今日は次男の卒業式でした。暖かい陽気でよかったです。
   image
結局次男の受験は色々ありましたが来年に再チャレンジ!ということになりました。

母親からすると今までの努力を思うと残念・・・の一言なのですが、夫は「俺は全く残念なんて思ってないよ」といいます。もちろん多少の誇張はありますけど「ああ、そうだろうな」と思います。父親と母親の役割の違いを実感します。
どんなに努力してもそれを形にできなければ実力じゃない、という趣旨のことをたまに夫は言うのですが、中心星を含め司禄星が2つと禄存星が1つ持つ人らしい。ハードアスペクトの人。

そして本人もすぐに(・・・というかもう準備していましたが)次を見据えてます。玉堂星が横一列に3つ+牽牛星を持つ彼には環境が本当に大事。自分が納得できる、入って心から誇れる学校がいいよね。
そして天庫星2つあってマジ頑固・・・
いやそこが君のいいところ。ちょっと条件が悪いからって進路を翻すなんてありえないのですね。

たまたま息子たちは同じ高校に通ったので通算5年私も行き来しました。
ここに引っ越したのは震災直後ですぐ長男は高校入学。入学式は地震の影響で中止になりました。 
空を仰ぎ見て流れる雲のように年月は過ぎていくものですね。 そして物事は雲と同じように同じ形には二度とならない。

1年なんてあっという間に過ぎるのだろうな。今年だってもう3月だし。そのうち年賀状とか言ってるかも。
でも18歳の1年と47歳の1年って違うよね!!(笑) それだけ若い時は1年が大切なものなのかもしれないな。