遅くなりましたが火曜日のトナカイは無事終了しました。
お天気が今一つの日でしたがわざわざお越しくださった皆様本当にありがとうございました。
   Fotor_152405966082418
お知らせが遅くなりましたが明日は藤沢の献血センターで10時~14時でボランティアで占いをしております。
お近くの方でご都合があいましたらお立ち寄りください。

ここでの占いは手相がメインです。手相は一般ピーポーにも人気がありますね。
まず理由としては
①質問がいらない(笑) それでいて盛り上がるのでエンターテイメント性が高い。
そしてもうひとつ。
②道具が不要 (一応見るときに手相をさす棒だけは持ってます)
基本的に占い師は荷物が多い。トナカイの先生方もみな基本的に行商のおばちゃん化する(ケイ先生を除く)。道具無しでいつでもどこでも可能な占術スバラシイ!


私の手はぼちゃぼちゃのえくぼが出る手です。(写真はちょっとわかりにくいですけど・・・)昔はもっとふっくらして手を広げると甲にきゅっとえくぼがくっきり出ました。今の方が肉が削げました。
   Fotor_152406118100355
子供のころは明治生まれの祖母に「手伝いとか全然しないからこんな手になる」とよく言われてそういうものなのかと思っていましたが、今でも「えくぼの手」ということは「手伝いしないから」というわけでもなく、年をとっても基本的な肉付きは変わらないのでしょう。

(余談ですが、今度トナカイのGWイベントでマヤ暦の講座をやる野中智世先生、彼女もぽちゃぽちゃえくぼ手の仲間です。ぽちゃぽちゃの域を越えて、まるで「ドラえもん」のような手をしてます・・・!!「なにこれ!触らせて」という程の福々しい手です。興味のある方はぜひGWのマヤ暦の講座に行くとよいよ!!)

うちの夫と次男は大きくてふっかふかの手をしています。軍手を膨らませたような手!!義母がそうなので遺伝でしょう。とっても安心感のある手です。
こんなふうに手のひらの線だけではなく、手の感じとかも手相を見るのには重要。大きくてがっちりしっかりした手は素朴でプリミティブな人柄を感じますし、色白ですんなり、指先がすっと伸びた手(白魚のような手ですね)は繊細且つ華やかな印象をうけます。


手のひらの線はもちろんメインに見ますけど、手相は人によってバリエーションが多すぎるので勉強したての頃はわからないことも多かったです。
私は手相は芳華美々子先生に習いましたが、「手のひらのどこに線が向かっているかが大事」と習ってよくわかるようになりました。手相は手のひらのふくらみに対応して「月丘」とか「金星丘」とか名前が付いていますが、そのふくらみの意味を知って線と結びつけていくと混乱が減りました。
もちろんその丘の張りやふくらみも重要ですよ~~

GWイベントで美々子先生の手相WSもあるので手相を知りたい人は試し受けてみるといいと思います。「手の内を見せる」などと言いますが、手相ちょっとわかると人物ウオッチングが楽しくなる(笑)
詳しい人からちょっとコツというかポイントを聞くとぐっと良く分かりますよ。