あんこの地球滞在記

     東京&湘南で活動中の占い師夏瀬杏子のブログ  算命学・易・タロット     

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ Information *・゜゚・*:.。..。.:*・゜

ウラナイ・トナカイ(東京メトロ丸の内線 南阿佐ヶ谷駅から徒歩1分)毎週火曜日
8月22日 11:00~16:30
8月29日 11:00~21:00 この日は一日トナカイにいます
9月5日 11:00~16:30

こはぜ珈琲店での鑑定(下北沢駅 北口から徒歩5分) 毎週金曜日
8月25日(金)12:30~16:00

カフェ鑑定(ご希望の前日までにご連絡ください)
8月26日(土)14:00~16:30 横浜または大船駅近辺

スカイプ鑑定(ご希望の前日までご都合のいい日時をお知らせください
8月25日(金)①9:30~ ②22:00~
9月1日(金)①9:30~ ②22:00~

2017年06月

明日は新宿でカフェ鑑定です。
12:30まではご予約を頂いておりますがその後は空いております。15:00くらいまではそのまま居るつもりなのでもし鑑定ご希望の方がいらっしゃったら気軽にお立ち寄りください。私のTwitterのDMまたは問い合わせフォームでお知らせくだされば確実です。
こちらのカフェにおります→
   image
小学校高学年~中学生くらいのお子さんのお母さんと話すと当たり前のように出てくる悩みが
「勉強をしない」件です。
特に男の子はかなりの確率です。お話を伺うと、しない子は「テスト前だろうとどんな成績が悪かろうと」全然しないようです。徹底しています。
中学生になったくらいだと自分が受験するということはどうやら「5億年くらいあとのこと」と思っているフシがあるし、実際「勉強しなきゃ」って本気で思うのは中学3年の夏休み前くらいのようです(9月に入ってからという強者もいる)。
お母さんたちからしたらそりゃあ気が気じゃないーーー!!!

というのはおいといて。

うちの妹が今日電話してきて「中1の息子があまりにも勉強しなくてテストが悪かったから塾を増やしたいから見て」と電話をしてきました。
聞くと確かに勉強してないんですけど、中学入ってすぐの試験はかなり良かったようなんです。今回もやはりほとんど勉強しなかったら社会の点がすごく悪かった、ということで夫婦そろって「勉強する習慣をつけろ!」と怒って塾を増やすという話になったらしい(本人は嫌々ながら承知したとのこと)。

うーーーーーーん・・・・

何しろ本人は何のやる気も危機感もないのです。そして「本気出せばこんなじゃない」とも思ってると思う。
塾増やしたって何の意味があるかどうか。
塾を今行っているところで増やすか、別の安い所を追加するか、と聞かれて易を立てたのですが、当然どちらとも悪い。機が熟してない、と出る。
行かせてもお金と時間と心配の無駄遣いであることは予想できます。

「もう放っておいて、本人が信じたくないような成績をとって『まずい、やらなきゃ』とならないと意味がないよ」といったのですが・・・

成績が一回落ちると受験が大変、内申書が心配、とりかえしがつかないし、とかで子供の歩く道の先をなんとかして整備したくてしょうがないのです。先回りしてつまずきそうな石は排除しておきたい。
子供があとで苦労しないように、という親心であることは私にもすごくわかります。
が、が、が~~~~!!!(彼女の心配はとまらない・・・)

夕方たまき先生の書いたトナカイのお店日記がシンクロしていてビックリ
「じぶんがいない」

「子供のことは何から何まで管理したいんです」とハッキリ言う人は少ない。
でもこの気持ちを「あとで苦労しないように」「心配だから」という綺麗な包装紙でくるんで実際に行っていることはありますね(対象は子供だけでは限らないです)。
強い言葉や暴力的な支配はもちろん困りますが、こういうふうに真綿のように囲ってきたり繊毛のような触手でからめられているのも問題が起きやすいと思います。。


ずっと管理していて、いつになったらそれを本人に明け渡すの?って思います。高校生?大学生?社会人?結婚したら?自分が死んだら?急に管理を明け渡されてそれができると思うの?自分が明日死ぬって考えたことはないの?おめでたいねって。


まあ妹の所ももう少し息子が大きくなって、本格的な反抗期になるとまた違うと思います。そうであることを願う。転んで立ち上がる力がないとあとでもっと困る。
(だいいちねーそんなアンタ勉強めいっぱいしなかったじゃん!って毎回妹に思うわ・・・)

明日は下北沢のこはぜ珈琲店さまに12:30~15:30ですわっています(すみません、明日は所用の為早く切り上げます)。
駅から徒歩5分です。おいしい珈琲を味わいがてら占いに来てくださいね。

○●○●○鑑定メニュー○●○●○
◎手相orタロットカード 10分1000円
◎易 1件7~8分 1000円
◎総合鑑定(算命学を中心に手相、タロット、易も必要に応じて) 30分4000円 60分6000円 10分延長につき+1000円
◎イメージ画(質問ありでもなしでもOK!あなたから視えた絵を描きます)15分~20分 絵が2つで1500円、
絵が4つのタイプは2000円(予約があれば10分程度)

お申し込み、お問い合わせはこちら→
またはnatsuse33@@gmail.com(一つ@を抜いて)にお願いします
   image
7月8日(土)の宿命中殺講座はまだお席があります。
鑑定で中殺のある方に「変人です!」「ちょっと集団から浮きますよね」という趣旨のことを申し上げるとほとんどの方が「あ~・・・わかります」「ずっとそうでした」のようにお答えになります。
とくに学校やかっちりした組織の中では苦労される方も多いです。私も今思うと思いっきり浮いてました。当時はあまり気づかなくて(今思うと赤面です)・・・自分のことをきちんと把握しにくいのも中殺の人の特徴じゃなかろうか。
講座では中殺の人の特徴などを涙ながらに(笑)語ろうと思います!もちろんできる限りのアドバイスも。

お申し込み、お問い合わせはこちら→

*~*~*~*~*

仕事以外のときは家にいることが多いです。最近はずっと講座の準備をしているかも。あとは家事。
前からテレビが壊れた壊れた言ってますがまだそのままです。見ていると途中でプツッと切れてしまいます('A`) もう再度つけるのがおっくうなためつけてない。ネットも最小限にして静かに暮らしています。娘が帰るともう数倍うるさいので丁度いいのです。

今年は「玉堂星」の年というのが最近実感するようになりました。もっと講座などに出歩いて勉強するかな、と思ってたらそんなこと一切していなくて、昔のノートや講座でもらったプリントなどをひっくり返したり本を読み返したりでもう一回インプットし直している気がします。

基本つまんない人なんです・・・困ったな・・・HAHAHA

maru先生のインド占星術でも言われたのですが、基本孤独好きです。というか孤独に強いです。
maru先生のこの記事「[三河鑑定レポ]凶星が効いてマニアックでぼっち力が高い!?元気な自営マダムたち♪」の3番ですな。(ちなみに1,4もそうらしいが私にはよくわからんぬ)

そうじゃないとこんなにあちこち引越して職場も変えていくようなことはできぬ。どこに行っても一人で平気です。上の「宿命中殺講座」の宣伝の話じゃないですけど「浮く」のに慣れているということもあります。
もちろん人間なので不安なときももちろんあるが!!!派遣先が変わるたびに初日は心臓が絞られそうでしたよ。

もちろん人と会ってワイワイおしゃべりが大好きで口八丁手八丁な自分、もわかります。人はブリリアントカットのように多くの面を持っているものでそれが葛藤を生むこともあります。でも相反する自分があっても全然変じゃないですね。統合してます。

たぶんねー、孤独あんこ7で賑やかあんこ3くらいかな?
なぜか酒豪のイメージを持たれやすいのですが実はほとんど飲めない私。実は酔うと黙り込みます。こっちのほうが優勢みたいです
(^_^;)

以前ツイッターで「自営は孤独に強くないとダメ」って誰か言ってた気がする・・・が見つけられなかった。 ツイッターの大海の底で沈んでいるのを発見!サルベージしました。
治療院の話だそうですが他の面のも通じると思います。
孤独もいい面もある。うん。

算命学初心者さん向けの仕事運について読む講座をやります。個別ミニリーディングつき!
   image
「初めての算命学 働き方講座①」

 ◎日時: 8月5日(土)10:30~12:30
 ◎場所: トナカイノニカイ(南阿佐ヶ谷ウラナイ・トナカイ2F) 新宿のカフェでやります
 ◎受講料: 5000円
 ◎定員: 5名 (残席3 8/4)

お申し込み、お問い合わせはこちらへ→

算命学が全く初めてでも大丈夫!初心者さん向けの講座です。
テーマは「仕事運」。算命学は「あるものはある、ないものはない」という風に自分の現実的に使える資質を見るのには大変優れている占術です。
自分にはどんな仕事が向いている?どんな仕事を選ぶとお金になりやすい?ということが分かる基本のポイントを説明していきます。

説明の後は参加者様全員に約10分間の公開個別のリーディングつき!お一人ずつの命式を取り上げて仕事運についてアドバイスします(公開になりますのでその点ご注意下さい)
真夏で部屋が暑いこともありそ定員を少なめに設定しました。
そのため参加者様に参加条件を設定させていただきます。
今回は「パートやアルバイトで働いている方・ご主人の扶養範囲内で働いている方(またはその予定・希望)」です。

ご自分のライフバランスやご家庭の都合に合わせてフルではなく働いている方も多いと思います。私も一時期扶養内で働いていました。今回はそういう方を対象に行います。
フルタイムで働いている方(または予定・希望)にはまた後日土曜の夜にでも開催しようと考えております。(自営の方はまた別の機会に!)

自分にベストな働き方を考えるきっかけにしてみませんか?
算命学に興味がある方、自分の適性について知りたい方のご参加をお待ちしております!

2017年6月27日(火)ウラナイ・トナカイに座っています
   image
11:00~16:30 のんびり何か作業していますので気軽にお越しください。勿論ご予約も大歓迎。
17:00からは芳華美々子先生です

予約・お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!→★ 
またはnatsuse33@@gmail.com(一つ@を抜いて)にお願いします

当日の予約はお店に直接お電話ください 03-3220-9477

鑑定メニューは
◎手相orタロットカード 10分1000円
◎易 1件7~8分 1000円
◎総合鑑定(算命学を中心に手相、タロット、易も必要に応じて) 30分4000円 60分6000円 10分延長につき+1000円
◎イメージ画(質問ありでもなしでもOK!あなたから視えた絵を描きます)15分~20分 絵が2つで1500円、
絵が4つのタイプは2000円(予約があれば10分程度)

☆★☆★☆★☆★ ☆★☆★☆★☆★ ☆★☆★☆★☆★

まずは宣伝!
7/8の「宿命中殺講座」はまだまだ参加者さん大募集中!→
生月中殺、二中殺、互換中殺など色々なパターンを説明した後は「いったいどうやったらうまく扱えるのか(笑)」ということをやっていきます。中殺持ちのかた、ご家族ご友人に持っているかたどちらも大歓迎!実感をお話してくださると嬉しいです。


昨日に引き続き、今度は妹の話。
「占ってよー」というので今回はPC持参していたため西洋占星術で見ました。

仕事先は数年ぶりに変えた妹ですが、ホロスコープを見るとしばらくは何かにがっちりホールドされて、思い通りにぐいぐい行けるという感じはしないのです。

実際、妹は子供が二人いて、中1と小5でもう大分大きくなりましたが、住んでいるところがかなり田舎で交通の便が悪い。小学校はまだ子どもが自力で行けるけど、中学高校だとある程度町の近くまで親が送り迎えをしないとやっていけないのです。当然塾や習い事も。
「子供が自分で免許を取るまでは親はずっと送迎」になりますがそれはかなり大変。
都会や地方都市くらいだと考えられないけど、過疎が進んでいるようなところはこうなんですね。以前一緒に働いていた人がやはり僻地の人で、子供はみんな中学生になったら家を出て町に住むって言ってたな~

同じ敷地に住んでいるダンナの親も大分高齢になってきたし、子供はまだまだ送迎あるし、うちの母は寂しがり屋だし(笑)で仕事もそんなにガッツリできない。狭く濃密な学校や近所付き合いの中でうまく生きていく。

私には絶対無理。
ワンモア来世でも無理(笑)


私には120%合っていないけど妹には合っているし(中殺なしの最身弱、中心星司禄星+中年期天極星)、本人もそれをよくわかって満足しているんですよね。面倒さを引き換えに得るものがあるってわかっている。
一見おとなしそうにみえるけど長い時間かけて自分の王国を築くという司禄の王道・・・
(ちなみに西洋では8ハウスに太陽金星冥王星)

私と「役目」みたいなものが全然違うのですよね。
ってことは初めて算命学でみてもらったとき、特に「中殺」という概念を知ったときに思いました。
家系の曲がり角に私はちょうど生まれたのだろうとも思いました。

2人姉妹ですが進んでいく道も周りの扱いも全然違う。
私はどんどん飛び出ていくのですが誰も心配しない感じ。私が子宮外妊娠で手術入院した時は一人も来なかったのに、妹の筋腫の手術の時はみんな行ってさすがに「何なのさこれは・・・」と思ったことはナイショ(でも誰も来なくてよかったともすごく思う)。

妹は枠の中できちんとその中を回して行く役目をしています。
私は枠からはみ出た世界にいて現実的にはあまり役に立たない。ごめん、はみ出た世界じゃないと息できないのだ。でもそこでやれる役目もあるのだと思っています。


お互い「役目が違う」とわかっているのでうまくやっているのでしょう。

昨日は妹と色々話しましたが、やはり母が「ネコもおじさんも死んで寂しいらしく『ヤバイ』」という話になりました。
うん、たまに母に用があって電話すると「庭の草取りに命を懸けている」みたいなことを言って怖い。
   image
私や妹が来ると張り切って料理を作って持たせてくれます。
私はめったに行かないので何もらってもありがたいのですが、妹は家が近く。トンカツばかりもらって困っているらしい。妹は年を取って油ものが体質的にダメになったのに、バカの一つ覚えのようにトンカツをくれるようです。妹の家は余って冷凍庫にトンカツだらけらしい。
多分母の頭の中は「揚げ物は子供が喜ぶ」し「他のを考えるのが面倒」と思われる。
あと作る量が大量←この辺は禄存星らしい・・・。もう20年くらいは一人暮らしなのにとんでもない量を作る。田舎とはいえなんで直径50センチくらいもある鍋があるのか。

昨日も「煮物作って、トンカツ揚げて・・・」というので
「ちょっと待って!たまにはトンカツ変えようよ。揚げ物でもなにか別のものでもいいじゃない?」と提案してみました。「じゃあ何がいい?」というのでここは交渉してエビや野菜の天ぷらにした。

「あとそんな多く作らなくたっていいよ」というと
「だって足りなかったら困るじゃない。余るくらいじゃないと・・・・」(禄存星中殺の母)
「食べ物は少なめで『ああ、もう少し欲しかった・・・』くらいが一番美味しいから。余ったものはみんななかなか食べないから」(鳳閣星中殺の娘)というやりとりが。


しかーし、「私が沢山作るとみんなが嫌がるから・・・」みたいにいうのでせっせとご機嫌修復に努めたのですが(これが私の本職)、その時
「私はみんなに喜んでもらいたいのよ~~~!!」
と叫んでいました。心の叫びだ・・・

人は程度の差はあれ人と関わり合って生きていきたいと思うんだね、って妹とも話していました。
どんな悩みのタネだろうが情けない人物だろうが、身内だったり一緒に住んでいたりすると情があるもの。憎いというのも情ですね。そんなもの捨てればいいだろうと頭ではわかっていても長年抱えているひとのなんて多いことか。
人と人とのやり取りは確かに大きい。

特に母のような人は「満足」や「幸せ」のようなものが「自分内」で製造できない。
家内制手工業は無理なのだなと思う(ある程度できるタイプの人もいる。私はそのタイプ)。人など生き物(?)とのやり取りがないとダメなのです。たとえどんな取引でも。
母には元気でやってもらいたい。もっと人と触れ合えるような環境にあればまた違うのに田舎過ぎる。移動手段も限られる。
いっそのこと元気なうちに入れる老人ホームみたいなところの方がいいんじゃね?とか思ったり・・・
   image
そんなところに同じ禄存星の翡翠先生の記事が「性分でんねん」

一種の貧乏性。あれこれ動いて、人から必要とされたい。じっとして、だれからも必要とされないのなら、生きていてもしかたがないと思ってしまいます」

これってうちの母もまったく同じ・・・
心のまま本当にずっと動いているんです。

翡翠先生のように自分を見越して準備ができれば素晴らしいと思います(ご本人はネコになりたいという葛藤がありまくりのようですが)。

冷たいが母の人生は母の人生だしなあ。
たまに電話して、休みには小夏を送り込んで用事を増やしてやるくらいが私の仕事でしょうか。

↑このページのトップヘ