほどではなかったのですが、御殿場辺りで吹雪に!道も周りも真っ白だしトラックはバンバン走っているし物凄く怖かったです。「なんとか無事に!!(雪が)やんで!やんで!」と叫びながら運転しました。
裾野くらいになると大分やんできてほっとしましたが、肩や背中が緊張でガチガチでした。
今日は東名・新東名は通行止めになっていました。立ち往生の車も10キロとか。・・・明日帰れるか不安。
   image
さて丁酉年も始まりました。
寅の月になって「木」の季節になっても先ほどの話のように雪がひどかったりでまだまだ寒いですね。
以前も書いたように私は「申」を2つ持っています。

 戊 庚 戊
 寅 申 申

今月は「壬寅」。申と寅は図のように180度正反対→対冲の関係です。
   BlogPaint
棒の両端を持って折るように、対冲は「壊れる」「突然終わる」という意味です。
もとに「申」を2つ持つ私には「寅」が来ると何かが壊れたり終わったりと変化が起きやすくなる、ってことですね。 2月は変化の月。ふーむ。
ということで今回は自分から「変化」を当ててみました。 
今月で本職を一旦辞めることにしました。 しばらくは占い一本でやっていきます。

いつか、と思っていましたが今の占いのお仕事の状況や自分の気持ち、体力などを考えて思い切って決めました。決めた自分でさえ「まさかここで」みたいな感じがあります。
まあでも今やれることをめいっぱいやっていこう!と思います。枠を外してドンドン動ける場所を広げていきたいです。

思えば数年前正社員を辞めた時も2月でしたよ・・・他にもあるなあ・・・対冲わかりやすい。

あと数回で今の仕事も終わり。長年やってきたことでもあるので複雑な想いもあります。
いつも引越す前や職場が変わるときは「何でも終わりが来るものだ。それがあらかじめわかるか知らないまま来るかどうかだけ」 とつぶやきます。
人は毎日小さく死んで毎日小さく生まれ直しているものなのでしょう。
私の対冲の実感です。 

2017年2月7日(火) ウラナイ・トナカイに座っています
   image
11:00~12:30  12:30~16:30 12:30以降はまるまる空いています
17:00からは芳華美々子先生です

予約・お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!→★ 
またはnatsuse33@@gmail.com(一つ@を抜いて)にお願いします

当日の予約はお店に直接お電話ください 03-3220-9477

鑑定メニューは
◎手相orタロットカード 10分1000円
◎易 5分1件500円 
◎総合鑑定(算命学を中心に手相、タロットも必要に応じて) 30分4000円 60分6000円 10分延長につき+1000円
◎イメージ画(質問ありでもなしでもOK!あなたから視えた絵を描きます) 15分~20分で1500円
(予約があれば10分程度)

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ *・゜゚・*:.。..。.:*・゜ *・゜゚・*:.。..。.:*・゜

土曜日は「十大主星講座」でした。
今回お休みの方が複数いたので(+1000円で補講しますぞ!)ちょっとこじんまりでと半分皆さんと話しながら色々説明しました。

玉堂星の話をしたのですが、玉堂星を説明するときは何故かいつもバケツの絵を描いてしまう私。上からぽつりぽつりと降ってくる水滴をじっくり溜めているイメージです。そして溜めたものをそのまま次の人のバケツに移してあげるのですね。
なので玉堂星は「茶道」、「華道」、「書道」など「道」が付く世界をつかさどる。師匠から教わったものを変えることなく今度は弟子にそのまま教えることが大事なのであります。
そこに自分のオリジナリティとか好みなどは一切加えてはいけない。「ここの花はちょん切った方が絶対かっこいい!」とか「濃茶は苦いから砂糖を入れよう」とかやっちゃダメ←龍高星はやりそう(笑)いや貫索石門や調舒だって思いそう・・・

ちなみに私もお茶を習っていたことがありますけど続けたモチベーションは「お菓子とお茶」でした。
これが鳳閣星クオリティだ!
色々面倒だと思うことだらけだったけどお濃茶は「ドロドロのくせにうまいなこれ!」と感動したし、私は和菓子より洋菓子派だけど生菓子は美味しかった(美しさを愛でるという観点はない)。

玉堂星の素晴らしいところは、知識でも、人から言われたことでも「素直に受け取る」というところですね。
(水剋火なので火だらけの私には耳が痛い・・・)
玉堂星をもつ周りの人を思い浮かべてもそれは間違いないと思う。

追記♥
この前トナカイでまつい先生と美々子先生とで話をした時「いけだ笑み先生の初級の本は素晴らしい!」という話になりました。
トナカイにもありますがいけだ笑み先生の「基本のき」というご本があるのですが、それには各星座や惑星の記号(♈や♉など)の書き方から載っています。

実は私はそれを初めて見たときは結構なショックで「あれって書き方とかあるんだ!上からでも下からでも好きに書けばいいと思ってた。いやそんなこと考えることなんて一度もなく今まで書いてたし!」
・・・まつい先生に「そもそもそういう人は勉強しに来ないから(笑)」と言われました。私のこの考えが龍高も玉堂もなく、中殺だらけの人の考えなのだな~と軽く反省。
 

↑このページのトップヘ