占いを勉強してきて、「自分にはどんな仕事が合っているのか、どういう風に働けばうまくいくのか」を考えていました。この年にして…という気もしますが、まあ永遠のテーマですよね。


まずは算命学で。
中心星は勿論ながら大事なのは東の星。ここを生かすことが現実的満足に繋がるのですね。私は中心星は鳳閣星ですが東の星も鳳閣星です。何かを広く伝える仕事、正しく伝える仕事。
そして南の星は精神的満足に繋がります。精神的なので稼げるかどうかは??なのですが私はここも鳳閣星です。

私の場合は「向いていること」イコール「やりたいこと」、おまけに本質もイコールということになります。
どんだけしゃべりたいんだ自分…(-""-;)


そして忘れてはいけない宿命中殺。
宿命中殺がある人は現実社会でうまくまとめることができにくいとのこと。反対に終わりのない世界、たとえば芸術、芸能の世界や精神世界などでは自分を生かしやすい。
まあ現実的にはなにか特殊な技能や資格などで働いたほうがやっていきやすい気がします。

あとは私の命式では月支と日支が冲になります(ついでに言うと年と日で納音もある・・・)
この冲について「最初はうまくいくけど終わりがまとまらない、切られる」と説明を受けた時「そうだったのか!」と膝を打ちました。
私の人生ってなにか物事を始めると途中でぶつっと切れてしまうことの繰り返しだと思っていたからです。自分で切りたくなることもあるけど、多くは外からぶった切られて新しくやり直すの繰り返し(転勤で引っ越しなんかはこのまんまですね)。
だから「途中で終わることがおりこみ済みの仕事にすればいい」と言われ更に目からウロコでした!
たとえばプロジェクトごとに終わる仕事、期間が決まっている仕事などですね。そういえば前回の仕事はオープニングスタッフで店を立ち上げて落ち着いてから辞めたなあ・・・


まとめると
「人に何かを伝えたり、説明したりする(できたら特殊な)仕事を期間限定のようなちょっと変わった形態で働く」かな?

さらに続く・・・