~お家と占い行ったり来たり~ あんこの占い*虹架けるLOG

     東京&湘南で活動中の占い師夏瀬杏子のブログ  算命学・易・タロット     

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ Information *・゜゚・*:.。..。.:*・゜

ウラナイ・トナカイ(東京メトロ丸の内線 南阿佐ヶ谷駅から徒歩1分)毎週火曜日
12月19日11:00~16:30
12月26日11:00~16:30

こはぜ珈琲店での鑑定(下北沢駅 北口から徒歩5分) 毎週金曜日
12月15日 12:30~16:00
12月22日 12:30~16:00

カフェ鑑定(ご希望の前日までにご連絡ください)
coming soon

スカイプ鑑定(ご希望の前日までにご連絡ください)毎週金曜日&日曜日
12月22日(金)①9:30~ ②22:00~

たまにふっと思う変なことが色々あって。

若い頃からよく思ったことは
「私が見ているこの風景は、本当に他の人の目にも同じように映っているものなのかな??」ということ。
電車に乗って外を眺めると色々な建物が並んでいるけどこれは本当に事実なのだろうか。もしかしたら他の人は違う風に見えているのかもしれない。いや、それよりもっとこの見えているのは全て夢だったらどうしよう。物も人も想像上の産物だったりして…


夢かもしれないはともかく、昔、結構回りの人に「自分の見ているものがもしかしたら嘘で他の人は全く別なもの見ているかもって考えたことある?」と聞いてみたことがあります。
「何言ってるの??」という人も多かったけど、職場の事務さんのチカさんという3つ4つ年下の女性は「わかる~~!私も思うことある」と同意してくれて嬉しかったっけ。チカさんも結構変わり者でトラブルメーカーだった。急に辞めてみんな喜んだものでした(笑)今はどうしているのだろう…

自分の見える世界と他人の見える世界は全く違うかもしれない。そんなことは実際ないけれど、ある意味では正しい。

私はネイタルの水星と金星が天秤座、さらにプロクレスの太陽もずっと天秤座でもうかなり終わりの方に来てます。とどめに現在プロクレスの月も天秤座。天秤座修行期間です。

天秤座は「他者」が主要なテーマ。上記の話も天秤座的な話だと思います。
私は良くも悪くも「他人」が気になります。どうしてこういうふうになるんだろう?と純粋に観察することも好きですが逆に人の目が気になってしまうときもある。よく「見栄っ張り」というキーワードも出ますがこれも心当たりがあります。たとえば職場でだれかとうまくいかなくて疲れ果ててすごく辞めたくてもシンプルに「辞めたい」と言えなかったりとか。何か他にもっともらしい理由がないとダメな気がどうしてもしてて・・・まあでも辞めましたが(笑)その時は無意識でしたが今思うと「見栄」というか「他人の目が気になる」からですね。

まあここまでは前振りで。次に続くのでした~~

この前仕事帰りに車のテレビで「スマホの使い過ぎでドケルバン症という病気が今増えている」という特集をやっていました。
スマホや携帯電話を親指を使って操作ばかりしていると手首部分に炎症が起こり痛みや腫れが見られるとのこと。

見てて「あれ?」と思ったのは、「みんな親指で操作するの?」ってところ。
私、スマホ持っているけど片手で操作してない・・・左手でもって右手で操作してる。もちろんドケルバン症の兆候ゼロ。

帰って夕飯の時に次男にその話をすると
「それってかなり少数派だよ。俺の回りで両手でスマホやっている人なんて見たことないし」

ギャ~~~思わぬところで「孤島認定」キタ━━(゚д゚;)))━━!!

いいの。私もとから世界の中の孤島に住んでるんだから。
でも本当にみんな親指で操作しているんだろうか・・・私のように中年は片手じゃない人もいるんじゃないのか・・・次男がいうのは高校生だけの世界かもしれないし。
でもテレビでは60代の人がドケルバン症になってしまったと出演していたしな~~

でもこんな親指ばかり使っていたら人間どんどん進化して親指が大きくなっていくと思う。
そのうち生まれてくる子の親指だけが長くボタンを押しやすいような形になって、他の指は退化してったりして・・・
そんなことを妄想していた私でした。

最近手相にはまってます。
色々な手を見たい~~!が、だれかれ構わず見られる訳でもなく、数少ない身内、知り合いに見せてもらったりしてます。
次男なんて「ちょっと見せてよ」と頼んでも「嫌って言ったら嫌」と見せてもくれない。減るもんじゃなし…


この前実家に行ったとき、妹のダンナさんがいたので見せてもらいました。これが…

線が本当に3本しかない。

日に焼けた素朴な感じの手に生命線、知能線、感情線の3つしかない。運命線は無し。あ、結婚線は左右にビッビッと一本ずつくっきりと入っている。それ以外は全くつるつる。
余計なことは考えないシンプルな感じ。
手相のテキストのようなあまりのシンプルさでかえってビックリしました。


ダンナさんは仕事をしながらご両親のやっている農業もこなし、下草刈りなどの地元の仕事などもまじめにやる本当に実直といった感じの人。すごく地味な人で、お見合いで結婚した妹は最初「顔が地味で何度も会っているのに顔が覚えられない」と言ってたくらいなんだけど本当にいい人です。
まじめに農業をやって親の面倒を見て妻子供を大事にして・・・昔の日本人ってもとはみんなこんな手相だったんじゃ??って考えちゃいました。

鑑定するとなると読みどころが少なくてちょっと泣けるかも?

↑このページのトップヘ