~お家と占い行ったり来たり~ あんこの占い*虹架けるLOG

     東京&湘南で活動中の占い師夏瀬杏子のブログ  算命学・易・タロット     

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ Information *・゜゚・*:.。..。.:*・゜

3月4日 トナカイノニカイでイベント!! 講座と個別鑑定会です
「まだ間に合う!山羊座土星期間で失敗しない為の安全必勝法!」
https://ameblo.jp/beat1985/entry-12350747208.html (ビット先生のブログ)

2月いっぱいまで年運鑑定@2018受付中!前日までにお申し込みください。
まついなつき先生によるレポはこちら
https://note.mu/matsunatsu/n/n79b3b2c100de

ウラナイ・トナカイ(東京メトロ丸の内線 南阿佐ヶ谷駅から徒歩1分)毎週火曜日
2月20日11:00~16:30
2月27日11:00~16:30
3月6日11:00~12:00(12:00~14:15予約済)14:15~16:30

こはぜ珈琲店での鑑定(下北沢駅 北口から徒歩5分) 毎週金曜日
2月23日はすみませんがお休みします
3月2日12:30~16:00
3月9日12:30~16:00

献血ボランティア占い
2月22日(木)10:00~14:00 藤沢クロスウェーブ

カフェ鑑定(ご希望の前日までにご連絡ください)
2月24日(土)14:00~18:00 横浜近辺の会議室

スカイプ鑑定(ご希望の前日までにご連絡ください)毎週金曜日&日曜日
2月18日(日)①22:00~
2月23日(金)①9:30~ ②22:00~
2月25日(日)①22:00~

先日、関西にいたころの長男の仲良しのお家からハガキがきました。
チラッと見たら喪中ハガキだったので「どなたか亡くなったのかしら?」と見ると、長男の友達のお母さん、つまりママ友が亡くなったと言う知らせでした。年賀状のやり取りをしていたので御主人が送ってくれたのでした。
51才でした。お子さんは20才と18才で大きくなったとはいえまだ相当心残りだったと思います。

隣のマンションの方でよく兄弟揃って遊びに行ってました。たまに私もお邪魔しておしゃべりしたりもしてました。小学校の創立記念日に当時出来て間もないUSJにも子供をつれて一緒に行きました。引っ越したあとも遊びに行った時は息子を泊めてくれてお祭りに連れていってくれました。
子供が大きくなり時間が取れずここ5~6年は行ってなかったけど今年も年賀状をくれて元気に過ごしているとばかり思ってました。

私は何度も引っ越したりしたし、もとから浮く人だし、3人目ともなるとスレてきて「ママ友なんてなくても平気」とも自信を持って言えますが、同じくらい「できたらそういう付き合いもあった方がいい」と言えます。
全く知り合いのいない関西で2人の小さい息子達と格闘していたとき、仲良くなった人がまだ赤ちゃんだった次男を抱っこして、「一時間くらい見ているから、夕飯の支度少ししてきてええよ」と言ってくれて、涙がちょちょぎれるほど嬉しかった。他にも本当に色々助けてもらいました。

色々な人がいるし、子供の友達のお母さんだからと無理に付き合う必要はこれっぽっちもないけど、食わず嫌いをしないで付き合ってみるといいと思う。
(今ママ友のこわい?情報ばかり知られてびくびくしている新米ママさんがいたりするので…)




もう一人親しかった友人Oさんに、何か詳しいことを知っているか久しぶりに連絡してみました。Oさんも最近は学校か違ったりして接点が無くなっていたので私の電話で知ってショックを受けていました。
Oさんは私と同じ年で東京出身、3人子供がいますがそのうちの2人がうちの息子達と同じ学年であったりして、本当によく世話になりました。当時専業主婦で幼稚園ママだった私や仲の良かった人達は、子供たちがお金がかかる盛りになりみんな必死に働いている。Oさんも介護の仕事で朝も晩も問わず働いているとのことでした。
なかなかみんな会えないけど、たまには会いに行きたい!!
あの世でも会えるのかもしれないけど、この世で話しておきたいこともやっぱりある。
ちょっとずつ積み立てて、来年受験が佳境に入る前に久しぶりに関西にいくぞと心に誓いました。
やるって言ったら私はいつもやるんです。
それならもう1年早く決心しておけばよかったとも思います。
亡き友にごめんね、本当にありがとうと心の中でメールを送信します。

前の日記で娘の金星に夫の木星がぴったり合と書きましたが、娘の火星には私の土星がぴったり合です。
いやな母ちゃんです、これは。口うるさくて抑圧的。娘の意欲を削ぐ母(-_-;)

以前見てもらったときも「なるべく口出ししない!」と言われました。色々気になっちゃうんですよね、どうしても(言い訳)………ハイ、気をつけますm(__)m

実は娘の火星と夫の火星はほぼぴったり合なので、夫の火星と私の土星もぴったり合です。
この組み合わせは、恋愛や結婚の相性ではワーストワンにノミネート級の程悪さです。

最初はいいらしい。「トロフィーワイフ」のごとく、女の方が高嶺の花で男の方が落とそうと躍起になる相性らしいです。
(現実にはそのような事実は起きておりません笑)

しかし火星はどうしても土星にはかなわない。男のプライドが傷ついたりとか、DVを引き起こしたりしやすい相性だそうです。
うまくやるには男の方が格が上、といった状態を保つ(例えば結婚なら男の方が家柄がいいとか、収入が上とか)といいと以前言われました。
上記の条件をたまたま?クリアしているのでなんとかやっていけているのでしょうか。

子供達と親のホロスコープを合わせて見てみると、夫と子供達のつながりが深いことに気がつきます。例えば夫のアセンダントには長男の太陽、水星、冥王星がピッタリ乗ります。MCも乗るのでアングル交換していることになります。
私のホロスコープにも「おっ?」と思うような符号も勿論いくつか有るのですが、どうも地味…というか少ない。

私は夫の子供をこの世に送るための媒体だったのだなと思ったりする…

私はわりと甘いダメなお母さんですが、夫は厳しいお父さんです。
男の子と女の子だとやっぱり違うのか、特に息子たちには厳しかった。特に言い方がキツいので小さいころは「そんな言い方しなくても…心に傷がつくのでは?」と思いました。しかし今となってはよかったと思います。世間に出ることを思えば打たれづよくしておかないといけないですね。
しかし娘にはどうよ。占星術で見たら娘の金星に夫の木星がぴったり合。これは甘いパパ♪ですよ~しょうがない。

子供を叱るときに気になったのは、夫の言葉でした。
息子たちが小さいころだったので、具体的な言葉は忘れてしまったのですが、「あ~あ、こんなになっちゃって、○○できなくなっても知らないよ」とか、「△△だと××になっちゃうかも知れないからな。あとになってもパパは助けてやらないぞ」みたいな感じで話すのが私にとっては違和感がありました。
私は「どうして皮肉っぽい言葉を使うのかしら。もっとストレートに言えば良いのに」って何度も思っていました。例えば片付けをなかなかしない時彼は「こんなところにオモチャが落ちてるぞ。これゴミだな」みたいに言うんです。私は「さあ二人でお片付けしよう!」ってそのまま言えばいいのにと散々思っていました。
(当時の職場でこの話をしたら、意外と夫のような言い方をする人が多くてびっくりしたもので…)


この頃は子供たちを叱ることも減りそのなとは忘れていましたが、つい最近次男が学校で物理の勉強をするべきかどうかを3人で話していたときに思い出しました。

内心次男は物理をとったほうがいいと思っている夫は「今やらなくても別にいいけど、大学入ってから苦労するけと知らないよ~♪」と言ってて、
あっ、これって中心星が出てるんだ、って算命学を知った今は思いました。

夫の中心星は司禄星で用心深いところがあるのでちょっと不安をあおるような言葉が自分だったら効くのです。
だからちょっと脅すような言葉や(笑)ひねった感じの言葉で子供に教えようとしていたのですね。
そして鳳閣星の自分はストレート…
私が子供で夫が親だったら反発していたかも(~_~;)
当たり前ですが人は自分に有効な方法を他人に使うのですね。

こういうのって勉強しなさい!っていうときに使えますね。
司禄星の子供には夫のようにちょっとだけ心配させると効くんだな~
反対に鳳閣星の子供にはきかないと思います。しかし何が効くかも難しい・・・基本的に放っておいてやっていただきたい(笑)調舒星の子供も同様な気がします。親泣かせだ~(T-T)
この前貫索、石門の講座の時にやっぱりちらっとこういう話がでたけど貫索石門だと「ほめて伸ばす」「決まりを作ってあとは任せる」とか言ってましたね。
こういうのをそれぞれ考えるっておもしろいです。

↑このページのトップヘ