~お家と占い行ったり来たり~ あんこの占い*虹架けるLOG

     東京&湘南で活動中の占い師夏瀬杏子のブログ  算命学・易・タロット     

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ Information *・゜゚・*:.。..。.:*・゜

ウラナイ・トナカイ(東京メトロ丸の内線 南阿佐ヶ谷駅から徒歩1分)毎週火曜日
9月26日 (11:00~12:30予約済)12:30~16:30
10月3日11:00~16:30
10月10日(11:00~11:30予約済)11:30~16:30

こはぜ珈琲店での鑑定(下北沢駅 北口から徒歩5分) 毎週金曜日
9月29日(金)12:30~16:00
10月6日(金)12:30~16:00

カフェ鑑定(ご希望の前日までにご連絡ください)
9月30日(土)14:30~18:00 南阿佐ヶ谷駅または新宿駅近辺

スカイプ鑑定(ご希望の前日までご都合のいい日時をお知らせください
9月29日(金)①9:30~ ②22:00~
10月6日(金)①9:30~ ②22:00~

「十二支同士の関係」講座
2017年9月30日(土)11:00~13:00 トナカイノニカイ(残席2 9/26)
http://annco.blog.jp/archives/1067578794.html

算命学 十二大従星講座(全2日)
2017年10月12日(木) 10月19日(木)両日とも10:30~13:30 新宿
http://annco.blog.jp/archives/1067730285.html (残席4 9/16)

カテゴリ: 雑談

ちょっと前の話ですが連休が終わりました。連休は長男が3~4日間ですが帰って来ていたのでつい母鳥化してピヨピヨひな鳥にエサをやっていました。馬鹿母だ!


な~~んかスランプです。全然物事がはかどらない。思考がダンゴ状になってやる気が出ない。何でだろう…と思っていたらトランシットの土星が私のアセンダント近くに逆行してきて、ネイタルの月と火星にTスクエアをとっています。
これでは脳内ダンゴになっても仕方がない…ということで大人しくしています。


このように動きの悪い頭ですが、最近「仕事」についてよく考えています。
もちろんお金を稼ぐというのが第一の目的!ですがそれだけではないですよね。

以前関西から転勤で引っ越して来たときになかなか新しい土地に切り替えができず、ずっとメソメソしていた時がありました。軽い引越ウツみたいなものだったのだろうと思います。
そんなときある人に「仕事を始めなさい!」と強く勧められました。関西では二人の子供が小さくずっと専業主婦だったし、新しい土地でも下の子は幼稚園に入れたので「できるかな…」と不安も大きかったですが、思い立ったが吉日!
次の日にはハローワークに行ってパートを決めてしまいました。
(今思えばかなり無謀。何も調べず一つめの所に決めた)

久しぶりの仕事でしたが、行き当たりばったりに決めた職場はいいところですぐに慣れ、引越ウツモドキはあっという間に解消しました。
「やっぱり仕事っていいな~~楽しい!」と実感しました。申酉天中殺だしねっ♪

でも長くやっていると当たり前だけと楽しい時期ばかりじゃ全然ない。仕事本来のトラブルはもちろん、女の人がかなり多い職場なので人間関係が難しかったり…実際「もう仕事、嫌~~!」ってなって今に至るし(T_T)昔はあんなに楽しく働けたのにって思ったりして。


でもやっぱり仕事には「お金を稼ぐと割りきってやる」のではなく「楽しさ」も大事…と最近考えてます。「楽しさ」というと言葉が軽いですが、言い換えると「愛」みたいな感じでしょうか?
嫌になるときがあってもやっぱりこの仕事選んじゃうんだよね、みたいな。

あ~~っなんだかうまくまとまりません。仕事の話、続きます。

週末を利用して子供を連れて母のところへ行ってきました。

小夏が「アナと雪の女王」を見たい見たいとずっと言っていたのですが家族の誰も興味がなくて連れて行くのをどうしようと思っていたところ、私の妹の子供たちも見たいと言うので土曜日に一緒に連れていってもらいました。
(実は私ディズニー映画を一つもみたことがありません)

とてもおもしろかったようでしょっちゅう「ありの~~ままの~~♪」といとこと歌いまくってました。
ちなみにネット予約していったのにシステムエラーできちんと取れていなくて、お詫びにとタダで見られました。

ところで母の家では猫を一匹飼っています。名前はタク、もうかなりのじいちゃんです。
とても人懐っこく子供たちが触ってきても全然平気な猫です。

fc2_2014-04-27_00-27-10-432.jpg

母@禄存星は猫が好きでずっと飼っています。もっと若い頃は家猫はもちろん不特定多数のノラ猫たちにも愛を降り注いでいました。その中にタクがいて、どうやら首輪をしていて迷い猫のようだったのですが、母に家猫にして、家猫にして~~~!!とものすごいアタックをしてきたそうです。そのかいあってめでたく家にあげてもらいました。

何匹か飼っていた猫ももうタク一匹のみ。もう母もそれほど若くないので最後の猫にするそうです。
かなりのじいちゃんなのにちょっと前に他の猫とケンカしてかまれてそこが化膿してしまいました。その時に一気に弱ってしまって全然ご飯を食べすフラフラでほとんど眠っているようになり、もうさすがにダメかと思いましたが母の献身的な世話で死の淵から戻ってきたようです。でも今回見たらものすごくやせてしまっていました・・・田舎なので自由に家を出入りする猫ですがもうほとんど家にいるようです。
子供たちもタクが大好き!次男はよく「タク可愛いな~~国宝に指定すべきだ」と言ってました。私はそれほど動物好きではないほうですが思春期の子供には動物は本当にいいですね。


タクは調子が良くなったとはいえもうそれほど長くはないでしょう。寂しいけどこればかりはしょうがない…もう他の猫がいないのて今回ばかりはちと母が心配です。


母は園芸も好き。半分畑のような庭で花たちにも愛を注ぐ~♪

fc2_2014-04-27_09-04-38-357.jpg

ボタンが咲いていました。私は子供の頃は三世代で住んでいましたがおばあちゃんが好きで庭に植えていたのを思い出します(*^^*)

ただいま長男の引っ越し中です。

娘は実家の母と妹に数日お願いして、長男と二人で一昨日の夜現地に入り、昨日引越し屋さんが荷物を持ってきたので荷ほどきしたりあれこれ買いに回っています。
娘は年の近いいとこたちと朝から晩まで歌ったり踊ったり3DSをしたり外で飛び回ったりと狂ったように遊び倒しているようです(^^)

私はこの2~3日、ずっと長男と一緒に車に乗って用を済ませ、ご飯を食べに行き、夜は同じ部屋で一緒に眠るという近年まれにみることをしています。普段はもう一緒の部屋でなんて嫌がって寝たりしないもんね。
あ~~もうこんなことは本当に最後になるのでしょう。。。
とりあえずは子育てひと区切りか。

色々掃除用品を買ったのですが、トイレ掃除グッズを本人が片付けながら
「トイレもまめに掃除しなきゃな。俺わりと掃除好きだし」なんていうからお母さんビックリよ!
君が掃除好きなんて初耳です。
やっぱり自分の家、というものは違うんですね。


今日でだいぶ片付きました。明日もう少し家具などが届くのでそれが終わったら戻ります。
最後の蜜月(?)を楽しもうと思います。

長男の進学準備で毎日バタバタしています。
早くしないといい物件はタッチの差でなくなる!と身に染みているのでなるべく早めに、と手続きやら家探しやらで先週は3回も何百キロの日帰りドライブ・・・

いや~~もうどうしちゃったのってくらい疲れが取れませんね。
運転が何しろ辛い。運転は日頃からかなりしますが好きじゃない。自動運転の車が出たら買いたい。
何しろ私は事故運(?)がある・・・と思う。

閑話・・・私は火星と海王星のスクエアがあります。そのまま事故って訳じゃないけど集中力がなんか変な方向へいっちゃう→→危ない!でこれが犯人かと。人を巻き込む大きな事故を起こしたことはないのが救いですが、結構色々やってます。一番ひどいのは若い頃会社勤めの帰りに国道1号線でスリップして運転手席を下に横転したことσ(^_^;)シートベルトを締めていたので割れたガラスでのかすり傷ですみましたが・・・皆さん、必ずシートベルトはしましょう!

最近はかなり事故は減りました。長距離通勤がなくなったのと自分で自分がようやくわかったからだと思います。
自分を信じない!長距離を走るときは体力を考えながら休む!最後はご先祖様に拝む!
でももう目は疲れるし肩はバリバリだしヘトヘトですorz
3回目に行くときは夫も行くはずで、この日は運転は交代できるはずだったのに、この日に合わせて体調悪化させやがった(主観です)。結局私と息子だけで行くことに。夫というのはこういういざというときに本当に立たない・・・(あくまで主観です)


閑話休題。

長男は新しい生活に胸がいっぱい。期待がいっぱい。
それを見ていると私もワクワクします。自分の18才を、大学に入学が決まって新生活が始まるときのことを思い出します。
なんだかあのころは空気が水色に透き通っていた気がする。それをまた今同じように感じます。
子育ては自分の子供時代をもう一度生き直すこと、みたいな言葉がありますが本当にそうなのかもしれませんね。
あと逆に自分の親のほうにも気持ちが向いたりします。大変だったんだろうなとか。

本当にあっという間に時間は経っていきます。

私は引っ越し歴がわりと多いです。
結婚する前も多かったのに結婚した人も転勤がある人で、数えてみたら今住んでいるところは12か所めでした。

生まれは伊豆で中学3年の冬までは1つのところに住んでいました。
伊豆というと海を連想する方も多いかもしれませんが半島の真ん中あたりで海を目にする機会はあまりなかったです。
そこからあちこち動く人生(?)になり、最近は高台に住むことが多かったです。


今住んでいるところは海の近く、観光地も近くとても人気のあるところ。
都会ではないけれど今まで住んだなかでは一番都会♪
初めての海の近くの家で、しばらく暮らしてみたけど・・・あれ????

どうも山や田んぼが恋しくなるのです。
人はやはり住み慣れた土地の環境がいいと思うのかあ~~と思ったら
当時中学生や高校生の息子たちすら「そうそう!やっぱり山のほうが絶対いい!!」と言うのです。
どうもうちの家族は「海の民」ではなく「山の民」らしい。

人は小学生やせいぜい中学生くらいに「心の原風景」のようなものができるのか?(仮説)


私は生まれ育った土地に愛着とかあまりないと思っていましたが、「どんな風景が好きか」と考えると、
「稲がいっぱい実って金色に光っている田んぼ」
「山の向こうに夕日が沈むところ」とか、
中学の通学時に見た、「真っ青な空に真っ白な雪をかぶった富士山」とか、「梅雨の時期の田んぼの間の道にアマガエルが何百匹も車にひかれて張り付いているところ」とか(笑)・・・絶対に小学校中学校くらいの体験というか風景がもとになっている。

人は心がまだ柔らかい年頃に「クッキーの型」みたいなものを中に作るに違いない。
そして「心の原風景」は人それぞれ。


もう少し前なのですが住宅メーカーのCMで剛力彩芽さんが女子高生役で出ているのがあって
(彼女は正真正銘の全中殺ですね!わお~~)
そのCMで流れていたフレーズで

都会の空でも ふるさとだろ
すべてを懐かしく いつか思うだろう

というのがあって聞くたびに「そうなんだよな~~」と思っていました。
海の民も、山の民も、都会の民もみんな「心の原風景」があるんですね。

↑このページのトップヘ