火曜日はウラナイ・トナカイでした。お会いできた皆さまに感謝!
   image
朝お店に行く途中、よくお会いするお客様のことを「どうしているかな・・・」とふと思いだしたら本当にその方が来てくださったり、1か月以上 うちの母の声を聞いてないな、電話してみようかな・・・と思っていたら母から留守電が入っていたり。
一つ一つはよくある話だけど、そういうのがいくつも重なった不思議な日でした。 

お空では柔軟宮のグランドクロスが形成される今日この頃。

生まれた赤ちゃんの写真を毎日1枚ずつ撮っていくと、今日の写真と明日の写真は見比べても全く変わらない。
でも生まれた日と1年後の写真を比べると全く違う。

大人になると多少の老化はあるけど(笑)こんなに自分が変わっていくことってほとんどないし、仕事をしていると毎日同じ生活の繰り返しで、子供の成長に「これと同じだけの時間が私にも流れたのか?」とショックを受ける時もしばしば。

でもですね、なんやかんや言っても人はずっと変わっていくものなのだな~と思う今日この頃。
グランドクロスができる時はあの90度の角でゴリゴリやられて削られて変わっていくのかもしれませんね。
アユミさんのブログを読んで→「そうだ、必然か」と強く納得。アユミさんが書くと私と違って説得力大(笑)

息子たちが子供のころ、夫の実家から大量のカブトムシの幼虫をもらって、マンションの部屋で巨大衣装ケース(!)の中で育てるという苦行がありました。沢山の白いムニムニした幼虫は土の中で大きくなって、時期が来たら孵化してカブトムシになる。
羽化とか孵化とか本人(本虫?)にとってはやはりしんどいのだろうな~~と見ていて勝手に想像したりするのですが「成虫になっても意外と大変そうだからやめとくわ」と幼虫のままでずっと過ごすことは不可能。

ある意味、人間は選択すれば幼虫のまま這いずり回っていられるのかもそれません。想像すると気持ち悪いですが・・・

が、必然が私たちの背中にひびを入れてくれる時は、しんどいけど羽化なり孵化なりできるチャンスなのかもしれないな~と思うのでした。