一昨日昨日と仕事をしていて思ったのですが、なんだか世の中(っていうと大げさですけど)のムードがわさわさして落ち着かないな~と思いました。
体調をちょっと崩している人、イライラしている人が多い感じ。

それには根拠はなく単に私が感じていたことなんですが、昨日から蠍座の火星が順行なのですね。関連は多少はあるのでありましょうか。
   image
そして昨日私は朝からお客さん(おじさん)に「遅い!!」と怒鳴られていました。
怒られるのは割とよくあることで、おまけにその人はよく怒っている人なのでひたすら「申し訳ありません」とやり過ごしていたのですが 、それを見ていたおばあさんが刺激されたのかその人もすごく怒りだして文句をいいだしたそうなのです。そういう空気みたいなものは感染するのですね。私も怒っていいと思うのか。

文句をつけたい人、と言うのが世の中にいっぱいいるというのを実感します。 

仕事中に「お客様窓口」というものについて話が出ました。
今「お客様窓口」と言うものは自社になく外注しているところが多いらしくビックリ。でもほとんどが「営業時間何時まで?」とか「日曜はやってるの?」みたいな問い合わせなのだそうでそれならいいのかと。

もっとびっくりしたのは「お客様窓口に雨の日にクレームが増える」という話。 
えっ、なんで?と思ったのですが、雨の日だと外に出られなくて暇だから「あの時あの店でちょっと気に入らないことがあったから電話しよう」となるらしい。ひえ~~ 

怒るというのはレジャーだな、と最初思ったけど違いますよね。
怒るってことは全然悪い事ではない。
怒る、という形にみせて自分のイライラをぶつける、それがレジャーか。

私は多分そんなに怒るタイプじゃないけど、それでも息子たちが小さい頃はあまりに腹が立って体が震えるようなこともあり、そういう時は理不尽に怒鳴り散らしたりちょっと叩いてしまったりしたこともあります。
やるとわかるけど、それには快感がある 。
(でもそのあと、こんなの怒るでも叱るでもなんでもない、ただ感情をぶつけただけじゃん、って自己嫌悪に陥るのですが・・・)

ただイライラをぶつけるのはアレだけど、どこかでちょっと気に入らないことがあったらそれでくるんで怒るのは正当な理由がついていいのかな、と想像します。そしてスッキリする。間違いなくそういう人はいるな、と思う。
同じシチュエーションでもみんながみんな怒らない。怒る人は自分で「怒る」ってことを選択しているように見えます。