昨日は天海玉紀先生の「五要素ライフサイクル」の講座に参加しました。
たまき先生が既にレポをアップなさっています→
内容は、ある意味鑑定で脳内でナチュラルにやっていることなのですが、それを「言語化」したり「図形化」してあるのです。そこが超絶すごいです。やっているからこそわかる。私にはできない。大変勉強になりました。

レポを書きたいところですが私もやっているからこそまた何書いていいかわからん(笑)
なにでちょっとそこから派生して思ったことを書きます。
  Fotor_153468174706087
我が家には「鳳閣星中心」が3人います。
私と長男、娘の3人です。「みんな鳳閣星なんだから似ているんじゃないの~?」と言われそうですが確かに似た傾向があり同族嫌悪を感じることすらある(笑)ただ日干がみんな違います。鳳閣なので楽しむことや表現することをしたがりますが方法が違ってくる。

娘は日干「丁(丁未)」です。
丁が意味するのは「孤明」。小さなほのかな明かりでピンポイントに照らします。鋭い感性と集中力を持って深く楽しむ感じです。
「丁未」はもとから芸術家っぽい干支ですが、娘は今絵を描いたり色を塗ったり歌を歌ったりをもうどこまでもどこまでも追及してます。この人を見ていると「今を生きるしかしてない・・・」と本気で思います。やらなきゃいけないこともやってくれ(母の声)。
丁は波が激しいので、興味を持っていたこともある日突然変わります。将来の夢もどんどん変わる。


長男は日干「庚(庚申)」です。
庚の意味するのは「鋭剛」。チャレンジ的なことに喜びを感じます。
息子はテニスが好きでずっとやってます。バイトもテニス教室。サークル的なテニスは嫌だということでハードな部活系テニスに入ってガシガシやっているようです。「勝負」好き。
庚の人は基本的に「自分の腕を試したい」欲がすごくあると思います(自覚していないことも多い)。長男は高校に入る時は県外からの入学だったので推薦入学という形で入ったのですが、大学受験の時は「推薦入学は嫌だ。一般でちゃんと入りたい」と言って一人で勉強して合格しました。とても庚っぽい。


私は日干「戊(戊寅)」です。
戊は「不動」。自分は動かず来るものは拒まず去る者は追わず。
自分のことは一番わかりにくいかな(笑)でもやっぱり人を集めて何かするのは好きでした。学生時代の友達に声をかけて時間と場所を設定して会う、とかよくやってました。そういえば今度また似た様なことを計画しているんだっけ・・・やっぱり戊だ。


日干が何かで全然変わりますよ~~~!!
あなたの日干は何ですか?確認してみて下さいね。

* * *

うちの家族の男たちは全員日干が「庚」です。みんな「腕試ししたい人(笑)」。
が、今度は「中心星」がみんな違います。そうすると行動パターンが違ってきます。
またそれは今度。