~お家と占い行ったり来たり~ あんこの占い*虹架けるLOG

     東京&湘南で活動中の占い師夏瀬杏子のブログ  算命学・易・タロット     

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ Information *・゜゚・*:.。..。.:*・゜

ウラナイ・トナカイ(東京メトロ丸の内線 南阿佐ヶ谷駅から徒歩1分)毎週火曜日
9月26日 11:00~16:30
10月3日11:00~16:30
10月10日(11:00~11:30予約済)11:30~16:30

こはぜ珈琲店での鑑定(下北沢駅 北口から徒歩5分) 毎週金曜日
9月22日(金)12:30~13:30(13:30~14:30予約済)14:30~16:00
9月29日(金)12:30~16:00

カフェ鑑定(ご希望の前日までにご連絡ください)
9月30日(土)14:30~18:00 南阿佐ヶ谷駅または新宿駅近辺

スカイプ鑑定(ご希望の前日までご都合のいい日時をお知らせください
9月29日(金)①9:30~ ②22:00~


「十二支同士の関係」講座
2017年9月30日(土)11:00~13:00 トナカイノニカイ(残席3 9/16)
http://annco.blog.jp/archives/1067578794.html

算命学 十二大従星講座(全2日)
2017年10月12日(木) 10月19日(木)両日とも10:30~13:30 新宿
http://annco.blog.jp/archives/1067730285.html (残席4 9/16)

2016年10月

活動宮が強くなった今日この頃ですが皆さまいかがお過ごしでしょうか。
色々物事が動き出したりして今までと違う空気を感じているのでしょうか?そうなの?ホントに?
 
なんだかそんな気が一切しない今日この頃です。ボーッとした頭で自分のホロスコープを見ると自分の乙女座の太陽と現在の射手座の土星がぴったりスクエアでした。(あれ、どうしてこっちにも土星が・・・と思ったらp土星とt土星もぴったりオポだった。ボケている)
最近の「自分生きててスミマセン感(意訳)」はこれですな。

360°あらゆる方向からダメ出しが来る気分なのですが、つい最近の私と某分野の先生の会話が大変太陽と土星のスクエアぽかったです。その顛末を紹介します。
   image
「なんかもう全然思ったようにうまくいかなくて・・・私には無理じゃないかと思うんです。ダメなんです。もうこの件はどうでもいい気がします」
 
先生「何言っているんですか!やっぱりね、〇〇さん、Aをやらないとダメだよ。Aです。」
 
「そんなAなんて絶対無理です!!死んじゃいます。Bではダメですか?Bなら前に比べたらかなりやっていますよ」
 
先生BもいいのですがBでは現状維持なのです。これからを考えて大きく変えるならAをやらないとダメだよ」
 
「そんな・・・毎日仕事でヘトヘトなのにAなんてやりたくないです。それならこのままでいいんです。」

先生「ちょっと頑張ってみると成果が出ますから。成果が出るとよし、もう少し頑張るかってなる人を僕はいっぱい見てきましたから。今40代ならまだ大丈夫。成果がでるからちょっとAを頑張ってみて下さいよ」

「え~~~(泣)もう長くはないからいいです~~(涙)」

先生「それは60歳70歳くらいの人が言うと『老年期うつ病』っていうんです!! まだそんな年じゃないでしょ。」

「え~~~~~」
 
*** 

今まで現状を維持してきたBを捨てハードなAを取り入れろと言ってくる先生・・・
これぞまさに太陽(自分)と土星(先生)のスクエアじゃなかろうか。

これは何のシチュエーションかというと私が血圧の薬をもらいに行ったときに内科の先生とした話で、話題は
「ダイエット」です。
Aは「走れ!軽くでいいからジョギングしろ」Bは「ウォーキング」です。
私はここでAを取り入れないといけないのかも。挫折必至なのでもう少し無理のない形で出来ないか調べ中です・・・

今日はどうでもいい話。
ただのおしゃべりなので暇つぶしにどうぞ(いつもそうなんだけどさ) 
   image
うちの夫が女の争いに巻き込まれているらしい。
「女同志のもめ事になんて口を挟んじゃ損するよ」と言ったが勿論好きでそうなったわけではないようで。

仕事の同じグループのAさん(♀)とBさん(♀)が揉めているようだ。
Bさんが今回ある仕事を任されてやることになったのだが、Aさんはそれがすごく気に食わない。Aさんに何度も「あなただと無理だから私がやってあげる。あなたのためを思って言ってるのよ」「なんであなたがその仕事やっているの。私は聞いていない」みたいに言ってきてB さんはすっかり心が折れてしまったらしい。

そもそもうちの夫は昔からAさんが大嫌いだ。私が、私がと権利は散々主張してくるのに自分で物事を決定して指示したり責任ある行動は一切取りたがらない。「それは私の仕事じゃありません」と言って全部夫にゆだねてくるそうな。大量の仕事を振りたくても何もしない。これが午未天中殺の「目下運が悪い」ってことですかね・・・

このままだとAさんがパワハラで訴えられてもおかしくないくらいの暴言を吐いているらしいのだが会社的にはやっぱマズイので とうとうグループ長(夫の上司)が出てきた。そして下された指令は
「AさんとBさんが話し合うときはかならず〇〇さん(夫)が同席するように」

あらま・・・それはそれは。本人はすごく嫌がっています(そりゃそうだ)。

まあでも司禄星中心で禄存司禄合わせて3つ持っている夫にやらせるのは良い人選ではないのか。何しろ彼は腹黒いから!!龍高も持っているのでずる賢さもプラス(笑)
たぶんうまくなあなあに持ち込める力を持っている。

それにしてもAさんの暴君ぶりはすごい。どうしてそこまで高圧的に、そこまで自信満々なんだ。やな仕事は一切しないのに・・・誕生日知りたい。すごく知りたい。占い師のサガ??

「Aさんにズバッといってやればいいじゃん。アンタほんと~~~は口すごく悪いし。私絶対もう喧嘩しないもの」と私が言うと
「まあ負ける気はしないけどね」と夫も言う。普段はかなり無口でおとなしい人なのだが中身は大変ブラックで、口げんかすると理論的にこちらの隙をグサッ!グサッ!と突いてきて凄い攻撃性がある(日干は庚)。
若い頃は夫婦げんかで激しく口げんかをしたこともあるけどこっちがボロボロになって負けるだけなのでもう二十年近くしていないと思う。
結婚って忍耐よね・・・フッ・・・向こうも思ってるでしょうけど・・・

最近はこのブラックな顛末を聞くのが楽しみだ( ´艸`)うふふふふ。

火曜日はトナカイでした。お会いできた皆さまありがとうございました!
このごろイメージ画を受けに来てくれる方が多くてうれしいです。あとイメージ画@メール鑑定も結構人気でぼちぼち承っております。日々のすきま時間にやっておりますのでちょっとお時間いただきますが、おうちで楽しめる気楽なエンタメとしてご利用ください。
   image
「算命学基礎講座」の日曜バージョンのほうも満席になりました。ありがとうございます。参加者の皆さま、精一杯努めさせていただきますのでどうぞよろしくお願いします<(_ _*)>

何しろピチピチフレッシュな講師(←私のこと)なので、資料も作らないといけません。が、このまえの「はじめての算命学」の時にちょっと気合いを入れて作っておいたのでその辺を利用する予定です。
まずは陰陽五行ってことでメインは五行の相生相剋を叩き込むんじゃー!!\(*゚▽゚)/~~~~~~~~~~ピシピシッ
がんばりましょう♥

相生=〇で相剋=×とは限らないよ、という話をこの前「はじめての算命学」でも話したのですが、この辺りが算命学ってユニークだなと思います。
相生は木から火を、火から土を、のように生じる、エネルギーを与える、助けるという形。
相剋は木は土に、火は金に、のようにぶつかる、やっつける、押さえつける形。

相剋は苦労が多いので一見悪いのですが、剋される=鍛えられる、磨かれる、なので苦労した暁には剋された側の才能が伸びる、になるんですね~~
なので陽占では一番剋が多い星が才能になるのです☆ 

私の命式ではこんな。赤い線が剋の線
   image
3つも鳳閣があってもどこからも剋されていない。 しかし西の車騎は3つの鳳閣から剋され&北の貫索を剋す。
ってことで車騎が私の才能ってこと。
あまり表には出てませんが車騎はわたしの大事な要素なのです・・・まあいっても車騎星中殺で空回りしがちな車騎ですが、意外と負けず嫌いできちんとがんばらんと!って小声で言ってます。すごく大事ね

普段は鳳閣が強大で小さくなっていますが、何かのきっかけで鳳閣が弱ってくると菌交代現象のように車騎がぶわっと出てきて「お前なんてまだまだだ!」と自分叩きを始めるのでいいんだか悪いんだか・・・って気もしますが。

もちろん人によっては相剋が無い人もいる。 五行揃っていると剋の数は全部一緒。
どれが才能?自分って才能がないの?みたいに思うかもしれないけど皆才能は持っている。わかりやすいかわかりにくいかだけ(ごめん、そこまで細かく書く気力なし)。

特に中心の星が剋されている人は葛藤が多くて大変だな、と鑑定で話を伺うとよく思います。自分の中で2人の自分が取っ組み合いの大喧嘩しているような感じです。でもそれが才能に繋がる。
「 艱難汝を玉にす」という言葉もあります。
長い時間をかけてようやく2人の自分を1つに統合して行けるのだと思います。

10月4日(火)ウラナイ・トナカイに座っています
  image
11:00~16:30 今の所予約はありませんのでお気軽に問い合わせください
17:00からは芳華美々子先生です

予約・お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!→★ 
またはnatsuse33@@gmail.com(一つ@を抜いて)にお願いします

当日の予約はお店に直接お電話ください 03-3220-9477

鑑定メニューは
◎手相orタロットカード 10分1000円
◎総合鑑定(算命学を中心に手相、タロットも必要に応じて) 30分4000円 60分6000円 10分延長につき+1000円
◎イメージ画(質問ありでもなしでもOK!あなたから視えた絵を描きます) 15分~20分でモニター価格800円
(予約があれば10分程度) 

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○ 

木星も太陽も天秤に入って「ざ・てんびんシーズン」ですね。
私は天秤の初めに水星と金星の合があり、さらに火星が山羊座に入ってスクエアをくらい、ただいま「天秤フィーバー」してます。

なんつーか、ビリー隊長みたいな火星に「口八丁手八丁」がキャッチフレーズのmy水星金星がいたぶられている気分・・・
ここ3、4日ダメ出しの連続でなんだか色々な場面できついです。 天秤だからか周りと比べちゃう。ミスして勝手に自己嫌悪的症状。

p太陽が天秤座の最後の度数をのろのろ進んでいる今日この頃。
もう天秤は散々やって来て飽きた~~~~!! 

と思っている私ですが、少し前にまつい先生の鑑定を受けたところ(実はちゃんと鑑定を受けたのは初めて・・・)、これからの私はもっと天秤座要素を活かしていくといいらしい。人との繋がりを大事に、鑑定も、講座も、イベントもとあれこれチャレンジだと。
そうなのか。それなら私は将来の夢がある。
「他の占い師の先生にお声がけして、どこか地方に泊りの鑑定会を企画してやりたいです!!」
そして夜はそこの美味しいものを食べるんだ(そっちが目的では・・・)
今は全然無理だけど、大きくなったら(笑)そういうことをしてみたいです。

しかしなんだ、天秤座はもうホント飽きたのに・・・とも思いましたが
「物事はやりつくして飽きてからが仕事」なんですね。。。(ため息)
 

この前のたまき先生のウラナイ・トナカイのお店日記はご覧になりました??
「大運と大運天中殺」
 大作!!超大作。お店日記にのせるのがもったいないくらいの力作。

その中に「生月中殺生まれの方は、大運天中殺時期はよほど長生きしないかぎり回ってきません」とあります。
その点を生年中殺、生月中殺、生日中殺を持つ私の例で説明しましょう。

私の大運はこんな感じ

0~9歳          庚申 鳳閣星 天胡星
9~19歳        己未 石門星 天堂星
19~29歳      戊午 貫索星 天将星 
29~39歳      丁巳 玉堂星 天禄星 
       ・
       ・
       ・
99~109歳     庚戌 鳳閣星 天庫星
109~119歳    己酉   石門星 天極星 

私は申酉天中殺なので 0~9歳と109~119歳の所が赤くなっております。生まれる時点で天中殺というのがわかります。その次に申酉が来るのは109~119歳なのでもうここまで生きている自信はちょっとない。
このように大運天中殺と言うのはほぼ100%回ってきません。
そのかわり生まれつきと言うか、一生天中殺。

(ちなみに0~9歳はカウントしません。最初の大運(初旬大運)は9歳から始まるのでオトナになるのが遅いタイプ♥ 1歳から始まる人もいます。初旬の大運は自分のものとして使えるらしいので石門星も私はサブで持っている感じでしょうか) 

お店日記には「大運天中殺とは「日常的な枠が外れて “ふつう” から逸脱する/しやすい」時期です。枠がない。天井がない」という言葉がありますが、これがずーーっと続いているのが生月中殺を中心とした宿命中殺の人です。


社会的にはやはり「枠組」や「 定型」が大事なのは皆さまご存じのとおり。
しかし中殺の人達はこの「枠組」や「定型」からはみ出ている。どんなにうまく自分は押し込んだ気分でも他の人からははみ出た手足が丸見えだったりする。

「ごくごく普通に目立たなく生きたい」「お堅い職業でそつなくやっていきたい」とか難しいと思います。それが願いなら不幸ですが、合わないことをやり続けるのは不幸ではないのかと問いたい。
ま、やりたかったらどうぞお好きに、と思うけど長くは持たないよ、と忠告します(私の本職はわりと堅いのです。長くやってきてそれなりの苦労や変なコツはある・・・ので、勧めないかな)

私はこのはみ出た状態を「クーラーボックスからはみでたタコ」って説明するんですけど(絵は娘)
タコ自身はクーラーボックスに収まっているつもり・・・なんですけどね。
    image
タコなんです!!中殺の皆さんは。勇気をもってタコと認めるのだ。

この世は結局現実のもの。一般的な、まっとうな社会での成功はなかなかゲットしにくいかもしれません。
が、この世のどこかで生来の自分の持つ力をうまく使って細々と何かの役に立てればいいのではと思います。

*** ***

「算命学基礎講座(全3回)」日曜バージョン→残席4(10/1)です。 残席1(10/2)です
平日ver.は瞬殺で埋まってしまいましたがこちらはまだ余裕あります。 補講も可能です。
千里の道も一歩から。ゆっくりじっくり勉強するのに秋はピッタリ。まずは自分で命式を出すところまで行くのだ!!

ご興味のある方はこちらからどうぞ→ 

↑このページのトップヘ