土曜日は「宿命中殺講座」→でした。
宿命中殺をお持ちの方もお持ちでない方もお集まりいただき本当にありがとうございました!
告知の記事の中にまつい先生の紹介文を貼りつけました。もうこれでパーフェクトなくらいの説明ですが補うべくせっせと宿命中殺の出し方や性質、対応方法などを説明しました。


宿命中殺の人(特に生月中殺を持つ人)はどんな環境で生きていくか、ってことがまず大事なんだよな~って思います。
「自分がちょっと普通に馴染めないのは薄々(または大分)わかっている。でも普通の中に入りたいんです!!」
という話が出ました。わかる。悶えるほどわかる。人は持ってないものほど欲しいのだ。

白い羊の群れの中に黒い羊が1匹混じっていると目立つ。外敵にも狙われやすい。
黒い羊が多い群れに行ったほうが生きやすいです。
「私の回りは多分似たような感じの人が多いみたいで全然大変じゃない」という方もいらっしゃっいました。年齢を重ねていくとお付き合いがある人は馴染む人が自然と残っていくということもあると思います。ナイスです。
ただ現実は白い羊の群れの中に混じらなければいけないことも多いと思います。そういうときの裏テクニック(?)みたいなものも講座ではお伝えしたつもりです。何かの際にはぜひご利用ください。
   image
まあ自分に合わない場所からはどんどん弾かれます。
(白い羊に頭突きをくらうイメージ?笑)
弾かれたら「ラッキー♪」と流されていくといいのだと思います。極意!