今日は方位取りにいいよ、ということでフラフラ~~と出掛けて参りました、北へ。

珍しく温泉に入ってみたりしてなかなか有意義に過ごせた気がします。私は熱いお湯が苦手で普段はナントカの行水みたいな感じなのですが、行ったところはぬるめの温泉でゆっくりつかれてえがった~( 〃▽〃)

まずはお知らせ。年運鑑定@2016は9日がラストになります。算命学でみる2016年+タロットでみる2016年。
簡単な鑑定シートをお付けします。
申し込みは前日までによろしくどうぞ~。
   IMG_1515
 この前天南星だったから今日は天庫星の話。

天庫星は人の人生サイクルに例えるとお墓に入る段階、と言われます。古い生命を終わらせて次の新しい生命サイクルに移行する時期。

実際この星を持っていると家族の中で「墓守」の役目になる、と言われます。いまは子供の数が減って1人~2人が多いのでそんなのどうかとも思いますが、昔のように兄弟姉妹が多いと特徴がハッキリ出たのだろうなと想像したりします。
うちの母親は女4人姉妹の次女(三女は十代で病気で亡くなった)。晩年期に天庫星を持っています。
丙午日のうまれの2天将の長女は嫁に行き、実家は四女が婿養子をとって継いだのですが、色々トラブルだらけでお墓の面倒(?)を見ているのはうちの離婚して出戻りの私の母親です。それを見ていると「意外とあなどれん・・・」と思います。

玉堂星×3の息子も天庫星を持っていますが、見ていると天庫星は真面目で粘り強いですよね。だから長い間続く墓参りや年忌を執り行うことができるのかも・・・
上記のセオリーでいくとうちのお墓は次男が見てくれるということですね。まあ長男はどこか行ったまま帰って来ない気がする(なんたって射手座に6天体)。

「天南星はヒマワリ」と書いたけどじゃあ天庫星は?と言ったらタンポポかな?と思いました。可愛いけど派手さはない。でも強い!
白い綿毛のタンポポも次のサイクルに向かう天庫星のイメージ。

何か目標や仕事を成し遂げようと思ったときの天庫星の集中力と持続力は素晴らしいものを持っていると思います。
もう1週間後ですが2月14日午前中の「天南星&天庫星」のWSではどんなふうに生かしていけば良さが発揮されやすいかを説明していきます。まだまだ席はありますので興味のある方は是非お問い合わせくださいね→

お待ちしております!!