昨日は横浜関内でのイベントでした。
始めましての方も、お久しぶりですの方も、ブログなどを見てお越しくださった皆様本当にありがとうございました。宣伝に協力してくださった皆様にもありがとうです。
春のイベントよりにぎやかだったかな?
   Fotor_153153482993555
たまたま立ち寄ってくれた方でタロットをご希望の方がいらっしゃっいました。
仕事を辞めたいけどどうしよう?ってお悩みでした。
タロットで見てみると、続けてもなんとかやっていくことは可能だろうけど、辞めたほうが結果的にはよさそうです。でも自分の中でこのことの折り合いをつけるのが難しそう。

悩んでるって言うわりにはもう辞めるって決めてるじゃん!って感じも満々に出ていたのですが、ご本人としては責任感というか自分が情けないというか許せないというか、そっちの問題なんですね。
(タロットだったけど「車騎牽牛系の人だな」と思いました・・・)

私も占いの勉強を始めたころは正社員で働いてましたが、そこを辞める時めちゃくちゃ悩み辞めた後もめちゃくちゃ引きずりました。店の責任者で立ち上げからやったのに最初に辞めたし、後に残る人が大変なのもわかっていたしで結構自分の中でグズグズしていました。半年は余裕でグズグズしてましたね。

今思うと、ある程度はちゃんとやることをやって辞めたんだから、もうそれで終わりでよかったな、と思います。私も車騎が多少効いているのでそうかもですが「勝手に責任を背負いがち」な所があります。でもお勤めならば、去った後の職場のことは「雇う方」の責任だからそれは勝手に背負ってはいけない。責任はきちんと切り分けて正しい範囲で背負うべき。

自分が辞めた後みんなが困るかも、っていうのは「自分がそういう影響力のある人でありたい」というのと同意語だったかもしれないです。うう・・・


能力などが折り合わない、というのは残念なことだけど、残念なだけの話です。
それ以上でもそれ以下でもない。
「こっちは行き止まりですよ」というお知らせみたいなものだから残念でもないのかも。
私も当時さんざ「私能力低い・・・」と落ち込んだけど、まあそれで辞めてから本格的に占いの勉強を始めたし今こうやって多少は仕事としてなりたっているのだから悪くない(占い師として本当に向いているかどうかは別として)。


・・・みたいな話をして「やめても全然問題ないですよ」と言いましたが多分性分なのできっとまたエンエン悩むのだろうと思います。きっとこのブログは読んでいないと思うけど、どうか割り切って「自分に合う」道を進んでいってくれるよう祈ってます。