あんこの地球滞在記

占い師夏瀬杏子がウチュウジン的目線から日々の生活を綴ってます

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ Information *・゜゚・*:.。..。.:*・゜

ウラナイ・トナカイ(毎週火曜日)
2月28日11:00~16:30
3月7日11:00~16:30
3月14日11:00~16:30
3月21日11:00~16:30


カフェ鑑定(ご希望の2日前までにご連絡ください)
coming soon

「まるごと食洞@吉祥寺」
2017年3月19日(日)11:00~16:00に出演します 易をやります♪
http://annco.blog.jp/archives/1064462004.html

リマーナすず先生「エンジェルチャンス占星術」開催決定!!
2017年4月1日(土)13:30~16:00 (残席3 2/22)
http://annco.blog.jp/archives/1064393546.html

2017年02月

昨日は「陽占の読み方講座」でした。
ご参加の皆さまありがとうございました&お疲れ様でした。
どんなところに目を付けて読んでいくか、ということに絞ってお話しましたが、その分星のそれぞれの意味はざっくりという感じになってしまいました。またお家でお渡しした資料をゆっくりごらんになって、あとからじっくり楽しんでもらえればいいなと思っています。

口八丁手八丁がキャッチコピーな私なので話すことに苦手意識はあまりありませんが、それでも講座が終わると「ああ~もっとわかりやすくできなかったか」と色々問答します。もっと精進せねば、と思います。
が、本当にすぐ忘れます。私が健康なのはこの辺に理由がある気がします。
  image
今日は子供の習い事で待ち時間があったので買い物をしたりお茶したりで比較的のんびり過ごしました。
お茶しながらふと思い立ってスマホの電話帳の整理を始めました。住むところが変わるとどうしても知り合いが増えるのでたまに整理はするのですが、今回思い切って結構削除しました。

私は小学校中学校の友達で付き合いのある人は1人も残っていません(いや、年賀状をくれるのが一人か・・・)高校になると片手くらいかな。
ずっと同じところに住み続けているならともかく、あちこち動くと子供のころや若い頃の友達なんてなかなか続かないですよ。去る者は日々に疎し。
そう思うと子供で「学校でお友達とうまくいかない」と悩んでる子がいても「どうせ大人になったら付き合いがなくなるから悩む意味ないよ」って言っていいと思うんですよねえ~(笑)

3月はまた習い事の発表会で衣装作りがやってきました。スパンコールが来たので縫い付けるのですが今年は来るのが遅かったので日程的にツライです。
急いで伊豆の叔母のところにアウトソーシングに出さないといけません。3月は時間もできるのだから自力も一瞬考えましたが私が5日かかるところをお金を出して1日でやってもらったほうがいいよなあ。私が世界の経済を回すという心意気でやります(大げさ)。

さて明日は本職の最終日です。皆さん惜しんでくださって意外と寂しい。
がんばって仕事を終わらせてこよう。
 

4月にトナカイノニカイで全3回の「十二大従星講座」を開催します
   image
「算命学 十二大従星講座(全3回)」

 ◎日時 1回目:4月1日(土)11:00~13:00
     2回目:4月8日(土)11:00~13:00
     3回目:4月22日(土) 11:00~13:00
 ◎場所: トナカイノニカイ(南阿佐ヶ谷ウラナイ・トナカイ2F)
 ◎受講料: 全3回で10000円(初回にいただきます)
 ◎定員: 8名

問い合わせ、お申し込みはこちらへ→

もし出席できない回があるときは補講が可能です。火曜日の私のウラナイ・トナカイ鑑定時間内なら+1000円で個人的にその回の内容を1時間で補講します(カフェ鑑定に記載している時間・場所でならそれでもOK)。どうぞご相談ください。

 * * *
十二大主星は陽占の9マスの3つの角にある星のことです。
全部で12種類あります。全部で3つ持てますが全部同じ星と言う人もいます。 
天報星(てんぽうせい)
天印星(てんいんせい)
天貴星(てんきせい)
天恍星(てんこうせい)

天南星(てんなんせい)
天禄星(てんろくせい)
天将星(てんしょうせい)

天堂星(てんどうせい)
天胡星(てんこせい)
天極星(てんきょくせい)
天庫星(てんこせい)
天馳星 (てんそうせい)
基本的に赤い字は身強青い字は身中ピンクは身弱と分かれます。
人の一生のサイクルになぞらえて変化していきます。

貫索星、禄存星などの十大主星は「ついやっちゃう」行動パターンであるのに対し、十二従星は「現実的な資質」を示します。
例えばこの前の記事に書いたように→ 「石門星+天将星」と「石門星+天極星」では同じ石門星中心でも活かし方が全然違ってきます。
これを学ぶことによりご自分が現実的に何かを形作りその手に掴むタイプなのか、学問やアイディアなど形のない世界で羽ばたくタイプなのか知るきっかけになりますし、どんなふうに自分の現実の環境をデザインしていくのかという指針になると思います。

多くの皆様のご参加をお待ちしております。お気軽にお越しください。 

ひとつ前の職場は貫索星・石門星の巣だったのですが、そこでAさん(石門星中心+中年期天極星)と一緒に働いていました。
私がそこに働き始めたころは彼女が一番若くて(27~8才か)たまに暇な時があると色々話を聞いていました。最初はわりと無口だったんですけど慣れると色々話してくれました。
一回昼の休憩のときに 、私と彼女と事務のYさん(50代)がバックヤードにいたとき結婚の話になって、彼女がこう言ったんです。
「私、30歳までに結婚できなければ、全身整形するつもりです!」
私とYさん「ファツ?!」 

もう何だかよくわからん・・・全然ブスとかじゃないのに。なぜ30歳ごときで。彼氏もいるようなのに。
私はこの頃蠍座冥王星世代の人達とばかり働いているのだけど、たまに「どうしてそうなる??」みたいな極端なことを言いだす気がしてしょうがない。ひとくくりにしてはいけないと思うけど・・・
私は乙女座冥王星世代なので蠍座世代とは親和性はあるはずなのですけど(可愛く思います)。

この前久しぶりにAさんからメールが来たのですが、職場の歓送迎会の飲み会のお誘いでした。派遣なのに済まないねえと思いつつ参加しました。
Aさんに会うと「結婚決まりました!よかったら式に来てください♪」とのこと。おお、めでたい。
石門星らしく、あまり周りに知らせず水面下で色々進めていたようです。石門星は策士だ♪ まあこの職場自体が貫索石門だらけなのであまり人のことを気にしないのですけど。
ここには「石門+天将」もいます。「石門+天将」と言えば社長相、政治家相と言われる強力なリーダーシップ、実行力を指しますが、当然「石門+天極」は全然違う。集団のなかで人当たりよく、調整役のような立場になる。
たまにあれこれ引き受け過ぎているときがあるような~(頼んだら断らなさそうな感じがあるかな?)

しかし「全身整形する」とか言っていたのに結婚が決まると彼へのダメ出しをさんざん語っておった。女は結婚が決まると強いのお・・・本性がでている・・・

ちなみにAさんは「石門+天極」だが晩年も「石門+天極」です。天極星が2つ。
本などを見ると天極星2つは「健康面に注意」とあります(1つでも書いてありますが)。
Aさんは大人になってからですが思いがけない事故でかなりの相当な大怪我をしたそうです。が、中年まで生きていりゃ大抵の人は病気やケガのひとつはあるよなあと私は思うのでどうなのか・・・

ただ天極星を中年期にもつ人は体はあまり強くないのは間違いないと思われます。うちの妹は「司禄+天極」ですが気が付くと体重が落ちて体力が低下するので気を付けているらしい(私にはありえない・・・)天極星を持つ人はお人よしというか断り切れないところがあるのでキャパに注意だと思います。
ちょっと違うけど「車騎星+天馳星」なども注意。エンジンは小型なのに無理して駆けずり回る、ようなことをしがち。これも知り合いにいますが心配。言ってもやめないんですよーー、これ。

Aさんも結婚してもとりあえずは働くといってましたが、結構ハードな職場なので自分のキャパに気を付けてやってほしいと思います。
   image
明日は「陽占の読み方講座」です。Final Callだ~!
今の時点(22:30)で残席1です。ギリギリまでお待ちしますので明日時間空いちゃった!なんて人は気軽にお越しください。ご連絡お待ちしております→

獅子座水星期を生きる人・・・(ちなみに金星も獅子座です)
   image
この前実家に行っている間に娘がいとこのアヤと買ったマニキュアの色が・・・あおむし色。
好感度や男ウケ重視(笑)の天秤座金星の母からするとちょっとありえない。
アヤも水星金星獅子座なので2人で遊ぶと獅子座劇場って感じです。着飾って歌って踊って二人ミュージカル?本人たちは大満足です。
本人たちはとても楽しい。

ここまで書いておいて、タイトルの「地と火」ですが西洋占星術の話ではありません。易です。
易のレッスンは実際に質問を出して易をたてて勉強することも多いです。
この前出た質問の一つが
「占い師としてどんな態度でお客様に接したらよいですか?」というもの。
そりゃ知りたい!ということで早速たててみました。

沢地萃(たくちすい)4爻。
   image
萃は「集まる」という意味です。地の上に沢があり、植物が育ち、人がガヤガヤ集まってワイワイ楽しむ。明るいお祭りのような卦です。
お客様は上の「沢」なので、私の所に来て下さるのは明るく若々しく、お話好きなお客様。
そして私は「地」です。地の意味は英語だと「reception」、受容性です。地は穏やかに親しみやすく、全てを受け止める。

おー、なるほどね、って思いました(やっぱブラックホール・・・笑)
あとやはり講座やイベントは向いてるかも??

トナカイで講座にいらした天海玉紀先生にこの話をしたら「私もやってみる」ということでさっそくたててみました。 
沢火革(たくかかく)上爻
   image


革は革命、変革です。
面白いことにお客様は「沢」で一緒ですが、玉紀先生は「火」になります。
「火」は明るく、賢く、そして激しい。物事をあきらかにします(そのまんまや~~~!)
何かを変えたい、というお客様には大きな味方になりそうです。

上が同じ「沢」でも下が「地」or「火」で全然違いますね。そしてその違いが分かりやすく出てる! 

易、とってもおもしろいです。
3/19の「まるごと食洞@吉祥寺」ではALL DAY 易ですので、よかったら是非遊びに来てくださいね。 

今日はイメージ画の鑑定をご紹介します。
今回は質問ありの鑑定。Nさんの仕事の異動についてです(ブログ掲載許可ありがとうございます♡)
「 他の部署にチャレンジしたい。でも今の部署の状態にも心残りがある。異動を希望していい?」
   image
1枚目:現状
飛行機内のコックピットが見えました。中でパイロットが操縦しています。
外には雲が見えて飛行中です。
2枚目:アドバイス
夜、飛行機が飛行場に着陸したところ。誘導灯がぴかぴか光っています。

絵は1枚目のシーンと2枚目シーンが続きでした。いつも2枚みますがほぼ関連がない絵が見えるので、今回すごく珍しいです。
 
1枚目はNさんの現状ですがみんなで働いている感じです。もう空の上にいるのを見て「ああ、簡単に降りれないんだな」と思いました。
 
アドバイスはその乗っている飛行機を無事に地上に下ろせと言うこと。誘導灯が目立ったので、もし今手掛けている仕事があればそれをうまくまとまるよう誘導していく。
「ソフトランディング」という単語が浮かびました。無理に飛行機から降りるよりうまく地上に下ろしたほうがよさそうです。


あと今回易もご所望されたのでそちらも。異動はどうでしょう?
   image
雷火豊3爻。
行くのは悪くない、でも周りからの風当たりはきつい、半吉と出ています。
ただ異動した場合の元の部門のことを最初から心配していたNさんにはどうかな?って感じです。
3爻ですがすぐ上には「雷」があります。雷は動く、スタートの意味があるので今回自分から言い出さなくても近い将来異動があるかもしれません。

ということで答えは「NO」となりました。
 今の仕事を落ち着かせるのがよさそうです。

Nさんいわく「気持ちがスッキリしました」とのこと。よかったです(^^) 


↑このページのトップヘ