4月にトナカイノニカイで全3回の「十二大従星講座」を開催します
   image
「算命学 十二大従星講座(全3回)」

 ◎日時 1回目:4月1日(土)11:00~13:00
     2回目:4月8日(土)11:00~13:00
     3回目:4月22日(土) 11:00~13:00
 ◎場所: トナカイノニカイ(南阿佐ヶ谷ウラナイ・トナカイ2F)
 ◎受講料: 全3回で10000円(初回にいただきます)
 ◎定員: 8名 (満席になりました 3/17)

問い合わせ、お申し込みはこちらへ→

もし出席できない回があるときは補講が可能です。火曜日の私のウラナイ・トナカイ鑑定時間内なら+1000円で個人的にその回の内容を1時間で補講します(カフェ鑑定に記載している時間・場所でならそれでもOK)。どうぞご相談ください。

 * * *
十二大主星は陽占の9マスの3つの角にある星のことです。
全部で12種類あります。全部で3つ持てますが全部同じ星と言う人もいます。 
天報星(てんぽうせい)
天印星(てんいんせい)
天貴星(てんきせい)
天恍星(てんこうせい)

天南星(てんなんせい)
天禄星(てんろくせい)
天将星(てんしょうせい)

天堂星(てんどうせい)
天胡星(てんこせい)
天極星(てんきょくせい)
天庫星(てんこせい)
天馳星 (てんそうせい)
基本的に赤い字は身強青い字は身中ピンクは身弱と分かれます。
人の一生のサイクルになぞらえて変化していきます。

貫索星、禄存星などの十大主星は「ついやっちゃう」行動パターンであるのに対し、十二従星は「現実的な資質」を示します。
例えばこの前の記事に書いたように→ 「石門星+天将星」と「石門星+天極星」では同じ石門星中心でも活かし方が全然違ってきます。
これを学ぶことによりご自分が現実的に何かを形作りその手に掴むタイプなのか、学問やアイディアなど形のない世界で羽ばたくタイプなのか知るきっかけになりますし、どんなふうに自分の現実の環境をデザインしていくのかという指針になると思います。

多くの皆様のご参加をお待ちしております。お気軽にお越しください。