あんこの地球滞在記

占い師夏瀬杏子がウチュウジン的目線から日々の生活を綴ってます

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ Information *・゜゚・*:.。..。.:*・゜

ウラナイ・トナカイ(毎週火曜日)
5月30日11:00~16:30
6月6日11:00~16:30
6月13日11:00~16:30
6月20日11:00~16:30

カフェ鑑定(ご希望の前日までにご連絡ください)
6月1日(木)12:00~15:00 新宿駅近辺
6月3日(土)12:00~15:00 新宿駅近辺
6月8日(木)14:15~16:30 南阿佐ヶ谷駅または新宿駅近辺
6月10日(土)12:00~13:00 16:00~17:00 南阿佐ヶ谷駅近辺


スカイプ鑑定(ご希望の前日までご都合のいい日時をお知らせください)
5月26日(金)①10:00~ ②14:00~ ③22:00~
6月2日(金)①10:00~ ②14:00~ ③22:00~

「六十干支講座」
2017年6月10日 6月17日(土)13:30~15:30
http://annco.blog.jp/archives/1065857693.html (残席3 5/26)

「十大主星講座」
2017年6月22日 7月6日 7月20日(木)11:00~13;00
http://annco.blog.jp/archives/1066125965.html

2016年06月

今週は仕事から帰ると小夏が「夕飯作るの手伝うよ~」と言ってきます。
猫の手でも孫の手でも借りたい時間なのでもちろん手伝ってもらいます。米も炊けるし、炒めたり揚げたりする程度の手伝いはかなりできるのでありがたいです。
   image
その日は味噌を溶きながら彼女は言ってきました。
「うちはお手伝いしてもお金もらえないよね。こなっちゃんこの頃お手伝い頑張っているから少しお金欲しいな~」 
うちは子供たちがそれぞれ決まった仕事を振られていて、こづかいは 固定給です(笑)誕生日とクリスマス以外はそのお金を貯めて好きなものを買うというシステムです。

「じゃあママが心からの感謝のコトバとチューでいいじゃない?どう♪」というと
「えーそんなのいらない。お金とかものがいい」 と返すので(当然か・・・)話し合って久しぶりにこづかいアップとなりました。

「〇〇するから代わりにこづかい上げて」みたいには息子たちは言ってこなかった気が。
性差かな?とも思いましたがこれは小夏が中心は鳳閣だけど東が禄存だからかな、と心の中で予想。
禄存星、司禄星が強い人は成果はハッキリ形であらわして!ってタイプですね。
私の仕事を認めてくれるなら給料アップを、私を愛してくれるなら言葉だけじゃなくわかりやすい愛のしるしを!東が禄存星の小夏なら、上手にニンジンをぶら下げればもっとお手伝いをがんばってくれそう。とりあえず200円/月up!様子に応じてもう少し上がるかもよ?と言うことで決着しました。

最近彼女は7月の自分の誕生日プレゼントについて悩んでます。
「あ~~~何にしよう。欲しいものが多くて決まらない~~~」って叫んでるので「別にもらわなきゃいけない義務もないんだから今年は無しで(笑)」って返事をしてます。
考えつくものもベッドだのスマホだの、何言ってんのと一蹴されるものが多すぎる。さすが女王。


余談***育ててみての感想ですが、下の子にいけばいくほどケチ!ですね。兄弟間の争いがたくましくさせるのでしょう。小さいころ長男に持っているお菓子を「ちょうだい」と言ったらくれましたが、下にいくほど絶対くれません。自分の分をキープしつつ他の人の分を奪いにいきます。
 

火曜日はウラナイ・トナカイでした。お会いできた皆さまに感謝!
   image
朝お店に行く途中、よくお会いするお客様のことを「どうしているかな・・・」とふと思いだしたら本当にその方が来てくださったり、1か月以上 うちの母の声を聞いてないな、電話してみようかな・・・と思っていたら母から留守電が入っていたり。
一つ一つはよくある話だけど、そういうのがいくつも重なった不思議な日でした。 

お空では柔軟宮のグランドクロスが形成される今日この頃。

生まれた赤ちゃんの写真を毎日1枚ずつ撮っていくと、今日の写真と明日の写真は見比べても全く変わらない。
でも生まれた日と1年後の写真を比べると全く違う。

大人になると多少の老化はあるけど(笑)こんなに自分が変わっていくことってほとんどないし、仕事をしていると毎日同じ生活の繰り返しで、子供の成長に「これと同じだけの時間が私にも流れたのか?」とショックを受ける時もしばしば。

でもですね、なんやかんや言っても人はずっと変わっていくものなのだな~と思う今日この頃。
グランドクロスができる時はあの90度の角でゴリゴリやられて削られて変わっていくのかもしれませんね。
アユミさんのブログを読んで→「そうだ、必然か」と強く納得。アユミさんが書くと私と違って説得力大(笑)

息子たちが子供のころ、夫の実家から大量のカブトムシの幼虫をもらって、マンションの部屋で巨大衣装ケース(!)の中で育てるという苦行がありました。沢山の白いムニムニした幼虫は土の中で大きくなって、時期が来たら孵化してカブトムシになる。
羽化とか孵化とか本人(本虫?)にとってはやはりしんどいのだろうな~~と見ていて勝手に想像したりするのですが「成虫になっても意外と大変そうだからやめとくわ」と幼虫のままでずっと過ごすことは不可能。

ある意味、人間は選択すれば幼虫のまま這いずり回っていられるのかもそれません。想像すると気持ち悪いですが・・・

が、必然が私たちの背中にひびを入れてくれる時は、しんどいけど羽化なり孵化なりできるチャンスなのかもしれないな~と思うのでした。

 

↑このページのトップヘ