~お家と占い行ったり来たり~ あんこの占い*虹架けるLOG

     東京&湘南で活動中の占い師夏瀬杏子のブログ  算命学・易・タロット     

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ Information *・゜゚・*:.。..。.:*・゜

ご訪問ありがとうございます

ブログ移転しました

ホームページ「あんこの虹色LOG」のうほうへどうぞ!!
https://natsuseannco.com/

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

2017年10月

2017年10月24日(火)ウラナイ・トナカイに座っています
申し訳ありません!本日体調不良でお休みすることになりました。また来週よろしくお願いいたします。
  Fotor_15087509418359
11:00~16:30 今の所予約は入っていません。
煮詰まった気持ちの整理に、これからの計画に、どうぞお越しください。

夜の部はいつものヨシノエリカ先生はお休みで、先日トナカイ卒業された山吹海帆先生がピンチヒッターでカムバック出演になります。こちらも是非お見逃しなく!!

予約・お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!→★ 
またはnatsuse33@@gmail.com(一つ@を抜いて)にお願いします

当日の予約はお店に直接お電話ください 03-3220-9477

鑑定メニュー
◎総合鑑定(算命学を中心に手相、タロット、易も必要に応じて) 30分4000円 60分6000円 10分延長につき+1000円
◎算命学家族鑑定(要予約)家族5人まで60分10000円 一人増えるごとに+1000円
◎手相orタロットカード 10分1000円
◎易 1件7~8分 1000円
◎イメージ画(質問ありでもなしでもOK!あなたから視えた絵を描きます)15分~20分 
2000円(予約があれば10分程度)
   
*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

昨日の記事→に禄存星中殺のしろさんが反応してくれました。


ありがとうございます・・・ううっ(涙)禄存司禄の方達は盛り上げ上手!
そしてこんなツイートも。


禄存星中心の方から見ると貫索星・石門星の人は「自分」をガッツリ持っててぶれないのでそうおもわれるのだろうなあ・・・

これは陽占の9マスですが、生月中殺だと赤い斜線の部分が、生年中殺だと緑の斜線の部分が中殺されます。ということは生月中殺は十大主星の中心と南の星、そして十二大従星の中年期の星が中殺されます。
  Fotor_150875839952018
中心星が「貫索星」で生月中殺なら「貫索星中殺」となる。

中殺されると、その星の意味がなくなるわけではありませんが、その性質が極端だったり、または正反対の方へ行こうとしたりしてストレートに出ません。ゆがんで出ます。
貫索星中殺・石門星中殺なら、基本マイペースで自分のスタイルを貫くはずが肝心なところでバランスをくずしたりひよったりします。

貫索星中殺だと本当は自分をしっかり持ってぶれない性質なのに(実際そうですが)いざというところで迷ったりする(ぱっと浮かぶ有名人は錦織圭、坂上忍など)。

石門星中殺だと、入ったり作ったりした集団が思っていたのと違うものになったり、ダメになったりします。集団の中で嫌な思いをしやすい(有名人は・・・安倍首相、安室奈美恵など)。


精神性の星と現実性の星で出方は違っていますが、どの星でも中殺の星を持っていると、自分で自分をうまく扱えないというか、難しい部分はあります。みんなブレブレです、ハイ。

いや、本人はいたって普通に頑張っているつもりなんですが、周りからすると「なにやっているんだ?」という感じでしょうか。空回りしているというのでしょうか。
私も人のことは多少は見えますが、自分のことになると変な所が全くわからないです(爆)残念。

昨日も書きましたが、そういう性質を長ーい目で、ゆるーい目で見てくれる環境が大事です。
そしてそれは自分で作っていくものです。
(住居や職場が変わることが多いので本当にそれは実感します。既にある人はそれを大事にするのだ)

ずっと雨ですが今度は台風が来てますね。風が強くなってきました。

ここ2~3日子供の習い事でバタバタ過ごしていましたが、今日は夫に一任して投票以外はずっと家にいました。寝た。コンコンとトロトロと寝ました。雨の日だからでしょうか?廃人と化しました。
最近変な夢をいっぱい見ます。田んぼを歩いていたら真っ黒なクマモンみたいなクマが何頭もあぜ道に寝てて逃げる夢とか、ゴキブリを手で一生懸命捕まえようとしていたらゴキブリが小鳥に変身して諦めて逃がしてやる夢とか。今日はタロットの夢を見ました。「15」という数と「悪魔」のカードが出てきた。最後に「悪魔」は投げつけられて消え去った夢。おかしな夢だけで非公開ブログでも作ろうかしら。
   Fotor_150867446538376
今日は宿命中殺の話。
いくつか「中殺」がつくのはありますが、日干支から出す「生来の天中殺」の地支と同じ地支が自分の年干支にあるのが「生年中殺」、自分の月干支にあるのが「生月中殺」です。
ex.(私の命式です)
 戊 庚 戊
 寅 申 申
(私の日干支「戊寅」から出る生来の天中殺は「申酉天中殺」。私の生まれ年「申」生まれ月「申」は両方天中殺(申or酉)にあたります。この場合「生年中殺」「生月中殺」両方もつ「二中殺」となります。)

生年中殺は「親」の位置の中殺、生月中殺は「自分の立場、家系」の位置の中殺です。

親の位置が中殺されている、ということは親との縁がないということです。親とうまくいかないならそれはラッキー。それが自然。

生月中殺は「家系の中殺」なので親+兄弟、配偶者、子供・・・etcと縁がない。ああそうですか、としか私からは言えませんが(-_-;)  
あと「立場」の中殺ということは、どうも自分の足場がグラグラする感じで「今いる社会」に溶け込みにくいという性質を持つということです。鑑定では「なんとなく浮きませんか?」みたいな話をします。

・・・という話を書こうと思ったのは昨日は久しぶりに子供の習い事の小さいイベントがあって何人ものお母さんたちと会ったからです。
ホントこういうところでは私所在なくて・・・なんとか合わせて乗り切っております。
同じ地面に足を付けてみんなで話していても、私の足だけは他の方達より5センチ上の見えない地面に立っているんじゃないの???って気がする。
ただ他の皆さんが「こういう人」とある程度ほっといてくれて(わかっているのか分かっていないのかは不明ですが)、必要なときは普通に声をかけてくれるのが本当に有難い。←こういう環境が本当に大事。



特に生月中殺を持つ人は既存の社会に溶け込みにくい性質があるので「自分に合った環境」で生きていくことがとても重要になります。私もずーっと探しています(笑)
なるべく自分のユニークさを活かせる、ユニークさを大事に思える場所。そこは一般的でなくても全く構わないはずです。
ただ「ごく普通の社会や地域などの集まり」との付き合いは無くなるものではないので、そういうところでいかに上手にすり抜けていくかというのも重要ですね。うまーーく「こういう人」ってわかってもらえるのが一番かなあと思ってます。

今日20日は下北沢のこはぜ珈琲店さまで鑑定しています。
12:30~16:00 今の所予約はありません。
下北沢駅北口から歩いて約5分。美味しくてリーズナブルなコーヒーを楽しめます。

○●○●○鑑定メニュー○●○●○
◎手相orタロットカード 10分1000円
◎易 1件7~8分 1000円
◎総合鑑定(算命学を中心に手相、タロット、易も必要に応じて) 30分4000円 60分6000円 10分延長につき+1000円
◎イメージ画(質問ありでもなしでもOK!あなたから視えた絵を描きます)15分~20分 
絵が4つのタイプは2000円(予約があれば10分程度)

お申し込み、お問い合わせはこちら→★
   Fotor_150846136061137
もう今日の午後になってしまいましたがこはぜ珈琲店さまでの鑑定dayです。ノンビリ作業しつつお待ちしておりますので何かモヤモヤしている方はお立ち寄りくださいね。雨もあがってきたかな?

昨日は2日間の「十二大従星講座」でした。少人数でしたのでねっちりみっちり、なおかつ楽しくやれました。どうもありがとうございました!
今度は平日に陽占(9マスの〇〇星、と書いてあるほう)の読み方の基礎についての講座をやろうと思っています。これがわかると初心者の方でもどの部分に注目すればいいのかわかるので自分や家族をみるのがぐっと楽しくなります。お楽しみに。

最初からきちんと学んでみたいという方は28日から全4回の「算命学基礎講座」がまだまだ参加者さん募集中です。来れない回は補講も可能なので、ご興味のある方はどうぞ前向きにご検討ください。

* * *

全く関係ありませんが、一昨日の夜、昨日の夜と子供の習い事に駆り出されてお疲れモードです(気分が!!)。夜の体育館で何時間も待つのはツライ。なにか楽しい気分を回復するものを見つけにさまよいたいなう。←古い
そういえば娘が少し前に「『なう』って英語なんだね、現代語かと思ってた~♪」と言いながら塾の宿題をやっていました。nowは現代日本ではnowじゃなくてなうになったんですね・・・

最近すっかり涼しく・・・を通り越して寒いくらいですね。もうエアコンの暖房を入れてしまいました。
みなさまいかがおすごしですか~?
今日は私のどうでもいい話ばかりなのでぜひ寄ってってください。

私はちょっと前はちょっと睡眠不足気味だったのですが、最近再び良く眠れるようになりました。フラワーエッセンス→のおかげ?(単に前は夏で寝にくかっただけという可能性が???)
でも就寝時間を早くするなど生活を見直したのも効いたと思います。

今の悩みは左肩がなんだか五十肩っぽい・・・BBAですね。すみません。
いや、腕は問題なく上に上がるのですが、上げにくい角度?方向?があってそれに当たると「あたたたた・・・」となる。
やっぱり体動かさないとダメなのね。人間痛くならないとわからないのね。と珍しく体動かしてます。

最近のもう一つのネタは新しいタロットを買ったこと。
大変珍しいのですが、ネットで見かけて「あ、これ欲しい」と思ったので思い切ってエイヤ!と買ってしまいました。めったにないです。
「私にとってどんなデッキになる?」と一枚引きしたら
   Fotor_150833411308693
「死神」でした。

よーし、再生のデッキだ!
と勝手に盛り上がり(何からの再生かは不明)、手なずけようとせっせとこのデッキを使って一人で盛り上がっております。鑑定もこちらでやってます。脳内で易がブームの時とタロットがブームの時があるのですが、今は完全にタロットブーム。

タロット楽しい。これは今度人と出掛ける場所を占ってます。
   Fotor_150833422252842
絵がロマンティックで綺麗。私は読みやすいです。

2017年10月17日(火)ウラナイ・トナカイに座っています
   Fotor_150815403558680
11:00~16:30 今のところまるっと空いてます
この日は少しは雨が止むかな?お悩みのある方は気持ちの整理に来てくださいね。

夜の部はヨシノエリカ先生の出演になります。

予約・お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!→★ 
またはnatsuse33@@gmail.com(一つ@を抜いて)にお願いします

当日の予約はお店に直接お電話ください 03-3220-9477

鑑定メニュー
◎総合鑑定(算命学を中心に手相、タロット、易も必要に応じて) 30分4000円 60分6000円 10分延長につき+1000円
◎算命学家族鑑定(要予約)家族5人まで60分10000円 一人増えるごとに+1000円
◎手相orタロットカード 10分1000円
◎易 1件7~8分 1000円
◎イメージ画(質問ありでもなしでもOK!あなたから視えた絵を描きます)15分~20分 
2000円(予約があれば10分程度)

.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆

なんだか急に冬になってしまったかのようなここ数日ですね。寒い!寒い!寒い~~!!
明日はトナカイに居ますのでタロットや易でも気軽に寄ってくださいませ。暖かくしておきます
 (o^-')b 

今月の28日からの算命学基礎講座(全4回)は残席3となりました。
まったくのゼロから算命学を学んでみませんか?この講座では陰陽五行から始めて暦を見て自分の命式を立てられるところまでやります。しくみがわかると「禄存星」「玉堂星」などの十大主星の意味が根っこからよくわかるようになりますよ~
お申し込み、お問い合わせはこちらからどうぞ→お待ちしております。

 * * *

久しぶりに娘ネタ。
以前は「ほめて、私をほめて~!」と東の禄存星をフルに発揮(?)していた娘ですが、最近は・・・
さらにパワーアップ。
何かの拍子に「すごいね」「頑張ったね」とほめると
「ほほほ、当然よ。もっとほめてよろしくてよ」とお蝶夫人のような返事が返ってきます。「(ほめ言葉は)いくらでも受け取れる」そうです。大変禄存み溢れる言葉です。なんかスゴイ。
(同じく禄存星中心の美々子先生も似たことを言ってたなあ・・・)
「えー、じゃあけなしたりしたらダメなの?『なんでできなかったの』とか」と聞くと「ダメ。ありえない」そうな。そうよね。
子供はみんなそうだと思いますが、特に禄存星司禄星の強い子は「親からの反応が大事」ですね。どんな反応でも無いよりはマシとは思うけど、やっぱり「ほめる」が効きます!どんどんおだてて木に登らせる方式です。


ちなみに車騎星牽牛星の強い子も「親からの反応が大事」ですが「ちょっと叱咤激励を混ぜる」が効きます(もちろんほめるのは前提!大事!大変がんばりやさんです)
なにくそみてろよ俺だってという根性方式が車騎星牽牛星には成り立ちます(←例えばこれは貫索星石門星の子には全く効かないです)


親の私は鳳閣星が強く「反応はあまりこだわらない」ので、娘を見ていると「えっ、そんなに反応って必要??」と思うこともあります。
ついほったらかしにしがちでなるべく目をかけてほめてやらねばと心がけないとと思ってます。
親と子の組み合わせで気を遣うところも違ってきますね。

↑このページのトップヘ