~お家と占い行ったり来たり~ あんこの占い*虹架けるLOG

     東京&湘南で活動中の占い師夏瀬杏子のブログ  算命学・易・タロット     

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ Information *・゜゚・*:.。..。.:*・゜

ウラナイ・トナカイ(東京メトロ丸の内線 南阿佐ヶ谷駅から徒歩1分)毎週火曜日
11月21日11:00~12:00(12:00~13:00予約済)13:00~16:30
11月28日(11:00~12:30予約済)12:30~16:30
12月5日11:00~16:30

こはぜ珈琲店での鑑定(下北沢駅 北口から徒歩5分) 毎週金曜日
11月17日(金)11:30~15:00(都合により1h繰り上げます)
11月24日(金)12:30~16:00

カフェ鑑定(ご希望の前日までにご連絡ください)
11月22日(水)17:30~19:30 大船駅近辺

スカイプ鑑定(ご希望の前日までにご連絡ください)毎週金曜日&日曜日
11月19日(日)①22:00~
11月24日(金)①9:30~ ②22:00~

2DAYS算命学基礎講座
12月7日(木)8日(金)東京駅そば 11:00~16:00
http://annco.blog.jp/archives/1068587238.html (満席・ありがとうございます)

陽占の読み方講座
12月14日(木)トナカイノニカイ 11:00~13:00
http://annco.blog.jp/archives/1068616247.html(残席5 11/15)

2016年03月

今日は次男の卒業式でした。暖かい陽気でよかったです。
   image
結局次男の受験は色々ありましたが来年に再チャレンジ!ということになりました。

母親からすると今までの努力を思うと残念・・・の一言なのですが、夫は「俺は全く残念なんて思ってないよ」といいます。もちろん多少の誇張はありますけど「ああ、そうだろうな」と思います。父親と母親の役割の違いを実感します。
どんなに努力してもそれを形にできなければ実力じゃない、という趣旨のことをたまに夫は言うのですが、中心星を含め司禄星が2つと禄存星が1つ持つ人らしい。ハードアスペクトの人。

そして本人もすぐに(・・・というかもう準備していましたが)次を見据えてます。玉堂星が横一列に3つ+牽牛星を持つ彼には環境が本当に大事。自分が納得できる、入って心から誇れる学校がいいよね。
そして天庫星2つあってマジ頑固・・・
いやそこが君のいいところ。ちょっと条件が悪いからって進路を翻すなんてありえないのですね。

たまたま息子たちは同じ高校に通ったので通算5年私も行き来しました。
ここに引っ越したのは震災直後ですぐ長男は高校入学。入学式は地震の影響で中止になりました。 
空を仰ぎ見て流れる雲のように年月は過ぎていくものですね。 そして物事は雲と同じように同じ形には二度とならない。

1年なんてあっという間に過ぎるのだろうな。今年だってもう3月だし。そのうち年賀状とか言ってるかも。
でも18歳の1年と47歳の1年って違うよね!!(笑) それだけ若い時は1年が大切なものなのかもしれないな。
 

次の十二大従星ワークショップは4月に「天禄星」と「天馳星」を開催します。
   IMG_1520
「十二大従星ワークショップ~天禄星&天馳星~」

      ◎日時 : 2016年4月10日(日)   10:00~12;00
      ◎ファシリテイター : 夏瀬杏子
      ◎場所 : トナカイノニカイ(南阿佐ヶ谷ウラナイトナカイ2F)
      ◎受講料 : 2000円
      ◎定員 : 6名(残席1 4/9)

お申込み、問い合わせはこちらのフォームからどうぞ→

。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○

基本的な十二大従星の説明は前回のこちらへどうぞ→   

今回は天禄星と天馳星。天禄星は人の人生に例えると中年期、人生経験を経て落ち着きのある働き盛りの時代を指します。動物占いだと「ライオン」です。
着実さと冷静さを両方あわせ持つバランスのとれた星です。

天馳星は人の人生に例えると死んで「あの世」の星。動物占いだと「ペガサス」。
形はないけれど見えない世界で、「馳せる」の名のごとく飛び回る感じです。クルクルと動いていくスピーディーで多忙な星です。 

現実の世界、精神の世界の違いはあれどかなりのエネルギーを出せる2つの星。
様々な例を挙げて説明していきます。どういうふうにすればその星をうまく使いこなしていけるのか、色々皆さんでおしゃべりしながら体感!していきましょう。

天禄星を持っている方、天馳星を持っている方、 両方持っている方の参加をお待ちしております。
もちろん持っていない方の参加も大歓迎です。
どうぞよろしくお願いします。

↑このページのトップヘ