クリスマスも終わってあといくつ寝るとお正月なんですね~
しかし日々平常心の私です。
    image
昨日はリマーナすず先生のご自宅に伺って、この前の鑑定会→の特典の「太陽回帰×月回帰で見る1年間のイベント」のカレンダーの作り方を教わってきました。

すず先生の鑑定はご自宅の一室で。ダブルモニターでサクサクやってくれます。 そして猫が何匹かいて入れ代わり立ち代わりやってきたりする。黒猫があいさつにきたので写真を撮ったのにみたらブレブレで残念。
    image

さて、カレンダーは下準備が肝心。
まずは太陽回帰。私は9月生まれなので2015年のものと2016年のものを出す(プリントアウトしました)。
さらに月回帰は28日に一度生まれた時の月が同じ度数に来るので1年に13回。全部で13枚出す。
さらに火星回帰、木星回帰、土星回帰の参考に出していました。
そして忘れちゃいけない、ネイタルもね♪(当たり前か)

メインは太陽回帰。「今年1年しか生きられない!」くらいの勢いで。
月回帰もそれぞれ単独でよんで、更に太陽回帰と重ねて、もちろんネイタルも・・・と足していきます。
多くなると「うぎゃーっ」となりますが慣れてくるとだんだん特徴を拾えるようになる気がします。

繰り返していると何度も同じようなフレーズが出てきて「これがこの年のテーマなのか」というのがわかって面白いです。
「稼ぐ」「伝える、コミュニケーション」あとは「楽しく派手に表現」とか。
注意も繰り返されます。「健康注意(これは特に)」「家庭不和」とか。どうも前のめりでバランスを欠く感じです。

私は水瓶座の月ですがどうも身体感覚みたいなものが鈍いです。海王星もアスペクトしているし・・・肩こりなんかもバッキバキのカッチカチになるまでこってるなと認識しないです。ここまで東洋でも西洋でも健康、健康と繰り返されるとヤバい気がします。

火星回帰や土星回帰も加味するのも面白いです。
土星回帰は1998年4月。次男が生まれたころでもうだいぶ前なのですが、土星回帰のチャートは約30年有効なんですね。これと太陽回帰を合わせてこの年の義務みたいに読むようです。
(余談ですがこの土星回帰の日付を見て思い出しましたが、この月私は尿管結石で痛みで転げまわって入院して超音波破砕術を受けました。多分産後の疲労とおっぱいばかりあげての水分不足が原因です。土星回帰をこんなことに使っていたとはすっかり忘れていました・・・)

やり方は教わったのであとはちまちま細かく見て色々予想して行こうかと思います。
手帳などに書いておいてチャンスな感じなら敢えて乗るのもいいし、注意の時は転ばぬ先の杖にするがいいですね。


本当はこの日に自分で作ってみて、トナカイでまたすず先生の講座ができるか考えてみようと思っていたのですが、思ったより手間と時間がかかることが判明。しかしマニアックな楽しみもてんこ盛りです。
これは興味がある方はご自宅で教わった方がいいかもしれません。そのうち少人数での講座もあるかも??