あんこの地球滞在記

     東京&湘南で活動中の占い師夏瀬杏子のブログ  算命学・易・タロット     

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ Information *・゜゚・*:.。..。.:*・゜

ウラナイ・トナカイ(東京メトロ丸の内線 南阿佐ヶ谷駅から徒歩1分)毎週火曜日
8月22日 11:00~16:30
8月29日 11:00~21:00 この日は一日トナカイにいます
9月5日 11:00~16:30

こはぜ珈琲店での鑑定(下北沢駅 北口から徒歩5分) 毎週金曜日
8月25日(金)12:30~16:00

カフェ鑑定(ご希望の前日までにご連絡ください)
お問い合わせください

スカイプ鑑定(ご希望の前日までご都合のいい日時をお知らせください
8月25日(金)①9:30~ ②22:00~
9月1日(金)①9:30~ ②22:00~

2016年06月

昨日はウラナイトナカイでした。お越しくださった皆様どうもありがとうございます(≧▽≦)

昨日はイメージ画をいくつか承りました。それはたまたま・・・ではなく、こちらのたまき先生の記事のお陰でしょう→ もう影響力が全然違うよ!
 
月の光を浴びてにや~と笑っているのまで見えました(笑) が、まあこういう偶然もたまにはある・・・
 
しかし怪しい。妖しい。アヤシイメニューだ。いつの間にこんなに怪しい人になったのか私、という気がヒシヒシする(苦笑)なーんて思うが元からちょっと一般というものからずれている人なのでしょう。月は東に日は西に、ちゃんとした人はちゃんとした世界に、怪しい人は怪しい世界に。
とことん怪しさを追及して健全に提供しましょうぞ。みんな、怪しいもの好きですよね?うふふ♥
   image
 もうすぐ7月ですね。夏はイベント満載になりそう♪
(10日、15日の「十二大従星ワークショップ~天報星&天将星~」もまだまだ推しています!参加者募集中)
今のトップニュースは八雲あかねさんにお声をかけていただいて7月23日に三河にお邪魔することです。
 八雲あかねさん 「モヤモヤ中殺の会&鑑定会」
 
ためになる!勉強になる!講座ではありませんので注意ですが(笑)、モヤモヤさん=宿命中殺の人  限定の会ということでなので、皆さんで楽しくモヤッとぶりをさらけ出して「まあ、こんな道もあるかな」みたいに思える時間にしたいと思っています
そして8月の頭には子供の進路を考える講座をやる予定です。こちらは近いうちにアップします。
ほかにもまだまだかくし球あり。お楽しみに!

あと占いとは全く関係ありませんが、本業の派遣のほうが今のところにきてちょうど一年になります。もうそんなに経つのか、まだ3~4か月くらいの気がするわ~~と自分で思っていたら、職場の人に「もう1年なの!まだ3~4か月くらいの気がする」と言われました。いつまでもフレッシュな私です。

結構もう地をさらけ出して生きてますが、貫索石門調舒だけで構成されているので適度にほおってくれて暮らしやすいです。みんなで作業しながら「今の仕事を辞めてカフェを開きたい」「パン屋さんになりたい」など不毛な将来の夢を語ってます。
私の将来の夢は「地下アイドルになりたい」って言ってます。スポンサーを募集したら「そんなハイリスクノーリターンなことはできない」と言われました。 いいところだ。もうしばらくここで過ごそうと思います。

2016年6月28日(火)ウラナイ・トナカイに座っています
  image
11:00~16:30 いまのところどこでも選びたい放題!お気軽に連絡ください。
イメージ画のモニター募集中! 15分~20分で800円(予約があれば10分程度)

17:00からは芳華美々子先生です

予約・お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!→★ 
またはnatsuse33@@gmail.com(一つ@を抜いて)にお願いします

当日の予約はお店に直接お電話ください 03-3220-9477

鑑定メニューは
◎手相orタロットカード 10分1000円
◎総合鑑定(算命学を中心に手相、タロットも必要に応じて) 30分4000円 10分延長につき+1000円  

☆★☆★☆★☆★  ☆★☆★☆★☆★  ☆★☆★☆★☆★ 

まずは宣伝!
「十二大従星ワークショップ~天報星&天将星~」7月10日(日)、7月15日(金)どちらともまだお席があります。
今回は天将星を持つ人も天報星を持つ人も揃っていますのでお仲間を探したい方も、勉強中で天将星の研究をなさりたい方もどうぞお越しください。
 
久しぶりのまつい先生のお店日記→★ に月サイン別の非常時持ち物の話が載っています。
月双子座の美々子先生は確かに荷物が多いです。行商のおばちゃんのレベルのリュックで毎週現れます。まあ私もトナカイに行くときは何故かあれもこれもと荷物が増えてしまうのですが・・・ 

江ノ島に行ったとき、岩屋という洞窟に行ってきました。整備されてはいますが暗いし途中低い所もあるので途中でろうそくを渡されて進みます。昔は信仰の対象だったり修行の場だったようです。
同じ月水瓶の美玲さんと「 こんなところにしばらくいたらやっぱりネットがしたい!って外に出たくなる・笑」という話をしてました。やはり水瓶だとスマホとできたらwifiが命綱かな~?なんだろう?

そのあとランチに行く時「せっかく江ノ島に来たのに海鮮とかじゃなくていいの?」と聞く月蠍のよのこさんに私と美玲さんで「別にそんなのいらない」と揃って答えたのも大変月水瓶的でございます。


*余談 *
どうして赤ちゃんってお母さんが大好きでべったりするのだろう?だって私の性格が良いとか悪いとか、美人とかブスとか全く関係ないみたいなんですよ。変ですよね~!

って話をまつい先生にしたら「月水瓶のお母さんらしい発想だね」と笑われました。いやみんなそう思わないのか~?

ミズマチ先生が水晶リーディングの最初のビジョンについてブログを書かれていて、その中で私の記事も引用してくれています。ありがとうございます(^^)

ミズマチユミコ先生のブログ「*Luce*星の地図 」・・・「水晶リーディング、最初の一歩は」 
「凶器を楽器に変える」か・・・なんだろう?楽器で人を殴り殺せとかじゃないのはわかりますが・・・まだ謎の箱に入ったままです。そのうちゼンマイ仕掛けでパカッと開くのでしょうか。
   image
たまに「イメージ画って何?」とか、「どんな感じで見えるの?」とか聞かれます。
予約いただければあらかじめ描いていくので見せると「もう描いてあるんだ!」と言われます。
この前美玲さんたちにも「いつから見えるの?小さいころから?」と聞かれました。 

別に昔から見えていたわけじゃないですが、あれっと思ったのは 2006年~2007年くらいから。
それまでそんなことはなかったのに、急に頭痛が起きたり、何かショッキングな出来事やニュースがあるとそれが頭から離れない(画像が残る)みたいになり色々困るようになりました。 鬼太郎じゃないけどアンテナが勝手に立ってしまい、何か勝手に受信しているようだと推測。
なんとかアンテナの格納方法を知りたかったのですが、元が海王星の効いた境界線がぼやけた人なのでどうしていいかわからない。 

その頃は職場で、自動ドアが開いて全く知らない人が入った瞬間に「うわっ!この人変!」って人はわかりました(その人やその人の回りが歪んでいたりする)。そして当たる。でも職場の人に「変な人って、店に入ってきてすぐわかるよね~?」と聞いたら「わかるわかる!」と言ったのでみんなやっぱり同じようにわかるんだ!と納得していました。
(今思うと、多分他の人と言っている内容のレベルにズレが生じている・・・)

このころはn水瓶座の月に海王星がピッタリ乗っていました。 私は元に月と火星と海王星のTスクエアがあるのでもれなくn火星とt海王星のオポ、n海王星とt海王星のスクエアも同時発生。 混沌の時代。

海王星がn月から離れていくとかなり楽になれました。3~4年かかったか。
多少コントロールも効くようになったり、自分の境界線を自覚できたりというのもあったかも。
その後は何かの拍子に絵みたいに見えているのはわかっていましたが「そういうもんだ」と思ってました。

たまき先生に出会って個人レッスンを受けるようになったころ、たまき先生でポン!と浮かんだ画があって「こういうのが見えるんですよ~」と説明した記憶があります。2013年ころか。多分ご本人は覚えてないかと。
    image
石英(鉱物)です。尖った透き通った石(水晶?)がくっついているような岩石。宝石の原石みたいな印象でした。
ちなみに見える絵はどんどん変わります。

このころはこういう絵が見えるのはわかっていたけど、発現の偶然性が高かったのです。でもこういうのが見えるなら水晶読みができるのでは?とみかみ先生の水晶読みの講座にいきましたが、なぜかうまくいかない。頑張って練習をしてみましたが見えないし、ずっと水晶を見ていると確実に眠っちゃうんです。 
少し水晶も遠ざかっていましたが、ある日「何も通さない方が見える」と言うことに気づきました。

多分水晶リーディングと仕組みは同じなんだろうと思います。水晶ではなくからっぽな自分をフィルターにするだけ。もとから見えるのですが、見たい時に見えるように訓練はしました。みかみ先生の所で教わった呼吸法みたいなのは大変役立ちました。 

見る時は、お名前だけ頭に浮かべてみます(命式とか見ません)。知っている方は顔を思い出しますが。
鑑定依頼のメールを開けてすぐポンと見えることもあります。 この前は「質問があってもできますか?」と尋ねられたのでやってみたら一応できました。
この前美玲さんをみたら、焼き畑農業をしている絵が見えて「なんじゃこりゃ・・・」と描いたら「私の命式って焼き畑農業している絵なんです」と言われました。その人のパーソナリティを示すものだったり、その時の状況だったりと色々出方はあるようです。


まあ自分の困った性分をちょっと出し方を整えて売り物にしているだけともいうのですがwww
遊び心をもったヒントとしてお試しいただければと思います。
まだモニター募集中なのでお気軽にどうぞ。 

この前の「まるごと食洞@吉祥寺」でやまもとようこさんが鑑定を受けに来てくれたのですが、その時のことをブログで書いてくれました。

やまもとようこさんのブログ「atelier le blanc]
【鑑定してもらった!】ダークサイド、堂々開陳★

何度かお会いしているようこさんなので茶目っ気たっぷりに読ませていただきました♥
可愛いオデコのようこさんには凄いパワーが隠れていそうです。
(余談ですがノワールシリーズ作ってもらいたいな~♪ ちょっと小悪魔的なアクセサリーとか。いや司禄なら「昼は処女、夜は娼婦」くらいのキャッチコピーを・・・とか思うけど本人に怒られそう・・・)
禄存星・司禄星があわせて4つ、天報星3つという命式はやはり壮観です。

天報星って点数は低いけど、天将星とオポジションの関係だけあってなかなか激しくデンジャラス!天将星と同じように現実でガシガシ動けるわけじゃないけど、違うベクトルの大きなエネルギーを持っています。
今度「十二大従星ワークショップ~天報星&天将星~」→をやるのでご興味のある方、持っているけど天報星ってイマイチよくわからないという方は是非お問い合わせください!ようこさんも来てくれますよ~~ 

このイベントの日は何故か同じように「同じ性質の星を4つ」持つ人が続きました。こういうのって不思議ね。
なのでちょっと統計を取ってみました。
ここ4か月で十大主星5つのうち4つ同じ性質の星が出る日はありませんでした。もっとサンプル数を増やさないと出てこないですね。
私のように3つ持つ人の発生率は13% 。やはり4つ同じと言うのはなかなか出ないのがわかります。
(ちなみに五行全部揃う人の発生率は4%でした。こちらも比較的珍しい) 


4つ同じ性質を持っている方々に星の説明をざっとして、「どっちが自分って気がしますか?」と尋ねると皆さん1つだけ違う星のほうを「こっちです」というのですね。
白いヒツジの群れの中に黒いヒツジが1匹いると目立つ。
同じ性質の星が4つあるのは無意識でわからないけど、1つだけポンと違うのがあるのは意識できるんです。

1つポンとある、自分が意識しやすい星が自分だ!と思うとうまく回らないときがある。
ようこさんも南にある「鳳閣星」は意識しやすい。でも仕事できちんとお金を稼ぎたいのよ~と言うときには中心星でもあり東の星でもある「司禄星」を意識したほうがいいです。
(もちろん1つだけ違う星は重要!自分がほっとできる所だったり、純粋に楽しめる所だったりするのでそれはそれで確保したい)

自分のベース、って無意識に作られているので気づくのが本当に難しい。特に星が4つとか3つ同じ、みたいな人は自分のアタリマエに気づきにくい。
その為には心のクセ、心のアタリマエを客観視して気づくこと、人から「こうだよね!」って言われたことを素直に受け止めることなのだと思います。
  image
今週は算命学の勉強でよくお世話になっている山城美玲さんとよのこさんとで江ノ島に遊びに行ってきました。
一応美玲さんのデビューをお祝い、と言う建前だったのですが、江の島をノンビリ観光しながら占いの話をして、岩屋にまで行って占いの話をして、ランチを食べて占いの話をするという一日でした。
ごめん美玲さん。お祝い感は低かった。

上の写真は岩屋から撮りました。この後階段を昇って昇って帰ったのですがもうヘロヘロ。
この年であんな辛いならもう二度といけないかもしれない。
よのこさんは同じ年なのにスゴイ健脚でスタスタ昇って行きました。も・・・ムリ・・・

ランチはおのぼりさんになって「Egg’n Things」に行きました。以前は仕事でここの前を毎日のように通っていたけどいつもすごい行列ができているんです(><)
この日は空いていてそれでも少し並んだのですが、その途中に美玲さんが卵が苦手なのを知る。卵専門店だというのに。再びごめん美玲さん。でも工夫しておいしく食べられましたよ。パンケーキも3人でちょうどよくいただけました。
   image
(たまき先生の講座で何度か会ううちに仲良くなったお二人なのですが、そういう人がいるということは自分的には人生の僥倖レベルの話だなと思う・・・)

唐突ですが、スカイプ鑑定をやってみたいなーと思ったりする。
 
リマーナすず先生は日々スカイプをバリバリに使いこなして鑑定しているので色々ご教授いただいたのですが、必要なのは「時間」と「場所」のようでした。自宅でやるので上手に時間を確保してそれに慣れること、あとは集中できる場所を確保すること。

どちらも今はなかなか手に入らない。特に場所。
だって家には自分の部屋はおろか自分のスペースと呼べるところはないのだ~(T△T)
   image
うちは2軒の家がくっついたようなテラスハウスですが、1階はリビングやキッチン、2階は一番広い部屋は息子たちの部屋、2番目に広い部屋は今は娘の机などを置いてあるのですが、5年前引っ越した時は私達夫婦+娘の寝室にして布団2枚ひいて3人で寝てました。
が、娘が大きくなってどんどん窮屈になって、布団と布団の隙間に落ちて寝て体が痛くなったりしたので、去年一念発起してもう一つある小さめの部屋(半分タンス部屋)を片付けてそこでギリギリ布団を一枚引いて夫はそこで寝るようにしました。
やっぱりね、1人1枚の布団で寝ると違うの!快適さが(アタリマエ?)。

まあそれでも私のスペースは無く、今ブログはリビングで書いてます。私の後ろでみんなテレビ見たり何か食べたりしてます。
ずっとそれに関して考えたことなんて全くなかったのですが、最近は占いの本や資料を置くところもないからなんとかしたいとか、スカイプやりたいと思っても全然そんな環境じゃないとか思う。スカイプでカメラも付けたら散らかっている部屋にパンツ一丁の息子が映るよこれ。

息子たちの部屋は今次男一人しかいないし広いけど私が居候していいと言うとは思えないし、娘は「ここは小夏の部屋だから一人で寝たい」と常々言っているし、夫が寝ている部屋は面積的にいろいろ厳しい。
娘なんて「ママは台所にいるのがいい」 何て言ったりする・・・


と言う話をしたら「家族が仲良く暮らせる間取り」という話を教えてもらいました。 私は知りませんでしたがネットで炎上していたらしいので知っている方も多いかもしれません。まとめ記事のひとつですがコチラ→ 

大学生が「家族が仲良く暮らせる間取り」と言うものを考えた時、お母さんの部屋は敢えて作らずにお母さんはリビングで寝る時も過ごしてもらう、というもので、「まあ、そりゃ炎上を呼ぶよね」って感じです。
この間取りを考えたのが男子学生なのか女子学生なのかがちょっとわからなかったのですが、私は「ある意味大変子供らしいな」と思いました。 小学生くらいの子供ですね。ある程度の年までお母さんは子供の世界のすべてなのでこういう案は考えそうです。
実際に子供が小さいうちはヘビ女のように お母さんの後を追ってくるのでお母さんの部屋はあってなきが如し。


子供がいる家庭の最盛期というのは子供が小学校中学年くらいまでじゃないでしょうか。 いつも家族一緒で一体感があるけれど、そこから先は子供たちは子供たちの世界ができてどんどんばらけていく衰退期になる。
ただ衰退期って仲が悪いわけじゃないと思うんですけどね・・・

色々突っ込みたいところはあるんですけど、
まず「家族が仲良く」じゃなくてもいいんじゃね?! 
 って言うのは思いました。
それよりも「家族が仲が悪くても平和に暮らせる間取り(笑)」とか。そっちのほうが必要じゃないか・・・

(この話を甘夏さんにしたら、その学生って蠍座冥王星世代じゃない?っていう話になりました。絆を血?でむりやり作ろうとしているというか・・・。多分ビンゴですね)

まあそれは置いといて私は私のスペースが欲しいぞ!って今は思います。
今まではそんなものがなくても全然苦じゃなかったのです。少し前にアカシックレコードを読んでもらったことがあるんですけど「家にあんこさんが安らげる場所が全然無いみたいに見えます」と言われても「えっ?そう??」と思ったくらいの私だったのに最近妙に家とか居場所に目が向くのであります。
今度のソーラーリターンはICに金星合、月は4ハウス。先取りかしらん。スカイプができるくらいのスペースづくりに燃えようかな。
   

↑このページのトップヘ