今日は朝早くから次男の予備校の三者面談でした。
強制ではなく希望制なんですけど予備校でも面談っていうのはあるんですね・・・このまえ全体の説明会のようなものがあったのですが用があって出られなかったので、さすがの私も希望しました。 

あー、でも行ってよかったです。予備校がどこにあるかも知らなかったので場所も分かったし(笑)、普段模試の結果とかさらっとしか見ないところを説明してもらえたし。弱い所をどう対処するかを向こうの先生が色々息子に指導してくれました。 そこはもう本人しか頑張れない。

まあでも次男さん、勉強を頑張っております。しかし今日の先生の話を聞くともっと時間をということで人間こんなに勉強しないといけないのかとダメ母は思った。
まあ一生のうちとことん必死に勉強する期間はあった方がいいと 私も思うことは思う。

算命学で子供の適性や合う環境を見ようと思ったらそりゃもうあちこち見るのですが、①中心の星と東の星は何か②身強なのか身弱なのか ③宿命中殺の有無、などを中心に私は見ます。

特別にうちの次男の陽占をどん!(中殺はないです)

 *** | 牽牛星 | 天庫星
_______________


 玉堂星 | 玉堂星 | 玉堂星
_______________


 天恍星 | 調舒星 | 天庫星 

う~~~ん、シャイでストイック、それでいてちょっと難しい奴です(笑) 

中心も東もおまけに西まで横一線玉堂星。玉堂星は勉強の星ですね。先生から受けた教えをストレートに受け止めて蓄積ができる才能の星です。そして天庫星が2つでとことんしぶとく物事を追及する。

星が偏っているし、ある程度本人も自分の向き不向きがわかっています。真面目だけど何でも時間がかかるタイプ。
実際に以前も書いたけど「勉強は嫌いじゃないよ」と言ってます。本人希望は理系。できたら研究系(あくまで希望)。 算命学でみても今の時点ではまあそれが良いだろうと私も思います。


玉堂星はコツコツは得意ですが不器用。ぱっと臨機応変に対応することが苦手です。 なじみのある場所重要、何でも受け止めるので何を受け止めるのかが重要ということで、意外と進路が一番難しい星ではないでしょうか。
本人にとって良い先生のいる、整った環境の学校に行かせたいところです。

まあそういうこともあってもう1年がんばりましょうということになりました。
何とか1年で形を付けてほしい。司禄星中心で禄存司禄あわせて3つの夫の名言は「結果の出ない努力は努力ではない」です(いかにも!)。ぜひこの言葉を胸に頑張ってほしい。

大きくなった今ではわりとわかりやすい適性なのですが、小さい時は全然違う感じだったので「ああすればよかった」みたいな後悔はあります。
小さい頃は全然勉強ができなかったし(知能の発達が小さい頃は遅れ気味だった)、全然勉強メインの感じがしなかったのです。今思えば玉堂の習得本能はバケツに一滴ずつ水をためるような感じでわかりにくかったのかも。もう少し早めに環境(塾など)を整えてあげればよかったです・・・
ちなみに次男は塾にすごく親和性がありますが、長男(鳳閣星中心、子丑天中殺)は一時は塾に行ったものの「俺には塾は要らない」と言って塾は辞めてしまいました。

算命学のいいところはどこを活かすかはっきりわかること。
次男は星が偏っているけど、星が万遍なくある子供でも、どの要素を仕事に活かせばいいかハッキリ出ること。
好きなこと、得意なことがそのまま仕事になるわけではないですしねー
   image
今日は数か月遅れで次男の誕生日ケーキを買いました。
今年は受験でそれどころじゃなかったけど、思い出したときに「今年俺のケーキなかった・・・」という次男は8ハウス蠍座の月。遺恨を残さぬよう横浜のキルフェボンで買いました。
久しぶりに食べた。おいし~~♥