あんこの地球滞在記

占い師夏瀬杏子がウチュウジン的目線から日々の生活を綴ってます

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ Information *・゜゚・*:.。..。.:*・゜

ウラナイ・トナカイ(毎週火曜日)
5月30日11:00~16:30
6月6日11:00~16:30
6月13日11:00~16:30
6月20日11:00~16:30

カフェ鑑定(ご希望の前日までにご連絡ください)
6月1日(木)12:00~15:00 新宿駅近辺
6月3日(土)12:00~15:00 新宿駅近辺
6月8日(木)14:15~16:30 南阿佐ヶ谷駅または新宿駅近辺
6月10日(土)12:00~13:00 16:00~17:00 南阿佐ヶ谷駅近辺


スカイプ鑑定(ご希望の前日までご都合のいい日時をお知らせください)
5月26日(金)①10:00~ ②14:00~ ③22:00~
6月2日(金)①10:00~ ②14:00~ ③22:00~

「六十干支講座」
2017年6月10日 6月17日(土)13:30~15:30
http://annco.blog.jp/archives/1065857693.html (残席3 5/26)

「十大主星講座」
2017年6月22日 7月6日 7月20日(木)11:00~13;00
http://annco.blog.jp/archives/1066125965.html

2014年11月

もう数日が経ってしまいましたが、中野トナカイで行われた「十大主星徹底研究~貫索・石門の巻」に参加してきました。

貫索、石門を中心でお持ちの方々のお話はめちゃくちゃ算命学的に勉強になるぅ~~(≧∇≦)
何をするにも自分軸がぶれないというか、「自分はこれをする」と決めたらいくら面倒なことが付随してきてもやりとげるのが喜び、というかそれが普通。
一番心に残ったフレーズは「他人と比較したりしない」です。つい人って他人と比べて落ち込んだりする時があると思ってましたが…うちはうち、よそはよそ。これは子供におもちゃをねだられた時に返すだけの言葉じゃないんですね!
こんな貫索石門星人さんたちには占いは確かにあまり必要ないかもしれませんね(^^)b

実は私も貫索星を持っています。
自分でわかりにくい北にある上に、私の主成分である鳳閣星には相生でひっかかりがない感じ。
貫索石門の方たちの話を聞いて、自分の中にその性質がない訳ではないのだろうけど、やっぱり中心の星がカメラのファインダーのようにそれを通して自分が出ているんだということを実感。
いいですか皆さん!中心の星がやっぱり、やっぱり大事なんですよ~~📢

・・・って今頃当たり前のことに深く感動した私です。

今回は生月中殺の方のお話を伺うこともできて、それ以来生月中殺のことをあれこれ考えています。
その話はまた次回に・・・♥

土日は久しぶりに長男のところに家族全員で泊りで遊びに行きました。
大学の学園祭を見に行ったのですが、本人はテニス部の模擬店でずっとたこ焼きを揚げていました。
夜食事しながら長男と話しましたが、勉強に部活にバイトにと充実しているようで何より。大学生楽しそうだな~~
もう少しすると彼のMCに土星が乗ります。今色々体験してほしいです。

夜はさすがに全員泊まれないので次男だけ長男のところにおいて、私と夫と小夏だけ近くのホテルに泊まりました。
やっぱり旅行はいいなあ~~~って思いますわね。
でも私はあまり遠くへ出かけたことはないですね。海外は去年生まれて初めて行ったくらいだし。
この前ふと「ああ、私のことを全く知らない土地に行ってみたいなあ」なんてロマンチックなこと考えたんですけど、よく考えたら今住んでいるところだって私のことを知っている人ってそんなに居ないんだっけと気づきました(爆)
第一引っ越すたびにそうなのに何考えたんだ私。

旅行なんて行かなくても普段が旅行みたいなもんかも。
あちこち転がる石の様に生きて全く苔むさないけど、これはこれでいいじゃないかとようやく思える今日この頃です。

今土星は私のアセンダントをようやく越えて進んでいってますが、ぐるーーっと遡って前回アセンダントに乗っかっていた頃の話。


私がまだ高校生のころでしたが、当時私の家は色々あってお金に困っていてかなり危機的状況でした。
とはいえ、まだ子供だったのでそんなに私は大変ではありませんでした(大人達は相当大変だったようですが) 「学校にも行けるし、お金が無ければ無いなりに生きていけるものだなあ~」と思ってましたね。ただこれは鳳閣星人の私から見た風景で、司緑星人の妹から見えた風景は違ったかもしれません。聞いたことはないけど。


生活は母が支えていました(ちなみに父はあまり役に立たず)。
朝から夕方まで工場で働き、夕方から夜中までスーパーのレジ打ちをしていました。
そんな高い給料ではないのに、母のすごい所は貯めるのが上手なところでした。お陰で姉妹二人無事学校に行けました。

母は中心と南が禄存で東が貫索です。社会から自分が剋される形で禄存星が才能になります。
(この形は前にも書いたうちの夫とよく似ています。私は母のような人と結婚したってことか…)

更に母は持っている星が全て現実星。現実に強いしっかり者です。
まずお金を貯めるには沢山働く。時間を増やす。そして得たお金でなるべく使わない。物は形有る限り使う。だけど何か必要な時は大きいお金でもポン★と出す(この辺りが禄存的?)
ぶっちゃけ計算高いようなところもある。

土星一回り昔の話なので、アフィリエイトなど色々なシステムがある現在と話は違うかもしれませんが、やっぱ基本はこれでしょ?って思います。
今その頃の母と同年代になって、今更ながらに母は凄かったと思います。お金は欲しいと思っても「体がもたないし…」とか「好きなものやことにお金や時間を使いたい」って思いますもの。現実に強い母に比べどうもお金に弱いというかダメな私…


しかし春に起こった財布内グランドクロスの影響が強く、「もうこれは崖っぷち!」と実感。これからの教育費を考えると…なるようになるさではやっていけない(-""-;)

収入を増やす(時間を増やす)のは難しいので、支出を減らす。
頑張ってるつもりなんだけど、なかなか…なかなか…
母は「物は形が有る限り使う!」と私のお下がりのバッグが壊れてもガムテープで補修して使うレベルで、それはやめて~(涙)と思ってますが、見習わないといかん…

↑このページのトップヘ