6/2 6/3の「2days算命学基礎講座」はおかげさまで残席2となりました!!
といっても元から定員少なめの少人数スタイルの講座です。ある程度人数がいたほうが色々な考えを聞けてより興味が深まると思います。
ご興味のある方は引き続きご検討のほどよろしくお願いします。


明日は新宿でカフェ鑑定の予定が入っております。
いまご予約の入っている時間以降も店におりますので気軽に場所などお問い合わせください。
予約・お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!→★  ツイッターDM、リプライでもOK→
またはnatsuse33@@gmail.com(一つ@を抜いて)にお願いします
時間は13:00から可能で14:15から可能で15:30くらいまではいる予定です。タロット10分から気軽にどうぞ。
ここにおります 新宿 ベースポイントhttp://b-pt.jp/ お店のカウンターの裏辺り!
   Fotor_152664197978088
今日も明日もカフェ鑑定ですが、こんなにカフェを巡る生活になるとは思わなかった(笑)というのはよく思います。それまではたま~に寄る程度でしたから。

でも思い出して見ればお勤めの時も色々な店にあっちこっちに移動するような形態の時がうまくやれていたのでありました。宿命中殺持ちあるある。
それなのに「どっか一か所でがっつり正社員になって続けたい!」と思ってやってみたら上手くいかないのがデフォルトなのも宿命中殺持ちあるあるなのでしょうか・・・
(鑑定にいらしてくれた宿命中殺の方には私のリアルな失敗もお伝えできます・笑)

私が昔実際に経験したことですが鑑定で同類の皆さまからも良く聞く話です。

この前maru先生がツイッターで
「環境に馴染もうとしているのに、どうしても体内から特殊な成分がジュワジュワーッと滲み出てきてしまう」と書いてあって、ああ宿命中殺ってこんな感じなのかなと思いました。素晴らしい表現。
私は勤めのころはきっと特殊成分をモクモクと火事の如く醸し出していたに違いないと思う。


「良くも悪くも」枠からはみ出てしまう宿命中殺。
ブログや鑑定ではなるべくいい方へのはみ出方を説明します。持っているものはよりよく使った方がいいからね。
でもやはり「悪く」はみ出る、というケースも散見します。私も思い返せば特に若い頃は「今思えばもう少しなんとかできたはず」というケースを幾つも思い出せます。そして年を取ってそんなことがなくなってきたかと言えばそういうこともない・・・(若いときより多少の改善はあると信じたい!)
ただ「変わっている」「世間からずれている」ことは間違いないようです。そこはやはり気を付けないといけないのでしょう。

自分を良く見て、少しは上手に「枠を超える」ことができるようになりたいものです。
できたら現世の間に。