昨日で約1年続いた仕事が終わりました。
最初は2か月で・・・という話だったのでかなり長くいたことになります。
皆さんが別れを惜しんでくださって本当にありがたかったです。さすがにちょこっとさみしい。
袖振り合うも多生の縁。
でも何かを終わらせるってことが私にとっては快感を感じるのだということも自分でわかります。

私の命式には対冲が2つあります。
(年支と日支、月支と日支)
対冲はオポジション。衝突して壊れる性質があります。そのまま読むと何か始めると壊れるとか、結果がまとまらないとか、一見よくない感じ。皿とか茶碗とか作る芸術家が完成品を見て「こんなのはダメだ~!」パリーンと叩き割るのに似ている。

なかなか完成品にたどり着かない関係だけど、使いようによれば悪くないよ?ってこのごろ思います。
一度何かを始めたら数珠つなぎのように発展するの~♪なんてことは起きにくいのですが、色々な経験ができてこれはこれで楽しい。命式通りで満足感があるんですね。叩き割るのって快感!!
最初は大変だけど次に行くのです(ま、PC関係が一からの出発になるのは気が重いのですが)。

この前テレビで芸人の椿鬼奴さんが、
「芸人になってよかったことは、毎回違う現場にいけること」みたいなことを言ってて
「私と同じことを思っている人がいる!!」とびっくりしました。
わたしは芸人になればよかったのかもしれない・・・