前回中心の星と東の星が比和(同じ、または五行が同じ)の場合を書きましたがその続き。
   画像 244
Twitterでたまき先生がこんなツイートを。 
東の星は社会、わかりやすくいうとお客さんですね。
そのお客さんに「ねえねえ、このやり方はこれが当然だよね?」みたいに言ってしまう(しかもタメ口) イメージ。それで全然おっけー!な業種もあるでしょうが、周囲が凍り付いてしまう業種が日本では多いでしょう。

「剋す」と言うとやっつけられて嫌なもの、みたいなイメージもあるかもしれませんが「気を使う」ということ。なので中心と東の星の関係では相剋の方が有利です。

中心の星が東の星に剋されていると、お客さんにいつも気を使ってヘコヘコしていますが本来はそれが妥当な姿なので社会運がよいとなります。
そりゃいつもやられているのがデフォルトなら打たれ強いであろうよ。

反対に中心が東を剋すタイプはお客さんに強気に出る(なのでダメ出しできる仕事が向いてます)。
相生の場合だと・・・スムーズに相手に与えたり与えられたりできるのはラッキーだけど、なかなか社会運は鍛えられないということになる。そこはざんねん。

パターンは5種類、人それぞれだけどそのパターンに沿った働き方や自分の弱点を考えると仕事が楽になると思います。比和の私だとタメ口こそききませんがお客さんと対等になれる職業でしょうか、うーん。それ考えるとやはり特殊技能を持っていてよかったかも。

こんなふうに陽占の星の関係でも色々読めます。2/25に「陽占の読み方講座」→を開催しますがまだ参加者さん大募集中!
ご興味のある方はぜひどうぞ。自分のことや周りの人のことの理解がぐっと深まると思います。
お申し込み、お問い合わせはこちら→★★